結果を出している受講生に見られる共通点

ついに、新しい元号「令和(れいわ)」が発表されましたね。

日本人として親しみのある万葉集から取られた言葉で、

「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」

という意味が込められているとのこと。

これからやってくる新しい時代に向けて
期待と希望が持てるとてもよい元号ではないでしょうか。

さて、新元号が発表された記念すべき日に
数多くの成果報告が飛び込んできました。

おもしろいことに、成果報告が来るときは、
かならずいくつかの報告が重なるんですよね。

さて、今回、報告してくれた受講生見ていると、
全員に共通しているポイントがあるのですが、

そのポイントこそが、ビジネスで成功するための決定打とも言えるものなんですね。

そこで、今回は、結果を出している受講生に見られる共通点についてお話します。

繰り返し学習している

まず、全員が、繰り返し、繰り返し学習していること。

例えば、資産構築型オウンドメディアマーケティング講座でも、
結果を出している人は、かならず繰り返し講義を見ています。

というのも、同じ内容の講義であっても、
自分の成長段階に応じて、響いてくるポイントや重要な部分が違ってくるからなんですね。

なので、もうすでに稼いでいる受講者ですら、講義を見て

「見るたびに新しい気づきがあるんですよね」

と言ってくれています。

はっきり言って、1回、または数回見た程度では、学習しているとは言えません。

講義の全部を暗唱できるぐらいに繰り返し見ることが大事です。

学んだことを素直に実践している

もはや、これについては言うまでもありませんが、
学んだことを素直にやる、即行動に移すことが大事です。

「講座ではこう言っているけど、自分はこっちの方がいいと思う」

ということで、教えている内容を勝手にアレンジして
自己流でやる人がいるのですが、絶対にそんなことをしても結果を出すことはできません。

効率的、かつ効果的に結果が出るように
知識やノウハウを体系的にまとめて教えているので

とにかく学んだことをそのまま忠実に行動に移してください。

もちろん、講義を見るだけで、行動に移さないのは論外です。

とにかく学んだらすぐに始める。講義で教えた通りにとにかくやってみてください。

結果が出るまでやり続けている

ビジネスだけでなく、スポーツでも、勉強でも、すべてにおいてそうですが、
やったらすぐに結果が出るものなんてありません。

やはり、訓練、トレーニングを積み重ねる必要があります。

なので、1回やってみて、結果が出ないから諦めるというのは、あまりにも幼稚です。

正しい方法を学んだから、とにかく結果が出るまでやり続けることが大事。

繰り返し、粘り強くトレーニングを重ねるからこそ、
ビジネスでも、スポーツでも、勉強でも、
結果が出せるようになるわけですね。

簡単に諦めずに、結果が出ると信じてやり続けましょう。

明るい未来を強烈にイメージしている

努力しても、頑張っても、結果が出ないときってありますよね。

そういったときは、明るい未来を強烈にイメージしましょう。

結果を出している人たちは、

「結果を出して、自分がどのような未来を手にしているのか」

ということを、具体的、かつ明確にイメージしています。

つまり、自分でアファーメーション(自己暗示)しているんですね。

なので、心がいつもポジティブな感情で埋められているので、
挫折することなく、結果を出せるようになるまで頑張れるわけです。

誰もが、結果が出ずに苦しいときはあります。

だからこそ、明るい未来をイメージして乗り切ってください!

次のステージを見据えている

結果を出している人を見ていると、

今やっていることの次に、何をやるのか、
明確な将来のビジョンを持っています。

要は、次のステージを見据えているわけです。

先ほどの明るい未来を強烈にイメージすることど同時に、
ビジネスにおいても次の一手を考えているわけですね。

なので、結果が出ないときに、落ち込むという
無駄なことに時間を使わないわけです。

とにかく前向きで、前のめりで打ち込む。

こういった姿勢が、結果を出すためには大事です。

継続的に成果報告をしている

結果を出している人は、かならずいずれかのタイミングで成果報告をしてくれます。

受講してから3カ月後、6カ月後、1年後。
年末や年度末、確定申告が終了したときなど、
キリのいいときにかならず報告してくれます。

やはり、ビジネスで大事なのは人と人との繋がりです。

報告があれば、こちらとしても、
何か新しいノウハウがあればお伝えできるし、紹介したくなる。

とにかく、何かしてあげたいという気持ちになりますよね。

もしかしたら、将来的にビジネスでコラボすることもあるでしょう。

仮にも、先生と生徒という関係性があったわけですから、
受講後に何の音沙汰もないというのはおかしいですよね。

いくら、ネットやスマホの時代といっても、
最終的に決め手になるのは人との繋がり、人脈です。

ビジネスを継続、発展させていくには、
繋がりを大事にすることを意識してください。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 集客、マーケティングの目的は見込み客を集めることですが、 肝心の見込み客の定義を間違っている人がか…
  2. 創業塾や起業セミナーに参加すると、かならずやるのが経営計画書の作成。5年後、10年後の目標を…
  3. 世の中の大半の経営者、または起業家は勉強していません。なので、勉強さえすればほぼ勝てると言…

PAGE TOP