FXで勝ちたければ、ファンダメンタルズに捉われるな!

FXを始めたいと考えていても、

世界経済の動きや相場の動向など、難しすぎて、自分にはとても無理だ

と思っている人が多いですね。

日々、わたしもトレードを教えていますが、
実際、生徒たちからそういった意見を聞くことがあります。

しかし、それはまったく勘違いです。

経済分析や金融政策は、確かに相場の動きに影響を与えますが、
そういったいわゆるファンダメンタルズはどうでもいい話です。

我々がFXをやる目的は、ただひとつ。利殖、お金を増やすことだけです。

経済や相場を語っているエコノミストやアナリストになるわけではありません。

ぶっちゃけ、彼らが言っていることはすべて後付けなんですね。

わたし自身もそうですし、教え子やお付き合いのあるプロトレーダーたちは
全員が、ファンダメンタルズでトレードをしていません。

実際のトレードで大事なことは、

いかに有利なところでポジションをとって、利確をするかということ。

小難しい経済政策や金融論といったファンダメンタルズを理解するよりも、
トレードで着実に利益を積み上げていくトレード術を学ぶことが重要です。

わたしは、FXは技術であると考えています。

技術なので、きちんと学び、トレーニングをすれば誰でも身に付けることができます。
ある程度のトレーニングを繰り返すことで、確実に利益をだせるということです。

では、そのトレーニングとは何かというと、

チャートのパターンを分析して、有利なポジションをとる、
または利確、損切を適格に実行するということです。

分析には、インディケーターと呼ばれるものを使います。

インディケーターを使って、値動きのパターンから
有利なポジションを見つけるのが、いわゆるテクニカル分析です。

当然、テクニカル分析を使って、100パーセントうまくいくことはありません。

相場は生き物なので、ちゃんと損切りラインを決めておいて
自分が想定したシナリオとは異なる動きに対して適切な対処をすることが大事です。

さらに、そのうまくいかなかったパターンについても、
記録をとっておき、なぜうまくいかなかったのかを徹底して分析して、
次からのトレードに活かしていくことが必要です。

分析、実践、分析、実践、を繰り返していくことで、
自分オリジナルのトレード技術が確立されるわけですね。

さて、話を戻しますが、テクニカル分析で見るのは、チャートパターンです。

世界経済の動向や各国の経済、金融政策、政治状況、経済指標といったものは、
確かに相場に全部影響を及ぼすのですが、

わたし自身は、それらは全部チャートのなかに組み込まれていると考えています。

なので、経済指標を予測して、相場を読もうとしても、間違いなく失敗するでしょう。

FXで勝ちたければ、経済指標や金融政策などから相場を先読みしようとしないこと、
つまり、ファンダメンタル分析とは決別してください。

わたしたちがやるべきことは、相場を読むことではありません。利殖、ただそれだけです。

相場を読むというのは、完全にトレードの本質から外れています。

FXは、技術。だからこそ、経済分析や相場予測なんてしなくても勝てるんですね。

さらに、技術なので、学べば誰でも身に付けることができるので、
正しい方法を学んで、トレーニングをすれば、絶対に勝てるわけです。

なので、本質から外れているファンダメンタル分析に捉われてはいけません。

例えば、Youtubeやニコニコ動画で公開されているトレーダーの結果を見れば、
ファンダメンタルズに頼ったトレードがいかに危険なことかがわかるでしょう。

繰り返しますが、全部はチャートに組み込まれています。

だからこそ、経済指標に捉われることなく徹底してチャートを見てください。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 資産1億円と言っても、所詮は他人事。あまりにも額が大きすぎて、実感がないという人も多いですが…
  2. 「給料が少ないので、収入を増やしたい!」「お金に追われる生活から抜け出したい!」「自分のやり…
  3. 最近、レジリエンスという言葉をよく聞くようになりました。レジリエンスとは「逆境から回…

PAGE TOP