絶対に儲かる価格設定の仕方

さて、商品やサービスについての価格の設定にですが、
思っている以上に悩んでいる人が多いですね。

原価積み上げ式や競合他社と比較するなどして、
価格を設定している人がほとんどですが、全部ダメ。

そういった価格の設定の仕方をしても絶対に儲かりません。

では、どうやって価格を設定したらいいでしょうか。

今回は、正しい価格の設定の仕方についてお話します。

絶対にやってはいけない価格設定の仕方

まず、正しい価格の設定の仕方を解説する前に、
絶対にやってはいけない価格の設定の仕方について解説します。

それは、何かというと、

経験や実績、技術のレベルをあげてから
価格をあげればいいということで、安い値段で価格設定をすること。

「今の自分ではそんな価格はとれない」

ということで、控えめな価格設定をする人が多く、

自分の経験や実績、技術レベルが向上したら
価格をあげればいいと思っているのですが、

低い価格をつけてしまうと、後から値上げすることは不可能です。

例えば、1万円の商品があったとします。

数年後に3万円、5万円にできるでしょうか!?

絶対に無理です。

なので、経験や実績、技術レベルと、価格設定を切り離してください。

価値のある商品、サービスであるならば、
下手に安い価格を設定せずに、最初から適切な価格をつけてください。

正しい価格設定の仕方

では、正しい価格設定の仕方ですが、

まず、自分が欲しいと思う価格を設定してください。

自分が「このぐらいは欲しい」と思っている価格です。

ここで、大事なことは、控えめにならないこと。

あなたがやっているのは、ビジネスです。

価値があるのものを提供しているのであれば、
対価として妥当な報酬を請求すべきです。

日本人は、価格設定をするときに、なぜか遠慮して安くしがちになるのですが、
安くするということは、自分の価値を下げることなので、安易に安く設定してはいけません。

自分が納得できる価格にしてください。

価格を決めたら、
次は、実際に、同じ価格、同じ商品を提供している
ライバルの商品を購入してみましょう。

ライバルは、その価格で商売が成り立っているので、
あなたが同じような商品を提供しても十分に成り立つわけです。

そして、ライバルの商品に、嫌なところや満足できない部分がかならずあるはず。

後はそこを改善していけば、
同じ価格なのに、ライバルよりもより良い商品を提供できるので
ライバルに勝つことができるわけです。

価格を決めるときに感情は不要

価格設定で大事なことは、感情に左右されないこと。

起業したばかりのころは、経験や実績がなく、自信がないので、
高めの価格を設定をするのが怖いと感じるでしょう。

こんな価格で売るのは無理だと思うかもしれません。

でも、そこで、感情に負けて安い価格をつけてしまうと
後々、その価格に引きずられることになります。

頑張って、経験や実績をつんで、技術を磨いても、
最初につけた価格から大幅に値上げするのは困難です。

はじめにつけた価格が大事になってくるので、
妥協して安い価格にしないように気をつけましょう。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. Facebook、Twitter、Instagram、YouTubeと新しいメディアが次々に誕生…
  2. 検索エンジンのアルゴリズムの変更で、低品質コンテンツはペナルティを受ける対象になりました。…
  3. 「ゾーンに入る」という言葉を聞いたことがありますか? 子どものころ、遊んでいたらあっという…

PAGE TOP