副業で稼げないサラリーマンの典型的な5つのタイプ

「給料が上がらなくて、生活が苦しくて辛い」
「手取りや少なく、生活にいっぱいいっぱいで貯金ができない」
「家族での旅行やプチ贅沢をしてみたい」

といった現状への不満や

「子どもの教育費がかかるので、将来払えるかが心配だ」
「親の介護が始まったときに、面倒を見てあげられるのか不安」
「自分が年をとったときに、老後の生活が心配で」

など将来への不安から、副業をするサラリーマンの人が増えていますね。

でも、副業を始めても、全員がうまくいっているわけではなく、
いや、むしろ、稼げていない人の方が多いというのが現状です。

では、どうして副業で稼げないのか。

副業で稼げないサラリーマンの典型的なタイプについて解説します。

もし、あなたが副業をしていて、これから説明するタイプに該当したら注意してくださいね。

本職があるので副業で稼げなくても大丈夫だと思っている

現在、サラリーマンとして副業をもらっているので、副業でうまくいかなくても問題ない
と思っている人がかなり多いのですが、こういった人はまず稼げるようにはならないでしょう。

だって、こんな思考で、本気で副業に取り組めると思いますか。絶対に無理です。

こういった保険をかけているから大丈夫だという思考では、本気になれないので、
なんとなく副業を始めて、ちょっとやって結果がでないから辞める、ということになるでしょう。

サラリーマンであることを忘れて、副業に没頭しなければ、稼げるようにはならないのでご注意を。

思考の切り替えができずに中途半端に取り組んでいる

サラリーマンの場合、数字をあげなくても、いずれはリストラされるかもしれませんが
当面は、給料がちゃんと支払われますよね。

でも、副業は、自分が決断、行動して、結果を出さなけば、1円も入ってきません。
つまり、サラリーマンの世界とは違って、フルコミッション、完全歩合制だということです。

なので、絶対に結果を出すんだという強い意志と意欲が求められます。

しかし、なんとなく働いて、給料をもらうという生活に慣れてしまっていると、
この思考の切り替えが難しいので、結果、副業でうまくいかないことになるわけです。

副業はフルコミッション。中途半端に取り組んでも結果はでないことを意識しておいてください。

サラリーマン文化に慣れ過ぎて待ちの姿勢になっている

会社組織は、上位層が意思決定や経営判断をして、下位層に伝える上意下達システムなので
普通のサラリーマンは、上司から指示された範囲でしか仕事をしません。

つまり、自由に意思決定をして、動くという環境ではないんですね。

が、副業は、誰からも指示されることはない代わりに、
全部を自分の責任で考えて、行動しなければなりません。

まったく逆のことが求められるわけです。

なので、サラリーマン文化に慣れ過ぎてしまっていると、
自分で積極的に動いて収益をあげていくという考え方ができずに、行動できないんですね。

なので、副業は待ちの姿勢ではなく、攻めの姿勢が大事であることを理解してください。

結果よりもプロセスを重視する

会社は分業体制なので、事業の一部しか担当しないので、お金を生み出すということを
深く意識する機会がほとんどありません。

なので、結果よりもプロセスを重視する傾向があります。

「頑張っている」「努力している」「死ぬほどやっている」

ということを言われる方がいますが、はっきり言ってそんなことを言っても無意味です。

副業のように、自分でビジネスをするのであれば、結果がすべて、数字がすべてです。
頑張ったり、努力するのは当たり前で、それを口にする時点でダメなんですね。

サラリーマンであれば、結果が出なくても、やったこと=プロセスを評価されることもありますが
副業では、結果がすべてなので、意識を変える必要があります。

疲れ切っていて副業をやる気力や体力がない

副業をやってみたいけど、

「朝早くから出勤していて疲れている」
「遅くまで働いているでの余分な体力がない」
「仕事に疲れていてとにかく早く寝たい」

ので、どうしたらいいですかという質問をいただくことがありますが、
本当に疲れていて副業に打ち込む気力も体力もないのであれば、副業はやめた方がいいでしょう。

というのも、そんなことを言っても誰も助けてくれないからです。

副業をやるのは自分なので、稼ぎたいという強い意志を持って打ち込めなければ
副業で稼ぐのは絶対に無理です。

気持ちはわかるのですが、こればっかりはどうしようもありません。
疲れていようが、眠かろうが、とにかく副業で稼ぐんだという気合いが必要ですね。

もしかしたら、会社や上司にいい様に使われて、無駄に体力を消耗していませんか?

自分では意識していなくても、社畜になっているかもしれないので、
現在の働き方自体を見直してみることをおすすめします。

 

こうやってみてくると、結局、サラリーマン思考から抜け出せない人が
副業で稼げないということがわかるかと思います。

副業で成功している人は、身分はサラリーマンであっても、
思考や考え方、マインドが、完全に経営者と同じなんですよね。

そもそも、我々は、自分という存在を経営している経営者なはずです。

経営者として、自分をどのようにマネジメントして、素晴らしい人生にするかを
もっと真剣に考える必要があるのではないでしょうか。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 今回取り上げるのは、多方面で活躍されている落合陽一さんの新刊「日本再興戦略」研究者というフィ…
  2. こんにちは、島倉です。突然ですが、質問です!売上を伸ばすために、何をしたらいいでしょ…
  3. マーケティングの教科書を読んでいるとベネフィットという言葉がよくでてきますよね。わたしも…

PAGE TOP