人生、48歳からが後半戦だと捉えて、戦いの準備をしていこう!

現在、50歳以上のバブル世代は、

年功序列や収支雇用、手厚い年金制度に守られていて
何もしなくてもこのままいけばうまく定年を迎えて逃げ切れますが、

就職氷河期時代に就職した40代を中心とするロスジェネ世代は
絶対に逃げ切ることができません。

実際、NECやカシオ、富士通、コカ・コーラといった名だたる大手が
経営再建のために、高給取りである45歳以上の希望退職者を募っています。

無理に会社に残ろうとしても、最終的にはリストラされるだけです。

なので、結局は、会社から去らざるを得ません。

こういった時代だからこそ、待ちの姿勢は危険です。

会社が何とかしてくれる、最後は政府が救ってくるというのは通用しません。

座して死を待つより、打って出る。

むしろこれを好機と捉えて、雇われなくても食べていける力を身に付けるべきです。

48歳からを人生の後半戦だと捉える

ひとつの会社に就職して、定年まで働き続ける。

もはやそういった時代は終わりました。

だからこそ、人生を48歳で一区切りつけて、
48歳までの人生を前半戦、48歳からの人生を後半戦と捉えるべきです。

48歳までであれば、会社に残って、経営幹部になれるかどうか、見通しがついているはず。

だからこそ、見通しの立たない場所に固執して
自分の人生を台無しにするのではなく、

48歳からが人生の後半戦だと捉えて、第2の人生を歩む準備を進めていきましょう。

この、48歳からを後半戦と捉えるという視点は、
文春オンラインで紹介されていた考え方で、わたしのオリジナルの考え方ではありませんが、

人生100年時代を生きていく我々にとって
とても大事な考え方なので、ご紹介させていだきました。

私自身、この考え方がとても気に入っています。


そして、この考え方は、サラリーマンだけに適用されるわけではありません。

例えば、起業家、経営者の方も、
若いときに起業して、もしくは代を引き継いで、
鳴かず飛ばずの時代を過ごしてきたのであれば、

48歳というこの年齢を契機に、もう一度再チャレンジしましょう。

人生、まだまだ先は長く、チャンスはたくさんあります。

今までやってきたひとつのビジネスにこだわり続けるのではなく、
また別のビジネスにチャレンジするということも大事。

ぜひ、48歳という年齢を、自分のビジネスや人生を考えるきっかけにして欲しいと思います。

ワンパターンの生活から脱却しよう!

とは言っても、周りを見ていると、な~んにも考えていない人、多いですよね。

というか、ほとんどの人が何も考えていません。

人生100年時代とか、48歳からが後半戦という言葉を見ても、我関せず状態。

そして、そういう人ほど、お金に困っている、ビジネスがうまくいかなかくて悩んでいるのに、
何も新しいことに挑戦することもなく、ワンパターンの生活を繰り返しています。

起床 ⇒ 仕事 ⇒ 風呂 ⇒ テレビ ⇒ 就寝

ただ、これを繰り返すだけの毎日。

これこそ、生きた屍なのではないでしょうか。

確かに、かつてはこのワンパターンの生活をしていても生きていけました。
が、もはやそれは成り立たないんです。

人生100年の時代です。

少なくても、健康寿命である70~80歳までは
現役で働かなければ、生きていくのは困難でしょう。

だからこそ、人生をより幸せで、楽しく、豊かなものにするには、
雇われなくても食べていける本物の力を見つける必要があるわけです。


定年になって、退職金と年金でのんびり過ごすというのは、もはや夢物語。

老後に悲惨な生活にならないためにも、
48歳からが人生の後半戦だと捉えて、戦うための準備をしていきましょう!

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 自分の夢を実現するために、起業する人が増えています。しかし、起業する人が増えている一方で、…
  2. 稼ぎたいということで、アフィリエイトを選ぶ人が増えていますが、初心者は、アフィリエイト=楽し…
  3. 業績が伸び悩んでいる大塚家具ですが、現社長である大塚久美子さんのお父さんである匠大塚社長…

PAGE TOP