社長は病気や持病を言い訳にするな!

「病気になったので、参加できなくなりました!」
「体調が悪いので、今回はキャンセルさせてください!」

セミナーが近づいてくると、こういう人がかならず出てきます。

セミナーに行くのが面倒くさくなったので、
行かない理由を正当化するために、こういったことを言っているのか、

もしくは、本当に病気になったり、体調が悪くなったりして、
言っているのか、どちらかはわかりませんが・・・。

もし、後者のように、本当に病気になったり、体調が悪くなったとしたら、
はっきり言いますが、ビジネスのセンスがないので、諦めてください。

と言うのも、本当に参加して、学びたいと思ったら、病気になんてなりません。

仮に、病気になったとしても、
体調の悪さを吹き飛ばすぐらいの意欲があれば、
参加できるはずなんですね。

なかには、持病があるのでという人もいるかもしれませんが、
そういった人も、やる気があれば持病すら気にならないはずです。

わたしも、過去に尿管結石で激痛を抱えながらセミナーに参加したことがありますが、

不思議とセミナー中は痛みを感じませんでした。

セミナー終了後に、激痛が復活して、痛み止めを飲んで、這うようにして自宅に戻りましたが。

病気や持病を言い訳にする人はビジネスのセンスがない


病気だとか、持病を言い訳にする人は、ビジネスで成功するセンスがないと言ってよいでしょう。

「そんなの横暴だ。お前に持病の辛さの何がわかるんだ!」
「体調不良の人が欠席して何が悪いんだ!」

と思われる人もいるかもしれません。

そう思うなら、それで構いません。それについて否定はしません。

ただ、病気や体調不良、持病を主張したところで、
誰も助けてはくれないし、現実は何も変わらないですよ、ということです。

ビジネスとはそういうものです。

厳しく聞こえるかもしれませんが、病気や持病を言い訳にしないでください。

病気になる原因はビジネスの不振にある


そもそも、なぜ病気になるのかというと、
実は、ビジネスがうまく行っていないことが原因になっている可能性が高いんですね。

売上不振の状態が続けば、強いストレスがかかるので、病気がちになるでしょう。

だからこそ、ビジネスで成功することを何よりも優先する必要があるわけです。

例えば、うつ病になった場合、うつ病を治してからビジネスに取り組むのではなく、
ビジネスで成功させることを優先してください。

結果、うつ病も治ってしまうからです。

社長のうつ病を治す特効薬は、ビジネスを成功させること。

売上をあげられるようになれば、不安は解消されるので、自然とうつ病も治るわけです。

もちろん、ちゃんと通院することも大事ですが、
まずは、体調不良の原因であるビジネス不振を改善することが大事であることを理解してください。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. こんにちは、島倉です。ネットでも、リアルでも、見込み客に行動してもらうには、セールスライ…
  2. 「アフィリエイト」という言葉を聞いて、どのような印象を受けますか?「聞いたことあるけどよくわ…
  3. Facebook、Twitter、Instagram、YouTubeと新しいメディアが次々に誕生…

PAGE TOP