余計な情報に惑わされることなく、チャートパターンを分析して適切にトレードしよう!

わたしは、生徒さんに対して、とにかくチャートを見ること。

プライスアクションを分析して、有利なポジションをとることが大事であることを
死ぬほど繰り返して力説して
います。

が、ファンダメンタルズでトレードしている人からしたら、

「金融政策や指標が相場に影響を及ぼすのに、チャートだけを見ていていいのか?」

と思うかもしれませんね。

確かに、金融政策や経済指標は大事です。

わたしも、全部無視しろとは言いません。

いや、むしろ、そういったファンダメンタルズは、
全部チャートに織り込まれていると考えているので、

手法としては、テクニカル分析を用いていますが、
結果的には、ファンダメンタルズも考慮していると言えるでしょう。

わたしが、FXで勝てない人に言いたいのが、
ファンダメンタルズだけを見てトレードしてはいけないということです。

実際、ファンダメンタル分析だけで、痛い思いをしている人はたくさんいるんですね。

例えば、米国大統領選挙のドナルド・トランプが当選したときのこと。

大半のマスコミが、ヒラリー・クリントンが当選すると予想していました。

万が一、トランプが当選した場合は、政治が混乱して、
株もドルも売られて急激な円高になるだろうと、エコノミストやアナリストが予想していました。

確かに、トランプが大統領に選出さることが濃厚になったときは、ドル円は急落しましたが、
その後は一気に上昇トレンドになったんですね。

上昇トレンドになったとたんに、ネットでは阿鼻叫喚だったことを覚えています。

このように、ファンダメンタルズだけを見ても、
かならずしもその通りには進んでいきません。

しかし、チャートパターンを分析して、
プライスアクションに合わせてトレードしていた人は、
上昇トレンドをうまくつかんで、大きく稼げたわけです。

はっきり言って、米国大統領にトランプが選ばれたら円高になる

というのは、勝手な妄想。完全にただの思い込みです。

もはやそれは、ファンダメンタル分析でも何でもなく、ギャンブルだと言ってよいでしょう。

我々がやるのは、相場を読むことではなく、プライスアクションを見て、
有利なポジションをとり、確実に利益をあげることです。

FXは、ゼロサムゲームの世界なので、誰から勝ち、誰かが負けるんですね。

だからこそ、勝ちたければ、勝つための本物のトレード技術をしっかりと身に付けることが大事。

ファンダメンタル分析と称して、いい加減な分析に終始したり、
エコノミストやアナリストの言うことを鵜呑みにするのは以ての外。

徹底してテクニカル分析を学び、繰り返しトレーニングをすることで、
厳しい ゼロサムゲームのFXで勝つことができるようになるわけです。

ファンダメンタルズ信仰を捨て、テクニカル分析をマスターすることに注力しましょう。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 某事件の死刑執行で、世間では死刑制度に注目が集まっていますが、日本の司法制度では、極刑として死刑…
  2. 起業してうまく行かない人、思ったような結果が出せない人は、取り組んでいるビジネスのジャンルが違っ…
  3. 毎日がむしゃらに頑張るだけでは、夢をかなえることはできません。夢をかなえるために大事なことは、夢…

PAGE TOP