なぜ、懲役囚よりも死刑囚の方が、精神的に満たされた生活を送ることができるのか?

某事件の死刑執行で、世間では死刑制度に注目が集まっていますが、
日本の司法制度では、極刑として死刑。その次にあるのが無期懲役ですよね。

では、死刑囚と懲役囚。

刑務所のなかでどちらが精神的に満たされた生活を送っていると思いますか?

個人差はありますが、死刑囚の方が精神的に満たされた生活を送っているそうです。

なぜかというと、死刑囚は、もう死ぬことが決まっている、

つまり、生きられる時間が決まっているので、
獄中でやれることに全神経を注ぐからです。

実際、読み書きができないのに、独学で手記を執筆した死刑囚、
芸術性の高い絵画を作成した死刑囚がいます。

このように、期限が決まっているからこそ、目の前のことに集中することができ、
自分でも考えられない力を発揮することができるんですね。

そして、その期限が決まっている究極の形が、死刑囚だということです。

期限を切るだけでは不十分

あなたがビジネスをしているのであれば、夢や目標を掲げていることでしょう。

そして、いつまでに、何を達成するかという期限を切っているはずです。

いや、ビジネスに限らず、結婚、資格の取得、家やマンションの購入など、
あらゆることで、何らかの期限を設けているのではないでしょうか。

でも、その期限、本当に守ろうと努力していますか?

期限を設けているだけで終わっていませんか?

期限を切ることは、夢や目標を実現するために大事なことで
人類史上最高の発明は期限だとも言われているくらいです。

なので、夢や目標を実現するには、期限を切ることは必須と言えるでしょう。

ただし、期限を守る意識がなければ意味がありません。

そう、形だけ期限を切ってもダメなんですね。

死刑囚のように期限に対する切迫感が必要なんです。

時間は有限。無限にあるものではない

期限を設けているのに、守れない理由、それはひと言でいえば油断です。

要は、死ぬことが決っている死刑囚とは違って、
普通の人は時間が永遠にあると無意識に思い込んでいるんですね。

もちろん、病気や交通事故などでいつ死ぬかわかりませんが、
通常はそういうことは起きないと思っている人がほとんどです。

つまり、自分がすぐに死ぬことはない。時間は無限にあると錯覚しているわけです。

なので、期日が迫っているのに、やるべきことに集中せずに、
アプリやゲーム、YouTubeなどで時間を浪費してしまう人は、

時間は潰すもの、もしくは埋めるものだと思っているんですね。

時間は無限にあるように思いますが、実は有限。
無限にあるものではありません。

期限を守れない人は、その意識を変えることが絶対に必要です。

あなたにはあとどのぐらいの時間が残されているのか?

先ほど、時間は有限だというお話をしました。

では、実際にどのぐらい時間があるのでしょうか。
平均寿命を使って使える時間を算出してみましょう。

日本人の平均寿命は、男性が80.98歳。女性は87.14歳。

男性の場合、寿命が80歳だとすると

  • 現在、あなたが30歳であれば、残りはあと50年、18,250日。
  • 現在、あなたが40歳であれば、残りはあと40年、14,600日。
  • 現在、あなたが50歳であれば、残りはあと30年、10,950日。
  • 現在、あなたが60歳であれば、残りはあと20年、7,300日。

女性の場合、寿命が90歳だとすると

  • 現在、あなたが30歳であれば、残りはあと60年、21,900日。
  • 現在、あなたが40歳であれば、残りはあと50年、18,250日。
  • 現在、あなたが50歳であれば、残りはあと40年、14,600日。
  • 現在、あなたが60歳であれば、残りはあと30年、10,950日。

見てわかるように、数えるぐらいしか時間は残されていないんですね。

しかも、健康に動くことができる健康寿命はさらに短くなるので、
夢や目標を実現したい、ビジネスで成功したいと思うのであれば、
時間を浪費している場合ではないはずです。

毎日、ぼうっとしていると、何となく時間が過ぎていきます。
そして、気づいたときには、期限どころか、人生までも終わってしまいます。

死ぬ間際で、「あのとき、やっておけばよかった」と後悔しないためにも、

やろうと思ったことは、期限を設けて、必達するように努力する。
そして、限りある人生を素晴らしいものにしていきましょう。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. お金持ちになれない人は、基本的にお金の使い方が下手クソです。お金を生み出さないことばかりにお…
  2. 現在は、昔に比べて随分と起業しやすくなりました。「収入を増やすため」「自由な生活を手にしたい…
  3. 「宝の地図」というと、起業家や経営者であれば知っている人も多いかと思います。ちなみに、「宝の…

PAGE TOP