情報ギュウギュウ詰めの名刺は嫌われる

先日、セミナーでたっぷりと3時間、

「自分の大好きなことをビジネスにして、自由に、幸せに生きる方法」

についてお話してきました。

参加者におもしろいと思っていただいたようで、
終了後にたくさんの方から名刺をいただきました。

さて、もらった名刺を見てあらためて思ったのですが、
ほとんどの方が名刺にいろいろな工夫をしているんですね。

顔写真やイラスト、QRコードは当たり前。

名刺を2つ折りにして自己紹介や会社の情報を載せている名刺や
なかには、無料オファーを掲載している名刺もありました。

でも、率直にそれを見て思ったんですよね。めちゃくちゃキモチワルイと。

正直、ダサ過ぎて、わたしは絶対にそういう名刺を持ちたくありません。

では、なぜ、多くの人はそういった
情報をギュウギュウ詰めにした名刺を持っているのかというと、

「名刺は捨てられることはない。だから広告として使える!」

と思っているからなんですね。

かつて、わたしも名刺についてそのようにアドバイスしていた時期がありました。

でも、もはやそういう時代ではありません。

時代の流れを読めずに、何十年も前に流行ったことをやり続けているのはナンセンスです。

ぶっちゃけ、いいお客から嫌われるだけなので、
そういったダサい名刺を使うのはもうやめましょう。

情報ギュウギュウ詰めの名刺を使っている人は嫌われる

通常、名刺を出すときは初対面のときですよね。
挨拶をするときに、名刺を渡すわけですが、そんなときに、

  • ウチのビジネスは◯◯◯◯です。◯◯◯を理念にしています。
  • わたしの特長は◯◯◯で、あなたがもし◯◯で悩んでいるのであればかならずお役に立てます。
  • 今なら◯◯◯◯を無料でプレゼントしているので、ライン登録してくださいね。

というようなことを、初対面時にいきなり言われるわけですよね。

どう考えても、異常ですよね!?
完全に狂っているとしか思えません。

人間関係が構築されてもないのに、
初対面でいきなりアツいアピールをぶちかましても、相手は引くだけでしょう。

考えてみてください。

もしあなたが、合コンで初対面の相手に、
挨拶するときにこんなにアツく迫ったらどうでしょうか。

まあ、間違いなく嫌われるでしょうね。もしかしたらビンタされるかもです。

そして、合コン参加者全員が

「アイツにはちょっと気をつけよう」

という感じになるでしょう。

完全に空気が読めない奴だと思われて避けられてしまうわけです。

まさに、そういった名刺を使っている人は、
まったく同じことをやっているんだということに気付いてください。

「お客との接点ができる」
「話すきっかけになる」

という反論があるかもしれません。

でも、情報ギュウギュウ詰めの名刺を使っている人は、
自分の言いたいことだけを言っているだけなんですよね。

気の弱い人には通用するかもしれませんが、大抵の人からは嫌われるでしょう。

名刺のせいで失客している恐れすらあるわけです。

本当の不振の原因は何かを考えよう

起業したばかりの人で、名刺にこだわる人がいますが、
はっきり言って、無駄なのでやめてください。

お客がとれないのは、名刺が悪いからではありません。
お客に興味を持ってもらえないのは、名刺が原因ではありません。

名刺を工夫しようとする前に、

  • なぜ、お客がとれないのか。
  • なぜ、興味を持ってもらえないのか。

本当の原因を突き止めることを優先してください。

ビジネス不振の原因が、名刺にあることはありません。

服装、態度、傾聴、コミュニケーション、質問の仕方、プレゼン内容など
原因は名刺以外のことにあるはずです。

オウンドメディアやソーシャルメディア時代に名刺は不要

そもそも、初対面のときに名刺交換をするという考え方すら間違いなんですね。

オウンドメディアやソーシャルメディアで発信しておいて
事前にコミュニケーションをとっておけば、名刺交換なんて必要ありません。

名刺交換しなければならないという
ビジネススタイルそのものを見直すべきでしょう。

いずれにせよ、名刺を工夫することに時間を使っているのであれば、
もっと他にやるべきことがあるはずです。

何でもかんでも情報をギュウギュウ詰めに盛り込んで、
自分の言いたいことを全部名刺に言われるというのは、相手から嫌われるだけなので注意しましょう。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 厚生労働省が、働き方改革としてサラリーマンの副業や兼業を後押しするガイドラインを発表。政…
  2. 起業塾や創業スクールといったところで講師をしていると、受講生からかならず聞かれるのが、人脈づくり…
  3. 人生やビジネスでは、大きな転換期がかならずあります。その当時ははっきりとわからないことが多い…

PAGE TOP