「お勧めの本はありますか?」と聞く人は、根本的に大きな勘違いをしている

「島倉さん、お勧めの本、ありますか?」

という質問をめちゃくちゃよく受けるのですが、

ちょっと待ってください。

この質問、本当に意味ある質問なのでしょうか。

お勧めの本を勧めてもらいたいという気持ちは、十分に理解しています。

気持ちはわかるのですが、この質問をしてはいけません。
なぜなら、こんな質問をする人は、ビジネスで成功できない典型的なタイプだからです。

万人向けの本なんてない!

まず、ビジネス書について、わたしの見解を述べておきたいと思います。

「基本的に、万人向けの本はない」

これが、わたしのビジネス書についての見解です。

童話や小説であれば、お勧めしたい本はあります。

しかし、ビジネスに関してはないんですね。

と言うのも、読む人のレベルや成長段階によって、適した本は変わってくるからです。

例えば、ビジネスを始めたばかりの初心者に、

小難しいコピーライティングや
ネットマーケティングの本を勧めても、理解できないでしょう。

ローンチについては、絶対に読んでおくべき本ですが、
初心者が読んだとしても、まったく理解できません。

なので、相手がどのレベルなのかということを知らなければ
気軽に本なんて無責任に勧めることなんてできないんですね。

読む人のレベル、成長段階によって、適した本は変わってくる。

万人向けの本なんてないということを理解してください。

「お勧めの本を紹介してください」というのは受け身の姿勢の表れである

冒頭で、そもそもこの質問をする人は
ビジネスで成功できないタイプだと言いましたが、

なぜなのか、その理由、あなたはわかりますか?

本当に本を読む必要があるのであれば、
お勧め本について聞く前に、自分で買って読むべきです。

お勧め本を紹介して欲しいというのは、受け身の姿勢なんですよね。

必要があるのであれば、まず行動してみる。
成功したければ、こういった積極的な姿勢で臨むのが基本。

なので、例えば、営業について知りたいのであれば、
営業について数十冊まとめ買いして、読んでください。

10冊ぐらい読むと、だいたいのことはわかります。
自分のなかに勘所が生まれるんですね。

そうしたら、あとは必要に応じて、追加購入していけばよいでしょう。

本来、本というのはそうやって読むべきものです。

人に勧められたから読むというのは、受け身で、
ビジネスをする人の取るべき態度ではありません。

ビジネス書は、童話や小説とは違って、人から勧められたから読むべきものではありません。
自分の知識や経験のレベルに応じて、必要なものを選択するようにしましょう。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 「ゾーンに入る」という言葉を聞いたことがありますか? 子どものころ、遊んでいたらあっという…
  2. 「旦那の給料が少ないので、好きなものを買うことができない」「住宅ローンが返せるか心配で、家計簿を…
  3. 最近、マインドフルネスが注目されていますね。今や世界の一流の経営者やスポーツ選手、有名俳優、…

PAGE TOP