放っておいても売れるのは◯◯◯の商品、頑張っても売れないのは◯◯◯の商品

良い商品であっても売れないことはよくあることですが、

なぜ、売れないのか、根本的な理由をわかっている人はとても少ないです。

商品には、放っておいても勝手に売れてしまうものと
頑張っても売れないものの2つのタイプがあることを、ご存知ですか?

しかも、それは、売れるかどうかが事前にわかるんですね。

なので、起業して成功したければ、絶対に放っておいても売れるものを扱うべきです。

しかし、ほとんどの人はそれがわかっていないので、
頑張っても売れないものを選んでしまうんですね。

当然、そうなると、起業してもうまくいかずに失敗してしまうわけです。

放っておいても売れる商品は解決系の商品

では、放っておいても勝手に売れてしまうものと、
頑張っても売れないものとは、何でしょうか。

まず、放っておいても売れるもの。それは、悩みを解決する商品です。

  • 売上があがらない。
  • 思ったように痩せられない。
  • シミやシワが気になる。
  • 髭が濃くて悩んでいる。
  • 良い出会いに巡り合えない。

などは、全部、悩みです。

悩んでいる当人は、相当困っているので、今すぐにでも解決したいと思っていますよね。

なので、悩みを解決する商品は、放っておいてもいつでも売れてしまうんです。

だからこそ、起業するのであれば、絶対に悩みを解決する商品を選ぶべきです。
悩みを解決する商品であれば、正しいマーケティングを行えば、確実に売れるでしょう。

頑張っても売れない商品は予防系の商品

一方、頑張っても売れない商品は、問題が発生しないように予防する商品です。

例えば、火災報知器や防災グッズはその典型的な商品です。

近所で火災が頻発している、
過去に地震で被害を被ったというような経験があれば、
関心を持ってくれるかもしれませんが、

普通に生活していれば、
火災や地震には無縁なので、商品の必要性を感じませんよね。

人間は、将来について楽観的で、深くは考えていないので、
予防するということについては、ほとんど意識が向きません。

つまり、余程のことがない限り、予防系の商品を欲しいとは思えないわけです。

「いつか必要になるから、備えとして買っておきましょう」という商品は、とても売りにくい。

なので、予防系商品での起業は、なるべく避けてください。

予防系の商品を売るための対策

では、もうすでに予防系の商品でビジネスをしている人は、どうすればいいでしょうか?

諦めるしかないでしょうか?

いえ、安心してください。ちゃんと対策があります!

もしあなたが予防系の商品を売っているのであれば、

  • 今、お客が困っていること。
  • 今、お客が悩んでいること。

を洗い出して、その商品でお客が抱えている問題や悩みが解決できないかを考えてみてください。

つまり、予防系の商品を、解決型の商品として売るということです。

やはり、売りやすいのは、お客が悩んでいること、困っていることを解決できる商品です。

これについては、厳然たる事実なので変えようがありません。

なので、現在あなたが扱っている予防系の商品が、
お客が抱えているどのような問題や悩みを解決できるかを考えてください。

それができれば、間違いなく予防系の商品でも売れるようになるでしょう。

大事なことは、お客が何について困っているのか、悩んでいるのかということ。

悩みや問題が理解できていなければ、商品を売りようがないので
お客が抱えている問題や悩みの洗い出しをしっかりと行ってください。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. ビジネスで成功したければ、指導してくれる先生、つまり、メンターから指導してもらうことが死ぬほど大…
  2. 終身雇用や年功序列、退職金制度といった日本型の雇用形態はすでに崩壊。現行の雇用形態で何とか逃…
  3. 今や知らない人はいないプロテニスプレイヤー錦織圭選手。数々の業績を残して、世界のトップ選手と…

PAGE TOP