自分の名前で仕事が取れる人だけが生き残ることができる

酒場放浪記の吉田類、孤独のグルメの久住昌之、
リリー・フランキー、星野源、そして元ライブドア社長の堀江貴文。

彼らはもはや何をしているのか、まったくわかりません。

いや、正確に言うと、彼らはいろいろな活動をしているので、

「吉田類と言えばコレ」「星野源と言えばコレ」

ひと言で活動すべてを表現することができないというのが正しいでしょう。

そして、これからの時代は、彼らのように

「何をしているのかわからない人」

だけが生き残っていくと思います。

つまり、ひとつの肩書きにはおさまらない人だけが成功することができるわけです。

吉田類、久住昌之、リリー・フランキー、星野源、堀江貴文の共通点

実際に、リリー・フランキーさんはどういったことをしている人でしょうか。

わたしのなかでは、エッセイを書いたり、タレント活動をしたり、
たまに映画やドラマに出演するというイメージが強かったのですが、

ウィキペディアで調べてみると、

イラストレーター・ライター・エッセイスト・小説家・絵本作家・アートディレクター・デザイナー・ミュージシャン・作詞家・作曲家・放送作家・演出家・ラジオナビゲーター・フォトグラファー・俳優、第51回ブルーリボン賞・新人賞を最高齢で受賞

といったように、多面的な活動をされています。

星野源さんは、私は彼の歌声が好きで、歌手というイメージが強いですが、
ラジオのパーソナリティやエッセイスト、コラムニスト、作家として活躍。

さらには、俳優やコントをやるなど、もはや歌手という括りではおさまらない活動をされています。

酒場放浪記の吉田類さんは、酒場詩人という肩書きで番組に出演していますが、
作家、画家、タレント、そして歌手というマルチな活動をしています。

孤独のグルメでお馴染みの久住昌之さんも、やはり様々な活動をしており、
漫画家、エッセイスト、装丁家、作曲家の顔を持っていて、
彼のTwitterを見たら、コンサートで全国を回っていました(驚)

堀江貴文さんについては、もはや言うまでもないと思いますが、
実業家、著作家、投資家として有名ですが、
最近ではロケット開発が話題になりました。

このように、彼らを一つの肩書きで説明するのは難しいんですね。

つまり、ひとつの肩書きに捉われることなく、

「吉田類」「久住昌之」「リリー・フランキー」「星野源」「堀江貴文」

というように、自分の名前で勝負できる人だけが勝てる時代になったわけです。

堀江貴文さんが言うように、「遊びが仕事になる」時代だからこそ、
従来の肩書きにこだわることなく、自分の名前で勝負していくことが大事です。

自分の名前で仕事をするために必要な2ステップ

とは言っても、いきなり自分の名前では勝負できません。

なぜなら、誰もあなたのことを知らないからです。

自分の名前で勝負するには、まずは自分のことを知ってもらわなければなりません。

なので、これからのビジネスで勝ち残っていくためには、
まずは、何かひとつの旗を立てる。それで認知度、知名度をあげていく。

その次に、他のことにチャレンジをして、活動を横展開していきましょう。

わたしも、最初は、経営コンサルタントとして起業しましたが、
現在は、コラムの執筆や動画の作成、講演、投資家など、たくさんの活動をしています。

もはや経営コンサルタントというひとつの肩書きではおさまらない活動をしているわけです。

そして、現在は、経営コンサルタントという肩書きで仕事をとっていません。

むしろ、わたしが経営コンサルタントだということを
知らない人から声がかかることが多いですね。

つまり、島倉大輔という名前で依頼をいただいているわけです。

このように、最初は経営コンサルタントとして活動を開始して旗を立て、
その後、活動を増やしていくことで、自分の名前だけで仕事が来るようになります。

そして、自分の名前で仕事がとれるようになると、
収入の柱がいくつも立つようになるので、収入が加速的に増えていきます。

そうなれば、完全に仕事をしている感覚ではなく、

「好きなことを追求していたら、結果的に稼げてしまった」

という理想の状態を作り出すことができるでしょう。

そうなるためには、まずはひとつのことに集中して、旗を立てる。
そして、それができたら、活動を横展開していくことを考えてください。

自分の名前で仕事が取れるようになるための3つのポイント

では、自分の名前で仕事が取れるようになるには、何を気をつけたらいいでしょうか。

少なくとも、以下の3つのポイントはかならず押さえておきましょう。

(1)捨てる勇気を持つ

自分の名前で勝負するときに大事になるのが、捨てる勇気を持つということ。

新しいことに次々に挑戦していくには、従来のものを捨てなければいけません。
そう、捨てなければ、新しいものを入れるスペースができないからです。

しかし、ほとんどの人は、従来からのものにこだわって、捨てようとしません。

結果、従来のものを捨てないので、
新しいものを受け入れることができずに、
ひとつの肩書きにこだわることになるわけです。

そうならないためにも、
過去の成功体験や常識、慣習を捨て、
新しいものを積極的に取り入れてください。

(2)見切り発車できる

過去を捨て、新しことにチャレンジするときに重要になってくるのが、見切り発車すること。

完成するまで準備をする、全部が整ってから始める人がたくさんいますが、
ビジネスに、全部が整うということはただの幻想。あり得ない話です。

新しいことにチャレンジして、自分のものにしてくには、
走りながら取り組むことが大事です。

見切り発車でもいいので、とにかくスタートする。

そうすれば、他の人よりもいち早くチャンスを掴むことができるので、
成功する確率がぐっとあがることになります。

準備が整ってからでは遅すぎます。
走りながら並行して準備をすることを心がけてください。

(3)自分自身を語れる

自分の名前で仕事をするのですから、自分自身のことを語れる必要があります。

自分自身を語るといっても、履歴書のような経歴をしゃべるという意味ではありません。

自分はどのような人間で、どのようなことが得意なのか。
どういった悩みや問題の解決に役立つことができるのか。
過去にどういった実績をつくってきたのか。
将来に向けてどのようなビジョンを持っているのか。

など、相手が聞きたくなる、興味を引くような自己アピールをするという意味です。

ビジネスは、お客ありきなので、お客の視点に立って自分ブランディングをしましょう。

まとめ

これからは、肩書きではなく、自分の名前で仕事を取れる人だけが引き残ることができます。

自分の名前で仕事を取れるようになるには、
まずはとにかく他の人には負けない何かで旗を立てることが大事。

そして、認知度があがっていけば、活動を横展開していくことで、
自分の名前で仕事がとれるようになるでしょう。

他の人には負けない圧倒的な売りをつくる。そして、それを軸にしてビジネスを展開していく。

ということを意識してください。

なお、自分の活動を他の人に知ってもらうには、
情報発信する必要がありますが、肝となるのがオウンドメディア。

自分の名前で仕事を取るにはオウンドメディアは必須です。

オウンドメディアの作り方についてはこちらで教えているので、
自分ブランドを確立するオウンドメディアの作り方を知りたい方はチェックしておいてください。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 働き方改革の一環として、副業解禁が話題になっていますね。厚生労働省は、サラリーマンが副業をし…
  2. 女優、司会者、歌手など、あらゆる分野で活躍されている剛力彩芽さん。なぜか、ネットで剛…
  3. 「ゾーンに入る」という言葉を聞いたことがありますか? 子どものころ、遊んでいたらあっという…

PAGE TOP