あなたは、どのターゲットに商品を売りますか?

新幹線には、グリーン、指定席、自由席の3つの席がありますが、

もしあなたが自分の商品を売るときに、
どの席に座っている人を対象にしますか?

お金持ちが乗っていそうなグリーン席の客でしょうか。
それとも、人数が多い指定席に座っている客でしょうか。

いろいろな考え方があると思いますが、
基本的にこの質問をすると、ほとんどの人は
グリーン、指定席、自由席のいずれかを選ぶんですよね。

そもそも、それがダメなんです。

完全に絞り込むという昔からの戦略論に捉われています。

考えてみてください。

日本は、人口減少によって市場が縮小します。

そんななかで、絞り込むことで、ビジネスが拡大すると思いますか?
従来の戦略論に従って市場を絞り込んだら、確実に儲からないでしょう。

もう、従来の常識は捨てましょう。

そして、人口減少による急速な市場縮小に対応した新しい発想を持ってください。

全部の層を対象にしよう!

では、どうすべきかというと、

わたしであれば、グリーン、指定席、自由席に座っている
すべての客を対象にビジネスを考えます。

例えば、グリーンに座っている人であれば、
会員制の限定された人だけがアクセスできる特別のサービスや
不動産、資産運用、相続、保険といったコンサルティングサービスを提供する。

指定席に座っている人に対しては、人数が多いので、ネットを使ってサービスを提供する。
もちろん、自由席の人と差別化するために、プレミアム感のある形で
ビジネスやサービスを考えます。

自由席に座っている人に対しては、
現金一括払いは厳しいので、分割払いの仕組みを導入したり、
月会費制のコミュニティビジネスを提供します。

このように、各層に対して、適したビジネス、適した仕組みを導入することで、
全部の層から収益があがることを考えます。

そして、これからの時代、この発想が大事になるんですね。

従来は、市場を細分化して、特定の市場に絞り込んでも、
売上や利益が見込めたのですが、これからの時代、そううまくはいきません。

市場が縮小しているので、細分化したとしても、
全部の層を対象にしていくことが大事です。

もちろん、全部の層に対して、共通のビジネス、
共通の仕組みを導入するという意味ではないので、勘違いしないでくださいね。

大事なことは、下手に絞り込まずに、全部の層を対象にしたビジネスを考えるということ。

ランチェスター戦略や弱者の戦略ばかりを学んできた人は
この発想がまったくないので、気をつけてください。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. オウンドメディアやフェイスブックなどを見ていると、明らかに「あ、コイツはニセモノだ」という輩がい…
  2. さて、今回は、メルマガアフィリエイトについてお話したいと思います。と言うのも、初心者にとって…
  3. お金が欲しい。お金を増やしたい。といった思いが強い人は、貯蓄に走りがちです。節約をし…

PAGE TOP