ビジネスで成功したいなら「今」に全力投球しよう!

創業塾や起業セミナーに参加すると、かならずやるのが経営計画書の作成。

5年後、10年後の目標を考えるのですが、はっきり言ってこの作業は無意味です。

ネットが普及する何十年も前であれば、
経営計画書を作成するというやり方は正しかったんですね。

しかし、現在のように急激に環境が変わる状況で、5年、10年の計画を立てても使い物になりません。
逆に、ビジネスの成長発展を妨げる足かせになるかもしれませんね。

なので、悠長に5年計画、10年計画を立てている場合ではないんです。

経営計画を立てるのであれば、半年、長く見ても1年です。

そもそも、長期で目標を掲げたところで、挫折するのがオチです。
半年、または1年という期間、集中した方が結果を出すことができるでしょう。

目標の設定は半年、もしくは1年で考える

さて、目標の設定についてですが、先ほど言ったように、半年、もしくは1年で考えましょう。

なぜなら、5年後、10年後は、まったく環境が変わっている可能性が高いからなんですね。
試しに、直近の1年間でどのぐらい変化があったのかを思い出してください。

たったの1年間で、大きく環境が変化していますよね。

なので、5年、10年の経営計画を立てるというのは、
揺るかに時間が流れていた時代に通用する話で、環境が激しく変わる現在には通用しません。

ただし、環境が激しく変わるからと言って、恐れないでくださいね。

環境が激しく変わるということは、
変化の波に乗ることができれば、成功するのも一瞬でできるということです。

実際、わたしが指導している生徒も

「4カ月で6,000万円稼げるようになった!」
「1年後に年収1億越えを達成できた!」
「たったの半年間で1,600人の集客に成功!」

というように驚くような成果をあげています。

全員が1年以内。早い人で4カ月でぶっちぎりの結果を出しているんですね。

人生が変わるのは一瞬。時間をかけてゆっくり変わるということはありません。

半年、または1年という短い期間、徹底的に集中することで人生は変わるんです!

人生を激変させたければ「今」に全力投球しよう

半年、1年の目標を立てたら、目標に向かって全力投球しましょう。
目標達成に関係しない飲み会や娯楽などは一切断ってくださいね。

目標を実現する過程で、辛いこと、苦しいことがあると思いますが、
人生のなかでたったの半年、もしくは1年の話ですからね。

絶対やり抜くことはできるでしょう。

逆に、5年、10年となると、ほとんどの人が脱落するでしょうね。

1年という短期間だから、全力投球できる。
やりたいことを我慢してでも全神経を集中して取り組めるわけです。

繰り返しますが、人生が変わるのは一瞬。

長期間ダラダラやっても結果は出ません。集中力が持たないので途中で挫折して終わりです。

なので、短期集中で頑張っていきましょう。

そして、やるなら「今」すぐ始めましょう。

「今」頑張れない人が「未来」も頑張れるはずがありませんよね。
なぜなら「未来」は「今」の努力の積み重ねで作られているからです。

「絶対に成功してやる!」
「人生を変えてやるんだ!」

と決意した「今」こそが頑張りどきです。

5年、10年の計画というと聞こえはいいですが、結局、問題の先送りをしているだけなんですね。

徹底して集中すれば、わずか1年でも結果を出すことは十分可能です。
もはやこれはわたしの生徒で実証済みなので、間違いのない真実です。

なので、やると決めた「今」に全力投球してください!

まとめ

長期計画は過去の遺物。現在のように環境が激しく変わるなかで長期の経営計画は不要。

半年、または1年の目標を立て、実行に移していきましょう。

たったの1年であれば、途中で脱落することもなくやり遂げることは可能です。

人生を激変するために、わずか1年という期間、集中して本気で取り組みましょう!

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 稼げるネットビジネスというと、アフィリエイトというイメージが強いですが、実際にやってみると思って…
  2. 働き方改革の影響で、副業を始める人が増えてきましたね。また、個人事業主やフリーランスとして働…
  3. ビジネスで成功するためには、何が重要なのかと言ったときに 集客 販促 SEO…

PAGE TOP