アフィリエイトを本で勉強してはいけない理由

アフィリエイトを学びたい、勉強したいということで、本を買う人がいますね。

本屋に行くと

  • アフィリエイトの仕組みについて
  • アフィリエイトで稼ぐには
  • 初心者が最初に読むべき解説書

というテーマの本が売られていますが、

はっきり言って、アフィリエイトに関して
本屋で売っている本はまったく使えないので、今すぐに捨てるか、ヤフオクで売ってください。

本屋で売っている本を読んでもアフィリエイトで稼げない理由

どうして本屋に売っている本を読んでも、稼げるようにならないのかというと

  • 掲載されている情報が古すぎる
  • 全体的に抽象論が多すぎる

が大きな理由です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

掲載されている情報が古すぎる

はじめに「掲載されている情報が古すぎる」という理由についてですが、
本が出版されるまでのプロセスを考えてもらいたいんですね。

本というのは、執筆から編集、校正、印刷、出版、という工程を経て
最終的に本屋の店頭に並ぶのですが、出版されるまでに最速でも半年。

なかには、出版されるまでに1年以上かかる場合もあります。

そうなると、出版されたときには、もう情報が古くて使えないということがよくあるんですね。

例えば、SEOについては、頻繁にアルゴリズムが更新されているのですが
アルゴリズムの変化を、本に反映させることができないんです。

アフィリエイトは、最先端のネットの知識が必要です。
1カ月前にやっていたことが、現在はまったく通用しなくなっているということがあるので

随時、情報の更新ができないという時点でダメですね。

さらに、本は出版されると、余程のことがない限り、改訂されません。
つまり、情報が陳腐化しているに、改訂されずに店頭に置きっぱなしになるということです。

本が売れない時代なので、出版社も予算の関係から余程売れた本以外は改訂しないんですね。

なので、本は掲載されている情報が古すぎて、使い物になりません。

全体的に抽象論が多すぎる

もうひとつの理由は「全体的に抽象論が多すぎる」ということ。

実際に本を見てもらうとわかるのですが

  • アフィリエイトの言葉の定義やブログの種類
  • アフィリエイトで報酬が発生する仕組み

といった抽象論ばかりが語られていて、
何を、どうしたらいいのかという具体論がまったく解説されていないんですね。

どうして抽象論ばかりなのかというと、著者にとって本はフロントエンドだからなんです。

どういうことかというと、フロントエンドとして本を買ってもらう。
そして、本のなかに入っている葉書でセミナーに誘導、
最終的にバックエンドとして自分が運営しているスクールや教材を買ってもらう意図があるからなんですね。

つまり、本はあくまでも見込み客を集客するツールに過ぎないということです。
なので、本に書かれていることは抽象的で、具体論に乏しいものになるわけです。

ネットのことはネットに聞くのが正解

では、アフィリエイトについては何で勉強すべきかということですが、
結局「ネットの話はネットに聞く」ということに尽きるのだと思います。

つまり、ネットで販売されているスクールや教材を買う
もしくは、アフィリエイトを教えてくれるメンターを見つけて教えてもらう

というのが一番ですね。

そうすれば、最新の情報を得られて、かつ抽象論ではなく、
何を、どうしたらいいのかという具体論を学ぶことができます。

わたし自身、アフィリエイトについてはまったく知らなかったので、
最初に教材を買い、その後でスクールに入って勉強しました。

そして結果が出てるようになってからは、
さらに結果を出すために300万円のコンサルティングを受けました。
そのお蔭で、収益の桁を2桁増やすことができるようになりました。

わたしは、教材⇒スクール⇒コンサルティングという流れで勉強をしましたが、
ぶっちゃけ言えば、最初からコンサルティングを受けた方が早いと思います。

わたしがアフィリエイトを始めたときは、アフィリエイトがビジネスとして確立しておらず、
胡散臭い連中がかなりいたので、安全策として教材から入りました。

現在は、業界もかなりよくなって、胡散臭い人はいないので、
安心してコンサルティングを受けることをおすすめします。

学べば絶対に稼げるようになるのか?

では、教材、スクール、コンサルティングと、勉強する手段はいろいろありますが、
本当にそういったもので学べば、稼げるようになるのでしょうか。

結論から言うと

「学んだからといって、稼げるようにはなりません」

だって、当たり前の話ですよね。
いくら学んだからと言って、最終的に行動するのは自分です。

行動しなければ、結果が出るはずがありません。

そもそも、稼げるようになるのかという質問をする時点で、見込みはないんじゃないかなと思います。

「稼げるようになりますか?」ではなく、「絶対に稼いでみせる!」が正解ですよね。

こういった質問をする人は、最初の意識の部分でもう負けているのではないでしょうか。

どんなに素晴らしい教材、スクール、コンサルティングで学んでも、やらなければ結果は出ません。

始めてたったの1カ月や2カ月ぐらいで諦めるなんて論外です。
継続して取り組めば、絶対に結果を出すことはできるので、頑張っていきましょう!

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 「ビジネスは行動することでしか結果はでない。だから行動しよう!」という話をよく聞きますが、そ…
  2. ビジネスで成功して億万長者、つまり、年収1億円を狙うには、絶対にやらなければいけないことがあ…
  3. さて、今回は、メルマガアフィリエイトについてお話したいと思います。と言うのも、初心者にとって…

PAGE TOP