「どうすればいいですか?」は愚問。とにかくやってみることが大事だ!

「どうすればいいですか?」
「どうやったらいいですか?」
「どうやったらなれますか?」

という質問をよく受けるのですが、はっきり言ってこんな質問をしているようではダメです。

本当にビジネスで成功したいのであれば、こんな質問をしている暇があるなら、
書籍を買ってきて読んだり、教材を買ってやってみるなど、自分自身でまずやってみることが大事。

「やってみて、ここまでやったけど、行き詰っている。どうしたらいいですか?」

とか

「やってみて、こうなったけど、このまま続けても大丈夫ですか?」

といったように、やったことをまずみせてもらいたい。

でなければ、プロであってもアドバイスなんてできません。

なぜアドバイスが必要なのかというと、やったことに対して、修正したり、改善するため。

何もやらない人にアドバイスすることはできないし、やるように言ってみたところで
結局はやらないので、時間の無駄でしかありません。

実は、クライアントを見ていると、まさにこの現象がばしっと当てはまるんですね。

取りあえずやってみる人と、指示を待つまでまったく何もせずにじっとしている人。
当然、成功するのは前者です。後者は、思ったように結果が出にくいと言うのが正直なところ。

ビジネスは、自分の責任で、自分がやるべきもの。

誰も強要することもないし、当然、誰も責任をとってくれません。

だからこそ、もっと果敢に攻めてもらいたい。といつも思うんですよね。

点と点が線となり、やがて面になる

先ほども言ったように、とにかく行動しましょう。

言われる前に、書籍を買う、教材を買う、調べてみる、試しに体験してみる、など。
コンサルティングが始まる前に、やれることは最大限やっておくことが大事。

そうすれば、こちらとしても、より深いレベルでのコンサルができるし、
効果的な戦略、戦術をたてやすくなるんですよね。

指示されるまで、ひたすらじっと待つ。
積極的に動こうとしない人というのは、

プライドが高くて、失敗するのを自分で認めたくない傾向が見受けられます。

確かに、失敗するのは誰もが嫌。わたしも嫌です。

でも、それでもやるんです。失敗してもいい。とにかくやってみる。動き出してみる。

動けば動くほど、たくさんの点ができる。

そして、継続して動くことで、点と点が線になり、やがてそれが面となるわけですね。

絶対にやらないより、やった方がいい。

待ちの姿勢をやめて、とにかく行動を。

当然、うまくいかない場合は、結果につながるキレのあるアドバイスをするので、安心してくださいね。

まずは、行動を。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. ビジネスの世界は、青天井。月収1000万円という普通に働いていては絶対に稼げない金額を稼ぐこ…
  2. ビジネス書を見ていると、成功するにはポジティブ思考が必要だという話がありますよね。受験や就職…
  3. 朝、定時に起きて、満員電車に揺られて出社。ヘトヘトになるまで残業をして、終電で帰宅。そして、…

PAGE TOP