シンガーソングライター「スガシカオ」流起業術

スガシカオさんというと、シンガーソングライターとして活躍しながら、
SMAP、KAT-TUN、嵐、森高千里といった有名アーティストに楽曲を提供。

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」の主題歌「Progress」でもお馴染みですね。

そんなスガシカオさんに興味を持ったのは、某雑誌のインタビュー記事がきっかけでした。

記事ではデビュー当時の話が語られていたのですが、
起業に関してとても大事なことが書いてありました。

どのようなことが書かれていたのかというと、

やりたいことが見つからない人から「今何をすべきか」という質問を受けたら、

とにかくお金を貯めろとアドバイスするといったお話でした。

実際、スガシカオさんもサラリーマン時代にお金を貯めて、
メジャーデビューを果たしたそうで、

チャンスを掴むには、貯金が必要だということを強調しています。

貯金で生活しながら楽曲づくりに専念


スガシカオさんは、会社員として4年半、働いていましたが、
デビューを目指して、会社を辞めて、楽曲づくりに専念することにしました。

会社を辞めたときは、まだ5曲ぐらいしかなかったそうで、
曲作りをするために会社を辞めたそうです。

当然、会社を辞めたら収入が断たれるわけですが、
普通の人はアルバイトをして食いつなぐんですよね。

しかし、スガシカオさんは違っていました。

楽曲づくりに専念するために、サラリーマン時代の貯金で生活費をまかなったんです。

そうすれば、アルバイトをしなくても、曲を作ることだけに集中することができます。

また、デモテープづくりの費用もその貯金でまかなったそうです。

世の中にデビューを目指して頑張っている人はたくさんいますが、
ほとんどの人はアルバイトをしながら活動しています。

しかし、結局、生活苦で曲作りに専念できずにデビューを諦めてしまうんですね。

つまり、デビューできる人とデビューできずに諦める人との差は、こういったところにあるわけです

アルバイトをしながら生活費を稼いで起業する方法はお勧めできない!


起業も同じで、起業したらまずはビジネスだけに集中することが大事です。

しかし、生活するお金がなかったら、当然集中することはできません。

収入を得るためにアルバイトをすることになりますが、
アルバイトをしたら、当然時間がとられます。

自分のビジネスに集中することができなくなります。

なので、なかなかビジネスを軌道に乗せることができなくなるんですね。

実は、わたしも、起業した直後は、アルバイトをしていた時期がありました。

交通誘導や携帯の販売などのアルバイトをしていましたが、
アルバイトが終わってから睡眠時間を削って仕事をしていました。

慢性的に寝不足状態でとても辛かったのを今でも覚えています。

当然、寝不足では生産性も落ちてしまうわけです。

なので、わたしがやったようにアルバイトをしながら
生活費を稼いで起業する方法はお勧めできません。

起業するときは経済的基盤をつくっておくことが大事


スガシカオさんのように、1年ぐらいは働かなくても食べていける
生活費を確保しておいて、起業するのがベストな方法です。

もしくは、パートナーに養ってもらう、両親から支援してもらうなど、
何らかの経済的な基盤を築いておくことが大事。

起業した人の多くが、1年以内に諦めてしまうのは、
ほとんどの人が、収入がたたれて生活できなくなるからです。

起業してもすぐには売上はたちません。

また、広告やウェブ関係、仕入れなど、
いろいろなものにお金がかかるので、どうしてもお金を先出することになります。

そして、お金に苦しくなってくると、途中で心が折れて
最終的にサラリーマンに戻ってしまうわけです。

なので、起業するときは貯金、もしくは経済的基盤を確保しておいてください。

そういった意味で、サラリーマン時代に貯蓄しておいて、
生活費やデモテープ作成の費用に使ったスガシカオさんのやり方は
まさにベストの起業の仕方だと言えるでしょう。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. こんにちは、島倉です。例年にない寒い年だと言われていますが、そんな寒空の下で吉野家の…
  2. 副業を始めたいと言っても、転売やアフィリエイト、クラウドワーキングなどいろいろなビジネスがあるの…
  3. 店舗ビジネスでは、お客を集客するために、広告を売ったり、チラシや折り込みを入れるなどの方法があり…

PAGE TOP