新宿歌舞伎町ホスト界の帝王ROLAND(ローランド)に学ぶビジネスの要諦

最近、新宿歌舞伎町のホスト界を
騒がしている人物をご存知ですか?

その名は、ROLAND(ローランド)。

以前は、東城誠という名前で活動していましたが、2017年にローランド改名。
そして、2018年にテレビ番組に登場するやいなや、あっという間に有名人に。

なんと、まだ20代前半で、年収は3億円越えしているとのこと。

そして、彼が話題になっているのは、年収だけではありません。

  • ホストなのに、お酒を飲まずに接客する。
  • 売掛(お店やホストがお代を一時的に建て替えること)なしに、キャッシュで支払ってもらう。
  • 40万円するホテルのスイートルームに住んでいる。

といった、他のホストとは別格の豪華な生活。

そして、何よりも自身から繰り出される
自信に溢れた名言が多くの人を虜にしているんですね。

そんな、ホスト界帝王ローランドさんからビジネスの要諦について学びましょう。

ローランドのプロフィール

まずは、ローランドさんのプロフィールについて、ご紹介します。

オフィシャルサイトによれば、

1992年に東京で生まれる。
高校卒業後すぐに大学を中退し18歳でホストデビュー。
1年間の下積み時代を経た後、歌舞伎町の数々の最年少記録を更新し、
20歳にして当時所属していた店舗の代表取締役に就任。

2013年KG-produceに、現役ホストとしては史上最高額の移籍金で移籍。
その後は数々のテレビ番組に出演するなどタレントとしても活躍。

2017年度に4200万円を売り上げ店舗最高記録を樹立すると共に年間売り上げも1億7000万Over。

2018年には月間6000万を売り上げグループの個人最高売り上げ記録を樹立。

名実共に歌舞伎町のトップホストとして現代ホスト界の帝王と称されている。

執筆活動や多数のメディア出演もこなす。

ということで、従来のホストとは違う型破りなスタイルが
女性だけでなく、男性からも支持されています。

ローランドの自信に満ち溢れた数々の名言

そして、何よりも注目すべきは彼の自信に満ちた名言。

ホストには2種類しかいない。
売れてる、売れてない?
イケメン、イケメンじゃない?
そんなことじゃないよ。
俺か、俺じゃないか。その2種類だけ。

俺は、お酒は飲まない。ずっとそう言ってる。
それなのに、一緒に飲もうよ、とお客さんから言われたら、

「俺はガキのおもちゃじゃないから、遊び方知らないなら、他に行って」

と、はっきり言う。

若者にとっての「ランド」の定義が
「ディズニーランド」から「ローランド」に変わるのに、そう時間はいらないさ。

女が俺に落ちてるんじゃない、俺様が上がってるの。

世の中に俺の事を指名したくない女なんて存在しない。
いるのは俺の事を指名したいけど勇気がなくて指名できない女、
そして俺の事を指名する勇気があった女。

俺が本気でホストをしたらフランスのブドウ畑が絶滅するので
政府から出勤を制限されている。

酒は何を飲むかじゃなくて誰と飲むか。でもなくて俺と飲むかだ。

など、数えきれないぐらいたくさんの名言があります。

もちろんこういった発言は万人受けしないので、ネットではよく炎上しているようです。

「半分に愛されればそれでいい」の本質を理解しよう!

では、当のご本人はこういった発言についてどう思っているのでしょうか?

某テレビ番組で、

「こんな発言をしていて、お客さんの反応は?」

という質問をされたときに、
ローランドさんは、笑って

半分引いてるよね。
でも、ナンバーワンに登り詰めるためには、全員から愛される必要はない。
半分に愛されればそれでいい。

と回答していました。

実は、これこそがとても大事なことなんですね。

ホストに限らず、ビジネスでもまったく同じことが言えます。

周りの目を気にして、当たり障りのないことを言っていても、誰も気に留めてくれません。

誰にとっても耳障りのいいことを言っても、誰も興味を持ってくれず
無関心の状態で終わってしまうんですね。

ホスト界でも、ビジネスでもそれでは意味がありません。

自分に興味を持ってもらうことが大事。

そして、自分に興味を持ってもらうには、全員に好かれようとしないこと。

一部の人を敵に回してでも、尖がった言葉を投げかける。
ターゲットに対して刺さるメッセージを送るべきです。

まさにこれは、わたしがオウンドメディアでの発信について
教えている内容とまったく同じですね。

全員に好かれようとしても、全員から興味を持ってもらえず終わるでしょう。

対象に振り返ってもらうために、他とは違った尖がりある
メッセージやコンテンツを配信していきましょう!

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. こんにちは、島倉です。数年前まで、日本は学歴主義で、大企業に就職するには、子…
  2. 副業やビジネスを始めてしばらく経つのに、思ったように稼げないという声をよく聞きます。では、副…
  3. こんにちは、島倉です。昨日、梅が丘にある美登利寿司に行って来ました。毎週、月…

PAGE TOP