商品は「売ってから作る」が正解!

起業するときや新規事業を始めるときに、
商品づくりに時間やお金をかける人がいますが、

絶対にそれだけはやめてください。

時間やお金、労力をかけて、商品を開発しても
売れるという確証はどこにもありません。

いや、むしろ売れない確率の方が圧倒的に高いでしょう。

売れるかどうかわからないものに、
時間やお金をかけるなんて、あまりにもリスクが高い過ぎます。

ましてや、銀行などから融資をもらって
商品開発につぎ込むなど、正気の沙汰とは思えません。

では、どうするか!?

商品を作ってから、売るのではなく、
売ってから、商品づくりをしてください。

売れるかどうかわからないものに投資するのはハイリスク過ぎる

先ほども言いましたが、売れるかどうかわからないのに
商品づくりに、時間やお金、労力をかけてはいけません。

過去のクライアントにも
商品づくりばかりしている社長さんがいました。

健康器具を開発されていたのですが、開発を始めて3年。
全部で3,000万円ほど投資をしていました。

「もうすぐ商品ができるので、島倉さんにマーケティングについて指導して欲しい」

ということでコンサルを依頼されたのですが、会って話を聞いて驚きました。

なんと、3年という月日と3,000万円という金額を投資しているのに、
まったく売ったことがなかったんです。

さすがに、わたしもこの話を聞いて焦りました。

「社長、この商品、本当に売れるかどうかわからないので、とにかく売ってみましょう!」

と提案。試しに想定していた価格の10分の1で売ってみました。

が、予想通り、まったく売れませんでした。

買ってくれたのは、たったひとりだけ。
しかもそれは社長の身内の方でした。

このテストマーケティングの結果を受けて、社長に開発を中止するように指示。

放置されていた本業の立て直しをすることで、
短期間で開発費3,000万円を回収することができました。

このように、売れるかどうかわからないものに投資をするのはハイリスクで、
銀行から融資してもらっている場合は、致命傷にもなりかねません。

売ってから商品づくりを始めるのが正解!

本当にビジネスを成功させたいのであれば、
商品を作る前に、まず売ってください。

売ってみて、市場の反応を見ましょう。

そして、買ってくれる人がいたら、商品づくりに取りかかる。
思ったような反応がなければ、商品づくりは諦めましょう。

「もし商品が完成しない場合はどうするの?」

と不安になるかもしれませんが、

事前に納期を明確にしておいて、
納期までに商品が完成しなければ全額返金してください。

若干の迷惑料を支払えば、トラブルになることもありません。

例えば、セミナーをやっている人であれば、とにかく売ってください。
売って後でセミナーの内容を考えましょう。

ほとんどの人は、セミナーで話す内容を考えてから募集を開始するのですが、
それでは、いつまで経ってもセミナーを始めることができません。

そして、貴重な時間を失ってしまうことになります。

話を戻しますが、もっとも恐ろしいのは、

商品づくりに時間とお金をかけたのに、
いざ販売を開始したら、まったく売れずに終わること。

こういった致命的なミスを回避するためにも、

商品づくりをしてから、売るのではなく、
売ってから、商品づくりに取り掛かってください。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 稼げるようになれなるほど、周りの人とどうしても意見が合わなくなってしまう。話がかみ合わなくなって…
  2. ビジネスに集中するには、何よりも時間の確保が大事。なので、稼げるようになってきたら、掃除…
  3. ビジネスで成功する人は、即断即決、即行動ができる人です。何か決断を迫られたときに、考え込んで…

PAGE TOP