稼げる人間になるための思考改革~時給思考に転換しよう!

ビジネス、いや人生においても、お金は大事ですね。

しかし、お金を稼ぐことだけを目的に頑張っても、無意味な人生になるでしょう。

実際、稼げるようになっても、自由な時間がとれずに
稼いだお金を使うことすらできない人がいるんですね。

本当に大事なものは、お金ではありません。

そう、お金よりも、時間の方がはるかに大事。

お金はいくらでもでも稼ぐことができますが、
時間は過ぎ去ってしまったらそれで終わり。

失った時間を取り戻すことはできません。

なので、ビジネスだけでなく、人生も成功させたいのであれば、
お金よりも時間を大切する意識を持ってください。

年収思考や月収思考では稼げるようにはならない

しかし、ほとんどの人は、時間に対する意識が低いというのが現実。

「そんなことはない。時間の重要性については理解している」

という反論が返ってきそうですが、字面だけ理解しているだけで、
本当の意味での時間の重要性については理解していません。

例えば、あなたは自分の収入について、どういった尺度で考えていますか?

恐らく、年収、または月収で考えているかと思います。

起業したら年収1000万円を目指そうとか、
月収100万円を目標にしようというような話をあちこちで聞きますよね。

つまり、年収1000万円や月収100万円という数字をあげる人は、
まさに年収思考、月収思考をしている人だということなんですが、

この年収思考、月収思考をしている人は、時間の大切さが理解していないんですね。

本当に時間を大切にするのであれば、時給思考が正解。

自分が本気になってビジネスに打ち込んだときに、
時給ベースでどのぐら稼げるかというのが時給思考。

はっきり言って、年収や月収ではあまりにも時間を悠長に捉え過ぎなんですね。

本当に結果を出すのであれば、時間当たりの結果で評価していくべきです。

年収思考、月収思考から、時給思考に切り替えるだけで、間違いなく働き方が激変するでしょう。

自分がやるべきことと、やるべきではないことへの意識が鮮明になるからです。

年収や月収という単位で考えていると、
時給思考のように時間の使い方を強烈に意識することはできません。

当然、年収思考や月収思考では、稼げるようにはならないんですね。

なので、年収思考や月収思考を捨て、時給思考で考えるようにしましょう。

時給思考で完全に無駄を排除できる

時給思考が身につくと、無駄なことを徹底して排除することができるようになります。

時間当たりで結果を評価していくので、

どうしてもいい問い合わせ電話への対応
意味のない会議や打ち合わせ
目的意識のないネットの閲覧
無意識にやっているスマホチェック

などがいかに馬鹿らしいが身に染みてわかるでしょう。

また、自分は仕事に打ち込んでいるつもりでも、
実はぼーっとしているだけで、何もしていないときってありますよね。

しかし、時給思考では、そういった悪習慣を完全に排除することができます。

さらに、時給思考によって、自分がやるべきことが明確になります。

例えばあなたの時給が5000円で、家事代行が2000円であれば、
自分が家事をやるよりも、家事代行に頼んだ方がいいことがわかりますよね。

つまり、家事よりも仕事に集中すべきだということがわかるわけです。

時給思考になると、時間の使い方がシビアになるので、間違いなく結果を出すことができます。

年収思考、月収思考でビジネスをしてきた人にとっては、
時給思考は相当にキツい考え方であるとは思いますが、
成功者は、漏れなく時給思考でビジネスを考えています。

なので、ビジネスで成功したければ、絶対に時給思考を身に付けてください。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. こんにちは、島倉です。自分のビジネス、自分の商品、自分のサービスに価格をつけるときに、迷…
  2. オウンドメディアやブログを立ち上げて、検索結果で上位表示できれば、継続的にアクセスを集めることが…
  3. 「起業したい」「恋愛したい」「資格を取りたい」というように、やりたいことが決っているのに…

PAGE TOP