経験は不問。初心者でも稼げるのがFXだ!

FXでかならず話題になるファンダメンタルズについて考えてみましょう。

そもそも、ファンダメンタルズって何でしょうか。

経済の基本的要件であると説明されていますが、

株取引では、企業の業績や業界の動向、
FXでは、金融政策や指標発表、

を意味することが多いですね。

しかし、世の中の多くのトレーダーは、ファンダメンタルズを拡張解釈して、
何でもかんでもファンダメンタルズと言っていることがほとんどです。

例えば、要人の発言や事件、ニュースなどは、
確かに、株価や為替に影響を与えますが、本来のファンダメンタルズとは意味が違います。

要は、チャートパターンをテクニカルで分析できていないトレーダーは、
何でもかんでもファンダメンタルズに組み込んで、適当なトレードをしているだけなんですね。

目先の情報に飛びついて、それをファンダメンタル分析だと称してトレードするから
全資金を溶かしてしまうことになるわけです。

ファンダメンタルズを全否定するつもりはありませんが、万能でないことは明らかです。

例えば、過去に米国の中央銀行FRBが金利をあげる政策を発表しました。

ファンダメンタルズのセオリーからすれば、
金利引き上げをすれば、ドル円は上昇するはずです。

しかし、実際には、セオリー通りには動きませんでした。

本来、ドル円はあがるはずなのに、下落したわけですね。

しかし、そういった値動きを見て、エコノミストやアナリストたちは、

「利上げは織り込み積みだった」
「◯◯が影響してあがらなかった」

などと、後だしじゃんけんであれこれ解説してくるわけです。

本当にそうなのかもしれませんが、トレーダーの立場からしたら、
後から言われてもそれはまったく利益につながりません。

トレードで一番やってはいけないこと、それは相場を予測すること。

将来の値動きを当てようとすることは、トレードの本質から大きく外れていると言えるでしょう。

別にトレードだけに限った話ではありませんが、
将来を予測するなんて、馬鹿げた話なんですね。

自然災害や事故、政治の混乱、経済事件などを、あらかじめ予想できるでしょうか。

仮に、予想できたとしても、それらがトレードに全部影響するかというと、そうではないんですね。

負けトレーダーは、相場を先読みすることが大事だと思い込んでいるが、それが最大の敗因です。

相場を先読みすることは絶対にできません。相場を読むという発想を捨ててください。

では、確実に利益をあげるには何が大事なのかというと、

それは、ファンダメンタルズに関する情報でトレードするのをやめて、
チャートパターンをテクニカルで分析をして、有意なポジションをとることです。

つまり、正確なテクニカル分析を身に付ければ、過去の経験は関係ないんですね。

初心者でも、正しい方法を学べば、かならず勝てる。

逆に、経験豊かな人でも、正しい方法を学ばなければ、
何年経っても結果を出すことはできないということです。

ファンダメンタル分析は、全部後付けなので、当てにはなりません。

損小利大で、稼いでいくには、テクニカル分析を学ぶことに集中してください。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 人生がつまらないと感じている人が増えているようですね。人生がつまらないと感じるのは、1日の時…
  2. DHMO(Dihydrogen Monoxide:ジヒドロゲンモノオキシド)という危険な液体をご…
  3. こんにちは、島倉です。ネットビジネスの代表格と言えば、アフィリエイトですね。ブログやメルマガ…

PAGE TOP