ビジネスで結果がでなかったときは、全部を自分の責任で考える

ビジネスで成功するために、絶対に曲げてはいけないことがあります。

それは、「全部を自分の責任で考える」ということです。

ビジネスで結果の出せない人、稼げない人というのは、絶対に他のせいにするんですよね。
なので、ビジネスで成功したければ、かならずこの考え方で臨むようにしましょう。

自分の責任で考えられる人だけがビジネスで成功できる

結果の出せない人や稼げない人は、自分ではない他のことに責任を求める傾向があります。

「時間がないからできません」
「お金がないから無理です」
「教材が悪いんです」
「指導が適当でした」

というような感じで、全部他のせいににするんですね

確かに、多かれ少なかれ事実なのかもしれません。

でも、例えば、教材が悪かったとしても、それを選んだのは自分ですよね。
検討して、決断した結果が、そうだったということです。

本当に教材が悪かったとしても

「そんなにうまい話なんてないんだな」
「自分の考え方が甘すぎたな」

と思うべきですね。

結果が出ないことを教材のせいにして現実逃避したところで、現実は1ミリも変わりません。
結果が出なかったことを冷静に受け止めて、さらに努力していくのが正解です。

結局、人のせいにしたり、他のせいにするのは、ただの言い訳なんですね。
言い訳をしたところで、現実は何も変わりません。そして、最後に諦めて終わりです。

こんなことをしていて、もったいないと思いませんか。

言い訳をして、自分の責任から逃れることに努力をするのと、
言い訳をせずに、結果を出すことだけにこだわって努力するのと、

どちらが自分にとって正解なのか。もうわかりますよね。

他のものに責任を求めるには簡単。誰もができることです。
そして、自分のプライドや面子を守ることもできます。

が、言い訳をしていても、欲しい結果を得ることは永久に不可能です。

考えてもらいたいのですが、自分で責任をとろうとしない人が、
ビジネスで価値を提供することができるでしょうか。

絶対に無理だと思います。

他のせいにばかりして、自分で責任をとろうとしない人は、自分が商品を売ったときに
お客からクレームをもらったら、結局、責任逃れの発言をするわけですよね。

このような人にもはやビジネスをする資格はないと言えるでしょう。

うまくいかないときに、自分のなかに原因を求めて、
改善し、また行動できるという人だけが稼げるんですね。

ビジネスは、自分の責任で考えられるからこそ、相手に価値を提供できる。
なので、うまくいかないときは、自分のなかに原因を求めることが大事である

ということを理解してください。

結局、変えられるのは自分だけである

他のものに責任を押し付けても、それをコントロールすることはできません。

結局、我々がコントロールできるのは自分だけなんですね。
コントロールできからこそ、改善ができるわけです。

なので、ビジネスでは自分をコントロールして、結果を出せるように改善していくことが大事です。

例えば、時間がないのであれば、早起きをしたり、趣味や娯楽の時間を削るといったことができます。
また、副業されている人であれば、残業を早く切り上げて帰宅するという方法もありますよね。

時間がないという人に限って、飲み会や娯楽に充てる時間を変えようとしないのですが、
ビジネスを優先するのか、自分の都合を優先すのか、どちらにするのかという話です。

結果を出したければ、どちらが大事なのかは、わかりますよね。結局、そういうことなんです。

教材がダメだという人も、ほとんどの人が教材通りにやらずに自己流か、
行動する量が圧倒的に足りていないというパターンがほとんどですね。

つまり、うまくいかないのは、自分が正確にやることを理解していないのか、
それとも、行動量が決定的に不足していのか、というように自分のなかに原因を求めて
改善していくということが大事なわけです。

他のもののせいにする人というのは、自分に主体性がないからそういうことをしてしまうんですね。

また、「どこかにもっと簡単に結果を出せる方法があるのでは?」ということで
ノウハウコレクターになってしまうんです。

まったく馬鹿げた話です。

自分の人生は、自分で責任を持って考える。これがすべてです。
なので、結果が出ていないのであれば、自分のどこに原因があるのかを考えるようにしましょう。

結果がでないことを喜んで受け入れよう

世の中には、たくさんのノウハウやテクニックがありますが、
断言しておきますが、どのノウハウやテクニックでも、稼げくことができます。

稼げないのは、先ほども言ったように、自己流でやってしまっている、
行動量が圧倒的に不足している、といったことが原因なんですね。

逆に言えば、現在は結果が出ていないとしても、改善することはできるということです。

ビジネスだけに限った話ではありませんが、
なんでもやってすぐに結果が出るということはありません。

仮に、教材などで学んだとしても、結果が出る人は少数。
ほとんどの人は結果を出せないんです。

と言うのも、個人によって、経験や能力、知識の量、思考、考え方に差があるので、
結果が出せる人と結果が出せない人に分かれてしまうんですね。

どうしても個人差があるので、仕方がないことです。

だからと言って、結果が出ないからと言ってすぐに諦めてしまうのは愚かすぎます。

結果を出している人がいるということは、改善すれば結果を出すことはできるわけですから
結果が出るまで、「行動⇒検証⇒改善」を繰り返していくことが大事です。

とにかくやってみる。それでダメなら、どうしてうまくいかなかったのか、原因を考える。
そして、原因を洗い出して一つずつ潰していけば、誰でも結果を出すことができます。

要は、結果を出せない人というのは、そこまでやっていないんですね。

軽い気持ちで始めて、結果が出なかったらすぐに諦める。そして、教材のせいにして現実逃避する。

というパターンの繰り返しなのではないでしょうか。

そんなことを続けていても、稼げるようにはなりません。

現在の満足していない現状を引きずりながら人生が終わるのを待つだけです。

本当にそれで満足ですか。本当にそれでいいんですか。

結果が出ないからと言って簡単に諦めてはいけません。
結果がでないときは、悲観するのでなく、改善できるんだと喜んで受け入れてください。

繰り返し改善していけば、かならず結果は出せるようになるので、結果が出るまで頑張りましょう!

まとめ

結果が出ないときに、他のせいにする人が多いですが、
そういった人は結果を出せるようにはなりません。

自分以外のものに原因を求めても、それをコントロールすることはできないので、時間の無駄です。

むしろ、うまくいかないときは、原因は自分のなかにあると考えて、改善していくことが大事です。

結果がでないときに、簡単に諦めてしまうのではなく、改善できるんだと喜んで受け入れてください。

結果がでるまで「行動⇒検証⇒改善」を繰り返していく。
うまくいかなかった原因を洗い出して、一つひとつ潰していけばかならず結果を出せるので
結果がでないからといって悲観しないようにしましょう。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. ビジネスには、結果を出すためのノウハウやテクニックがたくさんありますが、講演やセミナーでノウハウ…
  2. 結果を出すための方法って、たくさんありますよね。調べれば、調べるほど出てくるので、何を選んで…
  3. こんにちは、島倉です。ネットでも、リアルでも、見込み客に行動してもらうには、セールスライ…

PAGE TOP