目標設定が、ショボ過ぎる、低すぎる、甘すぎる

起業を考えている方や、起業してまだ間もない方から
毎日、たくさんの相談をいただいているのですが、

話を聞いていると、根本的に間違っている人がいるんですね。

何が間違っているのかというと、夢や目標がショボ過ぎるということ。

特に、結果が出ておあらず、生活が厳しい人ほど、目先の利益に飛びつく人が多くいですね。

例えば、月収5万円稼ぐことを目標にしているコミュニティに参加する人とか、
自己アフィリエイトで何とか稼ごうとする人などです。

唖然としてしまうのですが、
実際にそういった目先の利益しか眼中にない人が少なくありません。

分かりますよ、気持ちは。

現状がキツいので、どうしても結果のでやすいものに飛びつきたくなる。

でも、わたしがコンサルをしてきた経験で言えば、
目先の利益に飛びつく人は、お小遣い程度しか稼げないんですね。

また、確実に稼げる額を目標にする人が結構いるのですが、
そういった人は自分が設定した金額以下しか稼ぐことができません。

なぜそうなってしまうのかというと、目標が低すぎるからです。

簡単に稼げる額、現在の自分が頑張れば稼げそうな額を目標にしていることが原因です。

ショボい、とにかくショボ過ぎるその目標設定が諸悪の根源なんですね。

なので、目標は高く持ちましょう。
自分の実力をはるかに超えた金額を目標に設定してください。

目標が低いと人は怠惰になる

目標を低く設定すると、現在の延長線上で何とかしようとする人がほとんどですね。

現在やっていることを何も変えずに、そのままやり続けようとする。
当然、結果がでることはありません。

では、目標を高くしたらどうでしょうか。

例えば、年収300万円の人が、10倍の年収3000万円稼ぐことを目標にした場合、

年収300万円の状態でやっていることをやり続けたとしても、
年収3000万円になれないことは容易に想像がつきますよね。

なので、現在やっていることをドラスティックに変える必要があるわけです。

自分がやってきたこと、信じてきたことでは10倍の目標を達成することはできません。

過去に自分がやってきたことを丸ごと捨てるぐらい大胆な意識改革をしなければ、
現在の10倍というステージに行くことはできないでしょう。

つまり、目標を高くすることで、
まったくやったことのない新しいことに挑戦するようになるんですね。

従来の手法ではまったく通用しない。だからこそ、必死になって考える。
死ぬほど考えて、死ぬほど行動するようになる。。

だからこそ、従来ではあり得なかった結果を手にすることができるようになるわけです。

全部捨てることで、年収が一桁が変わる

実は、わたしも、やってきたことを全部捨てたことがあります。

それは、ブログです。

5年ぐらい運営していたので、記事も軽く1000記事は超えていましたが、
オウンドメディアのコンセプトに合っていなかったので、全部削除しました。

5年間も記事を書き溜めてきたブログを、普通は削除できませんよね?

でも、わたしは、躊躇することなく、即行全部消しました。跡形もなく。

なぜなら、個人ブログからオウンドメディアへと完全に移行するためです。

そして、そうすることが、確実に年収を爆発的に引き上げる最上の策だと判断したからなんですね。

見事に狙いは的中。

オウンドメディアに切り替えたおかげで、アクセスは以前のブログの3倍以上。
売上も、桁がひとつ増えるぐらいの結果を出すことができました。

しかも、オウンドメディアに切り替えるという決断をしてから1年も経たずに、
先ほどのように凄まじい結果を得ることができました。

このように、従来のやり方に固執することなく、大胆、かつ迅速に行動することが大事です。

高い目標を実現するには、現在の延長線上に答えはないんですね。

周りの人が引くぐらいの結果を出したければ、高い目標を掲げて
過去にこだわることなく、ゼロベースで何をすべきかを考えてみてください。

絶対にあなたにもできるので、ぜひお試しを!

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. こんにちは、島倉です。ネットでも、リアルでも、見込み客に行動してもらうには、セールスライ…
  2. ビジネスで成功したければ、指導してくれる先生、つまり、メンターから指導してもらうことが死ぬほど大…
  3. マーケティングの教科書を読んでいるとベネフィットという言葉がよくでてきますよね。わたしも…

PAGE TOP