オウンドメディアやブログで記事のネタがなくて困ったときの対処法

リアルビジネスでも、アフィリエイトに代表されるネットビジネスでも、
オウンドメディアが媒体として育てば、無料で集客し続けることができる資産となるので、
毎日、記事を投稿することで、オウンドメディアを育てていってもらいたいのですが、

最初は勢いよく記事を書いていたのに、ネタが尽きてしまって
書くことがなくなってしまった、という悩みをよく聞きます。

何を書くか迷っているうちに時間が過ぎ去ってしまって、何も書けなかったということも。

しかし、オウンドメディアを育てていくには、記事を投稿するのは必須で、
かつ、内容が充実した価値ある記事を投稿し続けなければいけないので、ネタ切れは痛いですね。

そこで、記事のネタ切れのために書くことがなくなったというときの処方箋をお話しましょう。

ネタ切れしたらとにかくインプットする

オウンドメディアやブログで、記事を書くということは、
言い換えれば、頭のなかにあることをアウトプットしているということですよね。

つまり、記事が書けないということは、
頭のなかにアウトプットするもの自体がないということ。

だからこそ、アウトプットで行き詰ったら、インプットするしかありません。

基本、すぐにネタが尽きてしまう人は、余りにもインプットが少なすぎるんですね。

本人は、インプットはしている。アウトプットする技術がまだ足りないからだと誤解して、
コピーライティングや記事の書き方を学ぼうとするのですが、それは間違っています。

アウトプットできない=インプットがそもそも不足していると考えてください。

なので、例えば、ダイエットであれば、ダイエットに関する本を10冊ぐらい買ってきて
とにかく読み漁ってください。読むことだけに徹しましょう。

大量にインプットすると、脳が勝手に動きだして、
自分の頭のなかに入った情報を整理してくれるでしょう。

しばらくすると、嫌でもアウトプットしたくなるんですね。
そうなったら、吐き出すようにアウトプットしてみてください。

恐らく、1記事どころか、いくつもの記事を書けるようになっているはずです。

また、他の人が書いた記事を読んでみるのもおすすめですね。

基本的に、オウンドメディアやブログは、無料で読めるので、
大量にインプットするのに適していると言えるでしょう。

忘れないで欲しいのですが、大事なことは、

「記事が書けない、アウトプットできない=絶対的にインプットが不足している」

ということなので、コピーライティングを学ぶといったわき道に逸れるのではなく、
頭のなかに情報を大量にインプットすることを意識してください。

対象をズラすと言う方法もある

ネタが尽きたと思ったら、同じネタでもいいので、
対象をズラしてみることをおすすめします。

例えば、経営者向けのネタを、サラリーマンに転用してみる。
ビジネスのネタを、資格取得や婚活などの分野で使ってみる。

といったように、対象をズラすことでネタをいくらでも作ることができるようになるでしょう。

ただし、対象をズラしたときに、かけ離れた話にならないように注意してください。

また、ダイエットと言っても、

メタボなので、健康を気にして痩せたいという人もいれば、
モテたいので、スタイルをよくするために痩せたいとい人もいますよね。

なので、健康ダイエットの記事を書いていてネタに尽きてしまったら、
モテたい女性に向けた女磨きの記事を書いてみてはいかがでしょうか。

インプットすることは大事なことですが、インプットをしなくても、
対象をズラすだけで、ネタを作り出すことはできるので、試してみてください。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. こんにちは、島倉です。利益を伸ばすためにもっとも重要なのが価格。しかし、ほとんどの人…
  2. 厚生労働省が、働き方改革としてサラリーマンの副業や兼業を後押しするガイドラインを発表。政…
  3. インフォトップやインフォーカートなど有名なASPでいろいろな情報商材が売られていますね。…

PAGE TOP