行動力を高めるために意識すべき10個のポイント

「ビジネスは行動することでしか結果はでない。だから行動しよう!」

という話をよく聞きますが、そうは言ってもなかなか行動できない人はたくさんいます。
もしかしたら、あなたも「自分にもっと行動力があれば・・・」と悩んでいるかもしれませんね。

しかし、行動力はすぐに身につくものではありません。
普段から意識することで行動力を高めることができるわけです。

そこで、今回は、行動力を高めるためにどういったことを意識しておけばよいのか、
行動力を高めるために意識すべき10個のポイントを解説します。

余計なことを考えない

行動できない人を見ていると、いろいろなものを抱え込んでしまう傾向が強いですね。

どうでもいいこと、些細なことまでも気にしてしまうので、結果、大事なことを考えられなくなる。
心に余裕がなくなってしまうので、結果的に行動できなくなるわけです。

行動力のある人は、余計なことを考えません。大事なことだけに集中しています。

だからこそ、どうでもいいこと、些細なことは捨ててください。
あなたが本当にやるべきことだけをクリアにしましょう。
そうすることで、ブレずに行動できるようになります。

やるべきことに一点集中する

行動できる人は、とにかくシンプル。やるべきことを明確にして、そこだけに一点集中しています。

ビジネスをしていると、やることがありすぎて、あれもこれも気になりますが、
結局、気にしたところで、時間や能力の限界があるので、できないんですね。

なので、最初から全部はできないと割り切って、大事なことだけに集中することが大事です。

また、自分が苦手な分野に手を出して、悩んで立ち止まってしまう人もいますが、
ビジネスでは、結果を出すことが大事なので、立ち止まって時間を浪費してはいけません。

苦手なこと、不得意なことを克服するのは、膨大な時間かかり、かつ克服したところで
結果に直結するとは限らないでの、苦手なことや不得意なことを切り捨てましょう。

自分の得意なところだけに集中する。苦手なことは他に人に任せたり、外注することを考えましょう。

計画やスケジュールの作成に時間をかけない

行動できない人は、計画を立てることが大好きです。

経営計画書やスケジュールをつくることにやたらにこだわる傾向があるのですが、
結局、そういったものをつくることに満足して終わるんですね。

大事なことは、結果を出すことに直結した行動をすること。

結果につらながらないことに労力と時間をかけて、
やったつもりになっていても、結果を出すことはできません。

ビジネスを取り巻く環境が大きく変化するなかで、
5年、10年といった中長期の計画をつくることに時間をかけても、何の意味もありません。

ただの自己満足で終わるでしょう。

経営計画をつくるのであれば、半年や1年という単位にしてください。

断わる勇気を持つ

ビジネスをしていると、お付き合いから出席しなければいけない懇親会や飲み会などが増えてきます。

また、惰性で参加しなければいけない会合などもあるでしょう。

しかし、そういった会に参加することは時間の無駄でしかありません。
なぜなら、あなたの時間が奪われるだけだからです。

行動できる人は、無駄な会合には出席しません。
事前にはっきりと断っています。

自分がやるべきことが明確になっているので、行動する時間を確保することを最優先しているからです。

余計なことに関わってはいけません。断わる勇気を持ちましょう。

雑音をシャットアウトしよう

行動しようとすると、周りにいる人は何かと介入しようとしてきます。
また、親身なふりをして、あなたが行動するのを止めようとしてきます。

これは、人間の習性なので仕方ないことです。

しかし、そういった周りからの介入に惑わされてはいけません。
他人の目ばかりを気にしていると、行動できなくなります。

なかには、噂話、悪評を立てる人もいるでしょう。
しかし、そういった雑音はすべてシャットアウトしてください。

雑音をシャットアウトして、自分が望んだ未来を実現するために行動していきましょう。

枠から外れることを恐れない

従来の概念や常識といった枠に捉われていると、行動できなくなってしまいます。

ビジネスで成功するには、非常識なことをやることが大事なので、
枠から外れることを恐れないでください。

「自分には無理だ」「できるはずがない」といったメンタルブロックを外して
他の人がやっていないことを率先してやる勇気を持ちましょう。

枠を取っ払うことで、行動できるようになります。
非常識なことをやることで、ビジネスで結果を出すことができます。

枠に捉われることなく、行動していきましょう。

森を見てから木を見る

何を始めようとしたときに、細部から入る人がいますが、それをやってしまうとかならず行き詰ります。
そして、行動できなくなるでしょう。

細部から入ってはいけません。「木を見て森を見ず」では行動できません。

まず、全体を見ることを。「森を見てから木を見る」ことを意識してください。

全体を俯瞰してみることで、現在自分が何をやっているのかがわかるようになります。

自分がやっていることが、全体のなかのどの部分で、どういう意味があるかがわからないと
どうしても不安が頭のなかをよぎって行動できなくなるので、全体を俯瞰することを心がけましょう。

攻めの姿勢を持つ

行動できない人は、基本的に待ちの姿勢をとりがちですね。

しかし、待っていても、現実は1ミリも変わりません。
行動していくことで、現実が変わっていくわけです。

もちろん、行動したことで向き合う現実が、すべて好ましいものかというとそうではありません。

望ましくない現実、欲しくない現実、目をそむけたくなる現実であることの方が多いかもしれません。

仮にそういった望ましくない現実だったとしても、
さらに行動することで好ましい現実を手に入れられる可能性があるわけですね。

要は、待っているだけでは、結局何も変らないということです。
行動すれば、好ましい結果だけを得られるとは限りませんが、
行動し続けていくことで、好ましい結果を得る可能性が高まるわけです。

なので、失敗することを恐れずに、攻めの姿勢でビジネスに向き合いましょう。

リスクをコントロールする

行動できない人は、不確実なものをそのままリスクとしてとる傾向があります。

しかし、世の中のほとんどのものは、予測はできたとしても基本的には不確実なものなので、
不確実だからといって全部をリスクだと判断してしまうと、まったく行動できなくなってしまいます。

コンサルタントとしての経験から言えることですが、

リスクから逃げようとすると、リスクはかならず追ってきます。
リスクを避けようとして、行動しないことが、実は最大のリスクなんですね。

なので、リスクから逃げるのではなく、リスクをむしろ歓迎してください。

リスクを積極的に受け入れる。本当のリスクとは何かを理解して
リスクをコントロールすれば、行動できるようになります。

ビジネスでリスクがないものはありません。
いや、ビジネスそのものがリスクなので、必要以上にリスクを恐れないでください。

自分のビジネスを愛してあげる

好きなことであれば、誰かにとめられたとしてもやりますよね。

つまり、ビジネスで行動できないということは、そもそもビジネスが好きじゃないということです。

本当に好きでないのであれば、ビジネスから早く手を引いた方がいいでしょう。
と言うのも、嫌々やっていたとしても、結果を出すことができないからです。

ゾーンに入ることで驚愕するほどの結果を手にれる7つの方法」でもお話しているように、
好きだからこそ、集中できる、没頭できるようになるわけですね。

そして、究極の集中状態である「ゾーンに入る」ことができるようになるわけですが、
ビジネスが好きでなければ、「ゾーンに入る」ことはできません。

自分がやっているビジネスのおもしろさや楽しさ、お客からの喜びの声などを振り返ってみて、
自分のビジネスをよさを再発見、再確認してください。

ビジネスが好きで好きでたまらないという状態でなければ、行動できるようにはなりません。

自分のビジネスを愛してくださいね。

結論

行動力を高めるために意識すべき10個のポイントを見ると
大事なことは、マインドセットを変えることだということがわかるでしょう。

思考⇒行動⇒結果

思考を変えれば、行動が変わる。行動が変われば、結果を出すことができようになる。

つまり、思考、マインドセットを変えることが、行動力を高めるために重要だといういことです。

今回の記事を参考にして、思考、マインドセットを変えて、行動力高めていきましょう!

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 「宝の地図」というと、起業家や経営者であれば知っている人も多いかと思います。ちなみに、「宝の…
  2. 自分がこれから成長するためには絶対に必要な教材。自分のビジネスを拡大させるために必要な講座。…
  3. 国立大学、私立大学に関係なく、学費が増えていく一方で、仕送り額が少なくなっているので、奨学金に頼…

PAGE TOP