逆イールド現象が発生!本格的な不況に備えて今すぐに手を打て!

2019年3月25日、株式市場が急落しました。

その理由は、米国債10年物の利回りが3カ月物を
11年半ぶりに下回る長短切りの逆転現象、

いわゆる逆イールド現象が起きたことが原因でした。

逆イールド現象の恐怖を知っている方は、動揺されたかもしれませんね。

と言うのも、過去30年間、

  • 1991年の不動産バブル崩壊
  • 2001年のITバブルの崩壊
  • 2008年のリーマンショック

の3回あった不況は、逆イールド現象を端に発生しているからなんですね。

正確に言うと、10年物の利回りが、2年物より低くなると
間違いなく不況になると言われていますが、

今回は、まだ3カ月物なので、大不況になるとまでは言えません。

が、だからと言って、油断は禁物。手をこまねいていてはいけません!

来るべき不況に備えて、積極的に手を売っていいくことが大事。

では、具体的に何をしたらいいでしょうか。

不況時は、新規客の獲得よりも、リピート重視の経営を!


2008年に発生したリーマンショックでは、
都内でたくさんの飲食店が潰れました。

不景気で、給与があがらず、雇用も安定しないことから
外食する人が減って、内食がブームになるほどでした。

当時、わたしがご支援していた飲食店も
かなりの危機的な状況に追い込まれましたが、

事前に手を打っていたので、なんとか乗り切ることができました。

では、実際にどうような手を打ったのかというと、

それは、新規客の獲得からリピート重視の経営にシフトしたことです。

派手な広告宣伝は控えめにして、既存客にリピートしてもらうことだけに専念しました。

具体的には、「貧乏店が繁盛店に生まれ変わる4つの秘策」でも書いたように、

  • アンケート調査
  • サンキューレター
  • ニュースレター
  • セールスレター

を実施してもらい、既存客の囲い込みを徹底。

無事に危機を回避することができたわけです。

早く手を打つことが大事。今すぐにリピート施策を打て!


仮に、数年内に世界規模の不況が起きたら、
先ほどお伝えしたようにリピート重視の経営にシフトしてください。

予算をかけて宣伝をしても、新規客を獲得するのは難しいので、
既存客にリピートしてらもうことに専念しましょう。

リーマンショックのときは、まだSNSが普及していませんでしたが、

現在は、フェイスブックやインスタ、ユーチューブなど、
顧客と繋がるメディアがあるので、それらを活かしていくべきです。

また、ネット時代だからこそ、紙媒体でのコミュニケーションも大事。

葉書や手紙を使った、自筆でのサンキュレター、ニュースレターは
既存客との関係維持に効果的なので、面倒臭がらずにやるべきでしょう。

そして、何よりも大事なのは、早く手を打つこと。

不況になってからリピート施策を始めても間に合いません。
場合によっては、対策の遅れが致命傷になるでしょう。

なので、来たるべき不況に備えて、今すぐに本気でリピート施策を始めてください。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. ネットビジネスで稼ぐには、オウンドメディアやブログを構築して記事を書いていくことになるわけですが…
  2. 創業塾や起業セミナーに参加すると、かならずやるのが経営計画書の作成。5年後、10年後の目標を考え…
  3. こんにちは、島倉です。東京の湾岸部は建設ラッシュ状態で、新しいマンションが次々建設されて…

PAGE TOP