元サッカー日本代表中田英寿さんの自信の持ち方に学べ!

ビジネスで成功するには、

戦略やノウハウ、テクニックなども大事ですが、
もっとも大事なのはやはり自分に対して自信を持つこと。

自信が持てれば、積極的に行動できるので、
根拠がなくてもいいので、自信を持つことが
ビジネス成功の必須条件と言えるでしょう。

なので、わたしもクライアントには
自信を持つようにアドバイスしています。

とは言っても、自信を持てと言われても、難しいですよね。

そこで、今回は、自信の持ち方について
元サッカー日本代表である中田英寿さんの話を事例に解説します。

中田英寿さんが海外移籍する前のエピソード

中田英寿さんと言えば、

元サッカー日本代表であり、
セリエA、ペルージャ、ローマと海外で活躍した選手で
現在は実業家として活躍されています。

そんな中田さんがまだベルマーレ平塚に在籍していたときの話。

中田さんの海外移籍の話題がマスコミを騒がせていました。

連日、スポーツ関係の記者が
中田さんに取材をしていたのですが、

ある日、中田さんと親しいある記者が

「言葉については、大丈夫ですか?」

と質問しました。

すると、中田さんは、

「今プライベートレッスンを受けているので、大丈夫です!」

と、自信たっぷりに答えていました。

そんなやり取りから数日後、その親しい記者が
中田さんが海外の記者から簡単な英語で質問されたときに

「オッケー!」

と答えている様子を見ました。

英語の質問が理解できていないので、
適当に答えているなと思ったそうです。

中田英寿さんが海外移籍した後のエピソード

その後、中田さんは海外のチームに移籍して活躍。

会見では、記者からの英語での質問に対して
通訳なしで答えられるようになりました。

ある日、先ほどの記者が中田さんに

「英語、凄くうまくなりましたね。」

と言ったところ、

「いや~まだまだです。これからもさらに練習しないといけないですね」

と中田さんは答えたそうです。

中田流自信の持ち方の本質

中田さんは、

実力がないときには「大丈夫」
実力があるときには「まだまだ」

と答えていました。

つまり、

結果が出ていないても、大丈夫だと確信している。
結果が出るようになっても、まだまだイケるということで精進する。

ということです。これこそが本物の自信の持ち方だと言えるでしょう。

普通の人は、

実力がないときには「まだまだ」
実力があるときには「大丈夫」

と考えがちなんですが、こういった考え方では成長につながらないんですね。

恐らく、挫折して終わることになるでしょう。

実力がないときにこそ、自分を信じて頑張る。
実力があるときこそ、慢心せずにひたすら努力を重ねる。

こういった自身の持ち方が大事です。

結果が出ていないときに、自分はダメだななんて思わずに、
自分は大丈夫。絶対に結果は出せると思って頑張ってください。

そして、結果が出るようになっても、慢心せずに努力を重ねていきましょう!

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. さて、今回は、メルマガアフィリエイトについてお話したいと思います。と言うのも、初心者にとって…
  2. 商品が売れなかったり、売上が伸びないときに、商品の値段を下げて何とかしようとする人が多いですね。…
  3. 最近は、ビジネスに関してのコンサルだけでなく、着実に資産を増やししていくトレード手法を教え…

PAGE TOP