鴻上尚史さんの人生相談の記事を見て思ったこと、感じたこと

劇作家の鴻上尚史さん。

昔、オールナイトニッポンのパーソナリティをされていて
学生のころ、眠い目をこすりながら聞いていました。

なので、学生の頃から鴻上さんが大好きなんですが、

そんな鴻上さんが、某雑誌で人生相談に答えている記事を見ました。

息子が、大学に入学してから、演劇部に入ってのめり込んでしまって
将来は、俳優にないたいと言いだした。

が、俳優として成功する確率は1パーセント以下。

俳優になれなかったら人生を棒に振るうことになるのではないかと
心配している父親からの相談でした。

そんな相談に、鴻上さんは次のように答えていました。

演出家として、もう40年近く俳優のオーディションを続けている。

最近、30歳になって初めてオーディションを受ける女性が増えている。

なぜ、今、初めてオーディションを受けるのかと聞いてみると、 驚くことにみんな同じようなことを答える。

「高校卒業のときに、俳優になりたくて
 オーディションを受けようと思ったけど親から反対された。

 大学卒業時に、今度こそオーディションを
 受けようと思ったが、やはり親に反対された。

 働いている間も、俳優になりたかった。

 でも、会社をやめてオーディションを受けようと思ったが
 親から反対されるのでできなかった。

 30歳になって、もう親に反対されても
 自分のやりたいことをやっていいんだと思った。だからオーディションを受けに来た」

みんな、台本があるかのように同じことを話している。

30歳になって、親に対して自分がやりたいことをしていんだと決意できたようでした。

さらに、鴻上さんはこう続けています。

オーディションでは、そうやって語る30歳の女性の横に、

18歳や22歳の女性が並んでいる。

例えば、音楽でも、スポーツでも、早く始めた人の方が有利のなのは当たり前。

18歳で俳優を目指して、ダンスレッスンをしたり、発声のトレーニングをするのと、
30歳から始めるのでは、プロの俳優になれる可能性はかなり違ってくる。

もちろん、どんなものにも、絶対というものはない。

30歳からスタートして、プロの俳優になれる人はいる。

でも、18歳や22歳から始めた人よりは、その可能性ははるかに低い。

こういった話の流れなのかで、最終的に鴻上さんは
本人の人生なので、本人が決めるべきだと結論づけていました。

やるかどうかは、自分で決めろ!

まさに、鴻上さんのおっしゃる通りだと思うんですね。

最終的には、自分の人生は自分が決めるもの。

やりたいと思ったら、すぐに始める。
やらないのであれば、やらないという決断をすべきです。

最悪なのは、先ほどの30歳の女性のように
自分で決めずに、親に決断を委ねてしまっていること。

自分で決めていないから、いつまでもくすぶり続ける。
そして、最悪のタイミングでやると決断することになるわけです。

実際に、ビジネスでも似たような相談がたくさんあって

自分でやるかどうかを決められずに、くすぶり続けている人がいます。

わたしのところにも、

「独立すべきでしょうか」
「銀行からお金を借りるべきでしょうか」
「アフィリエイトにチャレンジすべきでしょうか」

といった相談が寄せられるのですが、
基本的にこの手の質問をすること自体が間違っているんですよね。

やるのかどうかは、自分が決める。
やると決めたら、どうやったらうまくいくかをコンサルタントに相談するのが正解。

やるかどうかの判断を、第三者に委ねるのは本末転倒だと言えるでしょう。

先ほどの30歳の女性たちにように、やりたいことがあるのに、
自分で決断せずに、他人に決断を委ねても後悔するだけです。

後からやりたいと思っても、時すでに遅しということにもなりかねません。

なので、やるかどうかは、自分で決めましょう。しかも、早く決断することが大事です。

迷ったときは、取りあえずやった方がいい

ちなみに、迷ったときは、取りあえずやった方がいいというのが私の結論です。

仮に始めて失敗したとしても、致命的なミスさえしなければ
失うものなんて何もないからです。

むしろ、得られる経験や教訓の方がはるかに大きいでしょう。

逆に、迷ったときに、決断を先延ばししてしまうと、
結局、絶好のタイミングや早く始めることで得られる先行者利益、
貴重な時間を失うことになりんですね。

  • お金がないから
  • 親や友達が反対しているから
  • まだ自信が持てないから

というもっともらしい理由で、決断を先延ばしして、
自分の想いを抑え込んでしまう人がいますが、いつももったいないなと思います。

決断を遅らせれば遅らせるほど、チャンスは遠のいていきます。
早く始めることがアドバンテージになるのに、それを失うことにもなります。

なので、少しでもやりたいと思っているのであれば、即断即決、すぐに始めましょう!

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 米メジャーリーグで最多安打を記録。通算安打記録でギネス世界記録に認定。通算3563試合出場という最…
  2. 終身雇用や年功序列、退職金制度といった日本型の雇用形態はすでに崩壊。現行の雇用形態で何とか逃…
  3. ビジネスで成功するためには、さまざまな条件を満たす必要がありますが、最近、相談に来られる方を見て…

PAGE TOP