「失敗を成功に変えるマインドセット」を身に付けて、成功体質になろう!

ビジネスで失敗するのは当たり前。

成功者と言われている人でも、たくさんの失敗をしていますが、
失敗に一喜一憂することなく、失敗を糧にして成長しています。

成功者は、失敗したときに、落ち込んで動きを止めてしまうのではなく
原因を探り、新たな次の打ち手を考えます。

だからこそ、成功しているわけですね。

そこで、今回は、成功者が失敗とどのように付き合っているのか、
失敗を成功に変えるマインドセットについて解説します。

失敗は自分が勝手に作り出すものである

「私は失敗したことがない。うまくいかない1万通りの方法を発見したのだ」

電球を発明した発明家トーマス・エジソンの有名な言葉ですが、
失敗を失敗として捉えていないところが最大のポイントですね。

わたしも全くその通りだと思っています。

そもそも、この世に、失敗なんてないんですね。

勝手に自分が思い通りにならないからといって、思い通りにならなかった現象のことを
失敗と呼んでいるに過ぎないわけです。

思い通りの結果が得られなかったといって、それでやめてしまえばそれは確かに失敗ですが、
失敗と捉えずに、成功するための実験、または学習だと捉えたらどうでしょうか。

所詮、実験なのですから、繰り返していけば成功しますよね。

また、失敗を学習だと捉えるのであれば、
エジソンの言葉にあるように、1万通りのうまくいかない結果から
成功するための気づきや学びを得ることができたと考えることができるわけですね。

実験、または学習だと捉えて、成功するまでやり続ければ、
失敗なんてそもそも存在しないんです。

簡単に諦めてしまう、さじを投げてしまう人が、
自分で勝手に失敗を作り出しているに過ぎないんですね。

「この世に、失敗なんてものはない。あるのは、成功か学習だけである。」

ということを、わたしはクライアントによく言っているのですが、
まさにこの言葉通りで、成功、または学習しかないということを理解しましょう。

失敗して落ち込むのはただの時間の無駄

この世には、成功か学習しかないのですから、
思い通りにうまくいかなくても、落ち込む必要はまったくないんですね。

失敗したときにやるべきことは、何が原因でうまくいかなかったのか。根本原因は何か。
そして、根本原因への対策として何をすべきなのかということを考えること。

成功者は、失敗したときにこそ、意気揚々として次の打ち手を考えます。

失敗したときに、落ち込んで動きを止めても、現実は1ミリも変わりません。

思い通りの結果を得られずに落ち込んでも時間の無駄だということを理解してください。

459回挑戦したら99%成功する法則

ミドリムシを活かして健康食品や化粧品などを開発しているユーグレナの出雲社長は、

「ミドリムシみたいなくだらない仕事なんてやめた方がいい」

と、会う人全員に言われ続けてきました、

しかし、諦めずに営業し続け、連続して499社に断わられましたが、
500社目の伊藤忠商事で契約が決まり、それ以降、立て続けに他社との契約も決まりました。

出雲社長は、なぜ499社も訪問してダメだったのに諦めなかったのかというと、
彼自身が信じている独自の法則があったんですね。

それが、「459回挑戦したら99%成功する法則」というものです。

成功率が1%であったとしても、2回挑戦したら成功率は1.99%になる。
3回挑戦したら、成功率は2.9701%になり、4回目は3.940399%、
5回目は4.90099501%に成功率が上昇する。

そして、50回挑戦すると39.4994%と成功率は3分の1に、
100回挑戦したら63.3968%と成功率は3分の3になる。

そして、計算すると、459回挑戦すれば成功率は99%という数字がはじき出されるわけです。

だからこそ、彼は諦めることなく挑戦し続けたんですね。

挑戦し続けることで道は拓かれる

実は、おもしろいことに、iPS細胞を発見した山中伸弥教授もまったく同じことを言っています。

私も、あなたも、出雲社長も、山中教授も、そしてその他大勢の人も、全員が同じ人間です。
何が違ってくるのかというと、挑戦する回数なんですね。

挑戦し続けていれば、かならず道は拓かれます。

なので、思い通りにならずに落ち込んで時間を浪費することが、
いかに馬鹿げたことかわかりますよね。

発明家トーマス・エジソンも

私たちの最大の弱点は諦めることにある。
成功するのに最も確実な方法は、つねにもう1回だけ試してみることだ。

という言葉を残しています。

思い通りにならない時期が続くと、確かに精神的に辛く感じますが、
それでも、失敗を恐れずに、挑戦し続けることで道は拓かれるわけです。

挑戦して失敗したら、原因を突き止めて改善、そしてまた勇気を出して挑戦していきましょう。

失敗に怯えて行動を止めたらそこで終わりだ

失敗に打たれ弱い人、過去に大きな失敗をした人は、失敗に対して過剰に反応してしまいます。

過去の失敗で経験した辛い気持ちががフラッシュバックしたり、
過去の失敗で失った機会や損失を思い出すと、恐怖を感じて動けなくなるかもしれません。

しかし、だからと言って、失敗を避けようとしても避けられるものではないんですね。

失敗とは、避けようとすればするほど、追ってくるものです。絶対に逃げられないものなんです。

だからこそ、失敗から逃げようとするのでなく、失敗があることを前提にして考えることが大事。

失敗からは逃げられないわけですから、むしろ失敗を受け入れて、
失敗をうまく踏み台にして次のステップへ進んでいくことを考えましょう。

勇気を持って撤退することも大事

何もやっても、ダメ。完全に万策尽きたというようなときは、潔く撤退することも大事です。

致命的な失敗をしてしまうと、復活することができなくなるので、
余力のある段階で損切をして、撤退して、再起する思考を持ちましょう。

過去に費やしてきた時間、お金、労力など、サンクコストを考えて、損切れない人が多いのですが、
致命的な失敗を回避するために損切できるかどうかは、成功者になれるかどうかの試金石です。

成功者は、間違ったと思ったら、どんなに時間やお金を使ったビジネスであっても即座に撤退します。
なぜなら、やり続けてたとしても時間やお金を浪費するだけで、意味がないとわかっているからです。

撤退というと、逃げるとか諦めるというようにネガティブな印象がありますが、そうではないんですね。

ビジネスで成功することを諦めるのではなく、ビジネスの方向性や戦略を変えるだけなんです。

最終的なゴールは、ビジネスで成功すること。そして、自分や家族、周りにいる人を幸せにすること。
それは何も変わっていないので、逃げでも諦めでも何でもないんですね。

致命的な失敗をして、ダメージを受ける前に、方針転換をする。そして、再チャレンジする。

言葉にすればたったこれだけのことですが、
サンクコストのことを考えれば、なかなかできることではありません。

だからこそ、展望が描けないというときは撤退するという勇気を持ってください。

まとめ

失敗するというのは、誰もが嫌なものです。
そして、気持ちがいいものでは決してありません。

しかし、ビジネスをするうえで失敗は付き物です。
誰であっても失敗から逃げることは絶対にできません。

だからこそ、失敗とうまく付き合っていくことが大事なわけですね。

思い通りにいかなくても、感情を流されずに、挑戦し続けていきましょう。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. オウンドメディアやブログで記事を公開してもアクセスしてもらえません。検索ユーザーの目を引くた…
  2. オウンドメディアやブログでコンテンツをつくるときに、かならず悩むのが、タイトルですよね。…
  3. アフィリエイトは、正しい方法で、継続して取り組めば、確実に稼ぐことができるおすすめできるビジネス…

PAGE TOP