アフィリエイトで記事を書くときに意識すべきたった1つの重要なこと

アフィリエイトで稼ぐためには、オウンドメディアやブログを構築して、記事を書くことで
アクセスを集めていくわけですが、途中で挫折してしまう人が多いですね。

簡単に稼げると勘違いしてアフィリエイトに手を出して、数週間で諦めてしまう人は論外として

毎日記事を書いているのに反響もとれずに、商品も売れないという人は、何がいけないのかというと
恐らく漫然と記事を書いているだけでだからです。

記事を書くということは大事なんですが、ただ書けばいいというものではないんですね。

では、どのようなことに気をつけて記事を書いたらいいのでしょうか。

妥協なく、価値のある記事を書こう

アフィリエイトで稼ぐには、オウンドメディアやブログを構築して、記事を書いていきますが、
毎日記事を書いているうちに、最初は気合いを入れて記事を書いていたのに
気づいたらなんとなく惰性で書いている、というような状態に陥っていませんか。

アフィリエイトするための記事だけは一生懸命に書いてあるのに、
普段の記事は適当で、検索して拾ってきた記事をリライトしてサクっと終わらすといった感じで
記事を書いていないでしょうか。

そうなったら、ヤバいです。せっかく立ち上げたオウンドメディアやブログは崩壊ですね。

アフィリエイトする記事に熱が入るのはよくわかりますが、
でも、アクセスを集めてくるのは、毎日書いている普段の記事です。

普段の記事を疎かにしたら、アクセスはもう期待できないでしょう。

検索ユーザーが検索してページにたどり着いたとき、情報がないなと判断したら、
ページを閉じてしまうか、検索した別のページに行ってしまうことになります。

しかし、記事一つひとつの完成度が高ければ、もっと他の記事も読んでみたいということで
他の記事を読んでくれるようになりますよね。

そうすれば、直帰率を低く押させることができ、さらに平均滞在時間を延ばすことができるので、
検索結果上位表示対策(SEO対策)的にもプラスの効果なるでしょう。

直帰率や平均滞在時間、内部リンク対策などは、確かに大事なことではあるのですが、
もっと大事なことは、記事の質を高めること。

検索ユーザーが読んだときに、「おもしろい。他の記事も読んでみたい」と思ってくれるかどうかです。

考えてみてください。

直帰率が高くなる。平均滞在時間が短い。アフィリエイトした商品が売れないというのも、
全部が記事一つひとつの質によって決まるんですよね。

毎日書いている記事一つひとつがとても大事になってきます。

なので、妥協なく、気合いを入れて価値のある記事を書いてください。

読者のことを考えて記事を書いているのか?

毎日、惰性で記事を書いても意味はない。稼げるようにはならない、と言うことをお伝えしました。

面倒くさいなとか、手間がかかるなと思ってかもしれませんが、
でも、そって当たり前ですよね。

だって、ビジネスだからです。

手抜きをしてビジネスで成功するなんてことは、絶対にあり得ないからです。
そして、読者にも、本気で書いていないなというのは、伝わってしまうんですね。

なので、適当に数だけこなしておけばいいという意識で、記事を書いてはいけません。

アフィリエイトで稼げないという人を見ていると、全員がクソ記事を書いているんですよね。

読者のことは一切無視で、自分が言いたいことだけを言っている。
内容がスカスカで、読み応えがまったくない。

そんな記事ばかり書いているのですが、結果が出ないのは当然です。

クソ記事をいくら量産しても、クソ記事はクソ記事なので、数をこなしても意味がないんです。
クソ記事を100記事書くのであれば、価値のある記事を1記事書いた方がはるかに価値があります。

結局、読者のことを本気で記事を書いている人は物凄く少ないということです。

読者に価値を提供できる記事を書くからこそ、最終的に稼げるようになるのであって、
自分が稼ぐことばかりを考えて記事を書いても、商品が売れるどころか反響もなく終わるでしょう。

Googleは、検索ユーザーに対して価値のあるコンテンツを提供しているオウンドメディアやブログを
検索結果で上位表示する方針を発表しているので、記事の質を高める動きはさらに加速するでしょう。

従来では、薄い記事を書いても、アクセスを集めることができましたが、
今後は、確実にそういった内容のない記事ではアクセスを集めることはできません。

なので、面倒くさいと感じるかもしれませんが、記事の質を高めることに力を入れてください。

ただし、すべてのビジネスにおいて言えることですが、

面倒くさい、手間がかかると思うことは、誰もがやりたがらないので、逆にチャンスなんですね。

だからこそ、面倒くさいと思わず、チャンスだと捉えて、価値のある記事を書いていきましょう。

まとめ

アクセスが集まらない、アフィリエイトしても商品が売れない場合、記事を見直しましょう。

恐らく、毎日記事を書いていくなかで、次第に作業になっていないかを確認してください。

記事一つひとつの完成度によって、アクセスしてもらえるかどうかが変わります。
そして、結果的にそれが商品が売れるかどうかを決めるわけです。

なので、妥協することなく、価値のある記事を書くようにしましょう。

初心者の方は、「初心者がもっとも苦手な「稼ぐための記事」「ファンをつくる記事」の書き方」で
記事の書き方についてさらに深く学んでくださいね。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. インフォトップやインフォーカートなど有名なASPでいろいろな情報商材が売られていますね。…
  2. 自分がやっていること、つまり普段の遊びや趣味、日常の活動そのものがビジネスになる。そんな…
  3. 「行動心理学」という言葉を聞いたことがありますか?普段あまり聞かない言葉なので、よくわからな…

PAGE TOP