ビジネスで成功したければ、絶対にその分野の一流になろうとするな!

あなたが持っている本のなかに、「一流の◯◯◯」というタイトルの本、ありませんか?

「一流のセールスマン」
「一流のマーケティング」
「一流の気づかい」
「一流のおもてなし術」
「一流の人脈づくり」
「一流の達成力」
「一流の学び方」

というように、書店に行くと売れているのは
「一流の◯◯◯」というタイトルの本ばかりですね。

「一流になることは稼げるようになるための登竜門だ」

と思っている人が多いのだと思いますが、最初にはっきり言っておきますね。

一流になっても稼げるようにはならないので注意してください(笑)

いや、一流を目指したばっかりに不幸になる場合もあるでしょう。

大事なことなのでもう一度言いますね。絶対に一流を目指さないでください!!!

なぜ、一流になっても稼げるようにはならないのか?

一流にさえなれば、絶対に稼げるようになる。

と思っている人がいるのですが、実はまったく違うんですね。

では、なぜ一流になっても稼げるようにはならないのでしょうか。

まず一流になるには、膨大な時間とお金を投資して、相当の努力が求められますが、
投資して、努力したとしても、本当に一流になれるかどうかはわからないですよね。

これだけ一流本が流行っているのに、一流が生まれないということは
実際、一流になれる人はほんの一握りの人間だということです。

つまり、やみくもに一流を目指しても、
時間やお金を浪費して終わる可能性が高いということ。

また、仮に一流になれたとしても、本当に稼げるのはかはわからないですよね。

例えば、英語。

ネイティブレベルで英語を話せる人は、国内にたくさんいます。
つまり、一流の人はすでにたくさんいるわけです。

しかし、本当に英語が求められる職場というのは凄く少ないんですね。

入社や昇進の条件として英語力が必要になる会社はありますが、
一流になっても国内で活かせる場は限られているのが現実です。

英語を話せる人はすでにたくさんいるわけですから、
英語を話せるぐらいでは差別化要因にはならないので、
給与にはまったく反映されません。

つまり、英語の一流を目指したとしても、見合うだけの報酬を得ることはできないということです。

ひとつの分野だけを極めてはいけない!

では、どうすればいいのかということですが、

英語でも、何でもいいのですが、
何かひとつの分野で一流を目指すのではなく、

複数の分野で、二流、三流を目指してください。

イメージとしては、プロまではいかないが、素人の域は脱しているレベルですね。

そのぐらいのレベルであれば、ひとつの分野を極めるよりもはるかに楽。
そして、その方がひとつの分野で一流になるよりもはるかに稼げるんですね。

例えば、先ほどの英語の話に戻りましょう。

ネイティブレベルに英語を極めるのではなく、
英検準1級ぐらいを教えられるような二流レベルを目指しましょう。

そして、英語だけでなく、集客やマーケティングも二流レベルを目指します。

英語だけを極めたとしても、会社ではそれほど評価はされないので、
得られる収入は他の同僚たちと大きくは変わらないでしょう。

しかし、英語だけでなく、集客やマーケティングを学んだ人はどうでしょうか。

集客やマーケティングをマスターしているので、自分で起業することができるわけですね。
そうなれば、自分でビジネスを成功させることで、大きな収入を手にすることができるでしょう。

つまり、稼げるようになるには、二流、いや三流でもいいので、
複数の能力を掛け合わせることが大事だということです。

完璧主義の人は、ひとつのことにこだわって、徹底して極めたがりますが、
そういった思考では、これからの時代、生き残ることはできません。

ひとつの分野の一流になるのではなく、複数の分野の二流、三流になる。

そして、稼ぐためには複数の能力を掛け合わせることが大事だということを理解してください。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. こんにちは、島倉です。あなたは、重版出来というドラマを見たことがありますか?…
  2. アフィリエイトというと「誰でも、楽して、簡単に稼げる」というイメージがあるようですが、まったくそ…
  3. こんにちは、島倉です。ネットビジネスの代表格と言えば、アフィリエイトですね。ブログや…

PAGE TOP