まったく同じ時期に始めて、同じノウハウを学んだのに【成功する人】と【失敗する人】に分かれてしまう本当の理由

こんにちは、島倉です。

まったく同じ時期に始めて、同じノウハウを学んでいるのに
成功する人と失敗する人に分かれてしまいますよね。

同じ教材を買って、同じ時期に始めたのに、

めちゃくちゃ稼ぎまくっている人と、
教材を買う前とほとんど買わない状態の人とに分かれてしまう。

ビジネスに限った話ではなく、勉強でもそうで、

まったく同じ授業を受けているのに、
満点をとる人がいれば、落第点という人もいるわけです。

これって、よくよく考えると不思議じゃないですか!?

脳の構造が根本的に違う!?
IQの問題!?
遺伝子レベルで異なる!?

など、生物学的な違いが原因かもしれませんが
わたしはあまり関係がないかと思っています。

と言うのも、教えているクライアントや塾生を見ていても、

高卒や地方のFラン大学卒、
自称中学中退(義務教育で中退があるのか疑問ですが。。)が

偏差値の高い有名大学卒の人や大学院修了者に比べて
結果をあげているのを見ているので

学校のお勉強ができるできないは、あまり関係ないと考えています。

では、成功する人と失敗する人に分かれてしまう
決定的な原因はどこにあるのでしょうか?

ネガティブな感情が邪魔をしている

成功する人と失敗する人を見比べると、
決定的に違うのが、感情の問題。

失敗する人は、何かしようとするときに
間違いなくネガティブな感情を持っています。

例えば、

(1)失敗するんじゃないか?
(2)やるのが面倒くさい
(3)自分に自信を持てない
(4)自分にはできないと思ってしまう
(5)他人の目が気になる
(6)家族から反対されて気持ちが萎縮している
(7)お金をいただくのに抵抗を感じる

といったものです。

こういったネガティブで自己否定的な感情があると、

自己否定に入ってしまう
  ↓
自分のことばかり考えて、お客のことを考えなくなる
  ↓
価値を提供できなくなる
  ↓
行動しているのに結果がでない
  ↓
さらに自己否定してしまう

という完全な負のサイクルに突入してしまいます。

こうなってしまうと、行動しても絶対に結果はでません。

要は、ビジネスで成功するには、
お客に対して価値提供しなければいけません。

ネガティブな人は、自分の対面やプライドばかりを気にして
自分を守ることばかりに必死になるので、

お客のことを見なくなる。

つまり、お客の視点でものを考えなくなるので
価値を提供することができなくなって、
ビジネスが行き詰ってしまうんです。

だからこそ、そういった状態で、行動しても無駄です。

まずやるべきことは、ネガティブな感情を変えること。

例えば、このように考えてみてはいかがでしょうか?

(1)失敗するんじゃないか?

失敗することを極端に気にする人がいますが、
残念なことに、ビジネスで失敗は付き物です。

むしろ、失敗せずに、成功する人はひとりもいません。

ビジネスは、リスクから逃げようと思っても、かならずついてくるので、
リスクから逃げるのではなく、リスクをとりにいくのが正解。

失敗はない。あるのは成功か学習のみと考えて
失敗というリスクをとりにいくことで、成功を目指してください。

(2)やるのが面倒くさい

何となくダルい。作業量が多くてやる気が起きない。

という気持ちになったときは、少しでもいいので動いてみてください。

なぜ、そのような気持ちになるのかというと、
立ち止まって休むからです。

休んで、行動をとめたときに、アレコレと考えてしまうのが人間の癖。
そして、そういったときに考えたことは大抵ろくでもないことなので
立ち止まることなく、動くようにしてください。

(3)自分に自信を持てない

自信が持てないのは、過去の失敗や経験を引きずっているからです。

そして、過去の延長に現在がある、
現在の延長に未来があるという前提で考えているからですが

過去と現在、未来はまったく別物です。

過去に失敗したからといって、未来がダメになるということはありません。
まったくの無関係なので、まったく区別して考えてください。

未来はこれからつくるものなので、
過去がどうであろうと、明るい未来を作るんだという強い意志を持って
立ち向かうようにしましょう!

(4)自分にはできないと思ってしまう

実は、全員が自分にはできないと思いながら始めるんです。

でも、そのなかでできるようになる人は、
なんだかんだ言って続けた人です。

そこに能力は関係ありません。

何があっても諦めずに続けた人だけが勝つんです。

なので、最初は誰もができないんじゃないかと心配になりますが、
続けていると自然に自分でもできると自信が持てるようになり、
確信に変わっていくので、とにかくやり続けることを肝に銘じてください。

(5)他人の目が気になる

あなたの人生は、あなたが主人公。
他人のために、あなたの人生を生きてはいけません。

所詮、他人は他人。

仮に誰かがあなたに対して何かを言ってきても
責任をとってはくれません。

後悔しないためにも、あなたの人生は、あなたが決めてください。

(6)家族から反対されて気持ちが萎縮している

どうしても、これだけは避けられません。

わからないこと、知らないことに対して、
誰もが不安を感じるので、反対するのは仕方がないことです。

が、先ほども言ったように、

あなたの人生は、家族のものではありません。あなたのためのものです。

なので、とにかくあなたがやると決めたのであれば、
最後まで貫いてください。

最初は、反対していた家族も、結果がでてくれば認めてくれるようになり、
さらに応援してくれるようになるでしょう。

反対する人を説得できる唯一の材料は、結果です。

結果を早く出すことで、反対する家族を安心させましょう!

(7)お金をいただくのに抵抗を感じる

恐らく、水戸黄門などの時代劇を見過ぎですね。

時代劇では悪者は全部商人なので、

自然とお金=悪

という考え方が身についてしまっているのかもしれません。

でも、考えてみてください。

ビジネスとは等価交換。
お客の悩みや問題を解決できる商品、願望を叶える商品を販売して
対価として代金をいただくのがビジネスです。

なので、そこに、悪いとか、嫌らしさなんて一切ありません。

逆に、お金が儲かるということは、
たくさんのお客の悩みを解決した、願望を叶えたという証でもあります。

なので、お金=悪、どころか、お金=善、なのです。

儲かるということは、悪行ではなく、善行を積んだ結果だと考えてください。

自分に対する愛情を持て!

結果がでない人は、自分に対する愛情が少ないなといつも感じます。

自分は頭が悪い存在だ。
自分にできるはずがない。
自分が成功するはずがない。

と自分で自分を貶めているので、
結果がでなくなっているんです。

厳しいことを言いますが、
悲劇のヒロインになっても、現実は1ミリも変わりません。

自分に酔って、満足しているかもしれませんが
他の人からすれば、頼りなさそうな惨めな存在にしか見えません。

そんな人に、誰も頼みたくないですよね!?

なので、自分に対して愛情を持つようにしてください。

そうすれば、前向きな気持ちになれるので、
価値を生み出すことができるようになるでしょう。

また、自分自身が魅力的になっていくので、
あなたの周りに人が集まってくるようになります。

自分で自分を過小評価して器を小さくしてはダメ!

あなたは可能性のある人です。
あなたを求めている人がこの世にたくさんいます。

なので、そういった人を救うためにも、
自分に対して愛情を持ってくださいね。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. ビジネス書を見ていると、成功するにはポジティブ思考が必要だという話がありますよね。受験や就職…
  2. アフィリエイトのなかでも、トレンドアフィリエイトはドメインやサーバーのレンタル代ぐらいしか費用が…
  3. さて、今回は、メルマガアフィリエイトについてお話したいと思います。と言うのも、初心者にとって…

PAGE TOP