最新のSEO対策~これからの時代、主流になるSEO対策とは?

オウンドメディアやブログを使って、ビジネスを展開していこうとするときに
重要になってくるのが、どのようにして検索経由でアクセスを集めるかということですよね。

と言うのも、検索ユーザーは、悩みや問題を解決するために検索をしているので
検索経由からはとても濃い見込み客を集めることができるからです。

そのためには、検索エンジンでサイトや記事を上位表示していくことが重要で、
上位表示するためにはSEO対策をしっかりと行う必要があるわけです。

ただし、Googleが、検索ユーザーに対して優良なコンテンツを表示させるために
頻繁にアップデートを繰り返していて、SEOは激変期を迎えていると言ってよいでしょう。

では、そんな変化の激しい時期に、どのように対応していけばよいのでしょうか。

そこで、今回は、これからのSEO対策について解説していきたいと思います。

外部リンク対策からコンテンツSEOが主流になる

以前のSEO対策は、被リンク数を増やすという外部対策がメインでした。

自作自演でサイトを量産してリンクを貼るというブラックハットSEOが流行っていましたが、
質の悪いサイトばかりが検索結果に上位表示されてしまい、評判がよくありませんでした。

そこで、Googleが検索エンジンのアップデートを行いました。

お蔭で、最近は検索したときに良質なコンテンツが上位表示されるようになりましたね。

そして、以前は主流だった被リンク数を増やして上位表示するというやり方は
ペナルティの対象になったので、質の悪いサイトは上位表示されなくなりました。

なので、これからの時代は、被リンク数を増やすといった外部SEO対策から
良質なコンテンツを提供するコンテンツSEOがメインになると言ってよいでしょう。

そして、コンテンツSEOを意識したサイトを作っている人はまだまだ少ないので、
コンテンツSEOを意識したサイト運営をすれば、確実に結果を出すことができます。

今後は、ホワイトハットSEO、すなわちGoogleの方針に従ったサイト運営が大事だということですね。

ちなみに、ホワイトハットSEO、ブラックハットSEOについて詳しくは

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOのどちらが正解なのか?

さらに、SEO全般については

初心者でもわかるSEO対策【コンテンツSEO】【内部リンク対策】【外部リンク対策】

を参考にしてください。

Googleが上位表示させたいと思っているサイトとは?

Googleは、検索ユーザーが知りたい、欲しいと思っていることについて
情報がしっかりと掲載してあるサイトを上位表示したいという意向を示しています。

つまり、検索結果で上位表示したければ、

中身のないペラペラサイトをつくって被リンクを貼るという、小手先、かつブラックな手法ではなく、
内容がしっかりしているコンテンツが掲載されているサイトをつくることが重要だということです。

そして、良質なコンテンツをつくるには、もはや素人では無理。

業界のことを深く勉強をして、専門的な知識を身に付けなければ、重厚なコンテンツをつくれません。

コンテンツSEOを狙っていくのであれば、

  • 貪欲にインプットする高い学習意欲
  • 読者にわかりやすい形でコンテンツ化できるアウトプット力

が求められています。

ただし、どんなに良質なコンテンツをつくったとしても、
検索エンジンに評価してもらえなければ、上位表示することはできません。

そのために、大事になってくるのが、内部SEO対策です。

コンテンツSEOと内部SEO対策を組み合わせて行うことが主流になる

これからの時代、コンテンツSEOが主流になることは間違いありません。
時代が逆戻りすることはあり得ないので、先ほど言ったように

深いレベルでの専門知識の習得と、素人の人にもわかりやすく伝えられる文章力が必要です。

インプットとアウトプットの両輪をしっかりと回せる人だけが
コンテンツSEOを制することができるわけですね。

しかし、コンテンツSEOだけでは上位表示することはできません。

上位表示するには、検索エンジンに評価してもらうことが必要だからです。

では、どうすればいいのかというと、

コンテンツSEOで、直帰率や平均滞在時間を改善しながら、内部対策をしっかりとやることが大事です。

内部対策することで、検索エンジンに評価してもらえるようになるので、
コンテンツSEOだけでなく、内部SEO対策も一緒に行ってください。

コンテンツSEOと内部SEO対策を組み合わせて行うことが、
これからの時代、SEO対策の主流になると言えるでしょう。

まとめ

昔は、自作自演で被リンク数を増やすブラックハットSEOが主流でしたが、
現在は、コンテンツ重視のコンテンツSEOに移行しました。

Googleが掲げている方針に従って良質なコンテンツをつくることが、上位表示するために大事です。

しかし、良質なコンテンツをつくるだけでは、検索エンジンに評価してもらえません。

コンテンツSEOと合わせて内部SEO対策をすることが、これからの時代のSEO対策の主流になります。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 「アフィリエイトは今から始めてももう遅い」「アフィリエイトは完全に市場が飽和している」「アフ…
  2. 無料で得られる情報や検索で得られる情報でビジネスがうまくいくと思っている人が結構いるのですが、…
  3. 結果が出ないという人は、素直じゃない人が多いですね。とにかく、人の話やアドバイスを聞こうとし…

PAGE TOP