現金主義はやめて、クレジットカード決済にしよう!

普段、財布にお金を入れて持ち歩いていませんか?

もう、それ、やめた方がいいです。

特に、ビジネスをしている人であればなおさらですね。

現金主義をやめて、クレジットカードで支払うようにしましょう。

実際、現金で支払っても、何のメリットもありません。

むしろ、クレジットカードを使うことで
本来得られるメリットを享受できないことを考えれば
現金を使うたびに損をしていると思った方がいいでしょう。

そのぐらい、クレジットカードには、メリットがあるんですね。

そこで、今回は、クレジットカードを使うメリットについて解説します。

時間の無駄を排除できる

普段、現金を使っている人は多いですが、
はっきり言って、現金を使うことは損です。

まず、時間を損しているということに気付いてください。

現金で支払いをするということは、
定期的にお金をおろさなけばいけないですよね。

コンビニのATMや銀行に行かなければいけないわけです。

そして、下手をすれば並んでお金をおろすことになるのですが、
こういったことに時間をかけることがそもそも無駄です。

ビジネスをするうえで、もっとも大事なのは時間。時間は命です。

なので、1秒たりとも無駄にしてはいけません。

お金をおろすぐらいで大げさなと思うかもしれませんが、
移動時間まで含めれば結構な時間を無駄にしているんですね。

時間を浪費しないためにも、現金主義は捨ててください。

厳格にお金の管理を行うことができる

クレジットカードを使うことで、お金の管理ができるようになります。

たまに、クレジットカードを使うと、いくら使ったのかわからなくなる

といったこと言う人がいますが、本当にそう思っているのであればかなりヤバイですね。

クレジットカードであれば、スマホで、いつ、
何に使ったのかを簡単にチェックできます。

また、明細が記録されるので、使途不明金が発生することもありません。

現金主義だと、レシートや領収書の紛失、
小口現金の管理が大変なので、お金の管理がかなり大変なんですね。

クレジットカードであれば、そういったことを避けることができるので、
厳格にお金の管理をしたければ、クレジットカードを使うのがベストです。

ポイントをメインにあらゆる特典がついている

さらに、クレジットカードでは、ポイントをためることができますよね。

現金であれば、支払って終わり。何ももらえるわけではありません。

ポイントをためれば、各種ギフトカードやマイル、商品などに変えることができ、
さらに支払いにも使うことができるので、絶対にクレジットカードを使うべきです。

そして、使うことで、クレジットカードのグレードがアップすれば、
ポイントを効率よくためることができます。

わたしが使っているアメックスのプラチナカードは、

年会費はちょっと高くて13万円なのですが・・・。

リッツカールトンやヒルトン、シャングラなどのゴールド会員になることができるので
宿泊したときに、アップグレードや朝食サービスなどのサービスを受けることができます。

空港ラウンジが使えるプライオリティパスもついているので、海外旅行するときにかなりの恩恵がありますね。

また、コンシェルジュサービスが使えて、旅行やチケットを電話一本で手配してもらえます。

そして、何よりもお得なのが、2名以上での食事をするときに、1名分が無料になるというサービス。

対象になっているお店が全国にあるので、接待やもてなしなどにとても便利です。

もちろん、他のクレジットカードでも様々な特典がついているので、
特典についてよく検討したうえで、適したカードを選んでください!

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 検索エンジンのアルゴリズムが変更されて、コンテンツSEOが重視されるようになりました。ひと言…
  2. 起業した人が、まず目指すのが年収1000万円。ちょうどキリのいい数字なので、目標に掲げる人が…
  3. 「アフィリエイトは今から始めてももう遅い」「アフィリエイトは完全に市場が飽和している」「アフ…

PAGE TOP