業績が絶好調のときにこそ、新しいことにチャレンジしろ!

先日、クライアントが、

「島倉さんのおかげで、今期は売上も利益も過去最高でした!」

と報告してくれたので、すかさずわたしは、

「そうですか、おめでとうございます!でも、これからがめちゃくちゃ大変ですね!」

という返事をしました。

クライアントのお役に立てて、嬉しかったのですが、
心を鬼にして嫌みともとれるような返事をしたのですが、

でも、これって、嫌みでも何でもないんですね。

業績がいいときというのは一瞬。
毎年伸びていくと思いきや、実際はそうではありません。

むしろ、まだまだ伸びるぞというときに、
突然ガツンと落ち込むことがほとんどです。

なので、絶好調のときだからこそ、警告の意味も込めてあえて嫌みを言ったんですね。

コンサルティングを受けて、忠実に、かつ努力してもらえば、
業績なんて伸びるのは当たり前。

そもそも、イケてないからコンサルを頼んだわけで、
どん底から這い上がるのは誰でもできること。

でも、継続して稼ぐのはとても難しい。至難の業と言ってよいでしょう。

だからこそ、業績がいいときにこそ、次を見据えて動きだす必要があります。

業績が悪くなってから次の手を打つ人が多いですが、
正直言って、そうなった時点でもはや手遅れです。

苦しいときに、新しいことをやろうとしても、うまくいきません。

資金面でも余裕がないので、何もかも中途半端になってしまいます。

当然、銀行に掛け合ってもよい返事をもらうことはできないでしょう。

新しいことに取り組むのであれば、業績がいいときにこそ始めるべきです。

儲かったからといって、高級ブランド品や高級車を買ったり、
海外旅行などで浪費をしてはいけません。

新しいことを始めても、成功する確率は10パーセント程度。いや、それ以下かもしれません。

そのぐらい、新しいことを軌道に乗せていくというのは難しいんですね。

新しいことを始めて、軌道に乗せるまでは、時間的、そして資金面で余裕が必要です。

手持ちの自己資金だけで何とかしようとしても、
どうしてもやれることは限られてしまうので、

絶対に銀行から融資を受けて、勝負すべきです。

銀行も回収する必要があるので、積極的に応援してくれるでしょう。

なので、業績がいいから、浪費に走るのではなく、
新しいことにチャレンジして、新たな収益源をつくることを意識してください。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. こんにちは、島倉です。ビジネスで成功するには、お金の使い方をマスターする必要がありますがお…
  2. 「戦国時代に生まれてみたかった」「幕末に生まれて活躍したかった」と思ったこと、ありません…
  3. わたしは、生徒さんに対して、とにかくチャートを見ること。プライスアクションを分析して、有利…

PAGE TOP