コストゼロ&シェア時代の新しいマネタイズ戦略!ジェレミー・リフキンの【限界費用コストゼロ社会】から学ぶ

こんにちは、島倉です。

日本だけでなく、あらゆる先進国で
過剰生産やインフラ整備によって無駄になっているもの、
使われずに、空いているものが余っていますが、

最近では、スマホの普及によって
無駄になっているそれらを使って価値を生むという
ビジネスが流行していることをご存知ですか?

シェアリングエコノミーと呼ばれていて
ジェレミー・リフキンが、限界費用ゼロ社会という本のなかで
資本主義の終着点であると述べています。

まず、限界費用とう言葉が
わかりにくいかもしれませんね。

限界費用とは、経済学の用語で
生産にかかるコストだと思ってください。

つまり、限界費用ゼロというのは
生産にかかるコストがITの利用によって
ゼロになるという意味です。

わかりにくいので、事例で説明すると
もっともわかりやすいのが民泊ですね。

Airbnbというサービスがありますが、

例えば、子供が自立して余ってる部屋、
または資産形成のために購入したマンションの一室、
年に数回ほどしか使用していない別荘などを

手ごろな価格で貸し出すとサービスです。

Airbnbは、貸したい人と借りたい人を
マッチングするサービスだということです。

現在、日本は観光客が急増していますが、
宿泊施設が足りていない状況で、

さらに東京オリンピックが開催されることを考えると
不足している宿泊施設の受け皿として
民泊が期待されているわけです。

さて、ここで考えてみてください。

Airbnbは、宿泊施設を提供するのに
何か大きな投資をしたでしょうか。

何もしていませんよね!?

余っている部屋を借りたい人に紹介しただけで、
ビジネスが成立していますよね。

つまり、限界費用ゼロで収益をあげているわけです。

これがシェアリングエコノミーであり、
限界費用ゼロのビジネスだということです。

Akippa(アキッパ)というサービスもおもしろいですね。

これは、アプリを使って、空いている駐車スペースを
予約できるサービスなんですが、

駐車違反の取り締まりが厳しくなっている現状を受けて
個人だけでなく、配送業などの法人でも
利用が広がっている人気が集まっていますが、

Akippaも、空いている駐車スペースを
何のコストもかけることなく、マッチングだけをして
提供しているというまさにシェアリングビジネスです。

最近では、高級ブランドやタクシーの配車サービス、
ジュエリー、玩具、ベビー用品など、

あらゆる分野でシェアリングビジネスが普及してきています。

今後、使われていないもの、無駄になっているものから
価値を生み出すビジネスはますます拡がっていくでしょう。

ぜひ、あなたのビジネスにもこの概念を取り入れてみてください!

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. オウンドメディアやブログを運営していくときに、いかにアクセスを集めるかが大事ですね。検索結果…
  2. コップに水が半分入っている状態を見たときに、ある人は、「まだ半分も水が残っている」と考えます…
  3. 日々コンサルティングをしていると、いつも思うのですが、売れないと思ったらすぐに安売りしてしま…

PAGE TOP