たくさんの人ではなく、たったひとりの人に伝えるメッセージを考えよう!

あなたの周りにめちゃくちゃ集客に成功しているライバル、いませんか?

自分と、知識や能力、スキルについては同じぐらいのレベル、
いや、むしろ自分の方が高いぐらいなのに、なぜか集客については天と地の差ぐらいある、

ということって、ありますよね。

そして、いったいどんな秘策があるんだろうって思いますよね。


が、集客に成功している人が実際にやっていることを見ると、

「なるほど、こんなことをやっているのか!」

と思うようなことをやっているわけではありません。

どこかで聞いたことがあるようなことばかりなんですね。


でも、いざ自分もやってみると・・・やはりうまくいきません。


では、何が根本的に違うのでしょうか。

それは、伝えるべきメッセージが伝えられているかどうかということです。

誰に、何を伝えるのか。

これが曖昧なままで広告を打ったところで、集客はできません。

実は、集客できる、できないの差というのは、
こんな当たり前のことができているかどうかだけなんです。

誰が対象なのか曖昧で、ぼんやりしたメッセージを発信しているから、集客できないんです。

なので、見込み客に対するメッセージをしっかりと考えることから始めてください。


こんなことを言うと、

「いや、メッセージならちゃんと考えている」と反発する人がかならずいるのですが、

そのちゃんとという意味が、私が言っているレベル感とまったく違うんですね。

いつも思うのですが、本気で見込み客について考えている人はほとんどいません。

みんな、口ではちゃんと考えていると言うのですが、
本気レベルがまったく足りていません。

見込み客が抱えている悩みや問題、置かれている状況を理解して
見込み客の感情に寄り添ったメッセージを考えることが死ぬほど大事。

それができれば、絶対に集客できるようになります。

すぐにテクニックや新しい手法に飛びつく人がいますが、
それは、刺さるメッセージを考えてからの話。

小手先のテクニックや新しい手法を使っても、
結果を出すことはできないので注意してください。

たくさんの人ではなく、たったひとりの人に伝える


さて、見込み客に寄り添うためには、狙いをひとりに絞り込むことが大事です。

例えば、「子供を持つママ」ではなく、
「保育園に3歳の子供を通わせている大手の◯◯に勤めているママ」であれば、

見込み客を、具体的、かつ鮮明にイメージできますよね。

そうすることで、伝えるべきメッセージがはっきりとしてくるわけです。


ターゲットを絞り込むということはよく言われていることで
誰もがやっていることではあるのですが、

気づいたら「若い女性からお年寄りまで」みたいな状態になっているんですね。


確かに、幅広い層に役立つ商品、サービスなのかもしれない。

そして、層を広げればたくさんの人に買ってもらえると思いがちですが、
結果、ぼんやりしたメッセージなって、集客できなくなるんです。

ぼんやりとした、曖昧なメッセージでは、意味がありません。

見込み客の心にまったく響かないので、
ぼんやりとしたメッセージにならないように注意しましょう。

ありきたりのメッセージでは集客できない


ダイエット、サロン、美容院、学習塾、リフォームなど、
さまざまな業界の広告、チラシを見ていると、

新しさやフレッシュさを感じるメッセージをまったく見なくなりました。

社名を変えれば、どの会社にも当てはまるものばかり。

こんな、ありきたりのメッセージでは絶対に集客できません。


集客するには、他にはない、意外性がある、おもしろいメッセージをつくることが大事。

それには、やはりターゲットを絞り込んで、そのターゲットが
何について悩んでいるのか、悩みを解決してどうなりたいのかをはっきりさせてください。


例えば、先ほどのターゲットである

「保育園に3歳の子供を通わせている大手の◯◯に勤めているママ」に対して
クライアントの整体院さんにこのようなコピーでチラシを打ってもらったのですが、

「会社帰りのたったの5分で、肩や腰の痛みが軽くなります!
 痛みから解放されて、笑顔でお子さんをお迎えにいきましょう!」

これに変えたらめちゃくちゃ反響がありました。

ターゲットの悩みを理解して、悩みに寄り添ったメッセージにしたことで
従来のチラシの5倍以上の反響を叩き出すことができたわけです。

ありきたりではない、尖がったメッセージをつくることは、集客するための絶対条件。

そのためには、見込み客を絞り込む。そして悩みに深く寄り添うことを忘れないでください。

見込み客を絞り込めば集客できるようになる


見込み客を絞り込むのは、怖いですよね。

ほとんどの人が、

「絞り込んで本当に大丈夫だろうか?」
「お客が来なくなってしまうのでは?」

と怖がってしまって、絞り込もうとしません。

が、絞り込んだ方が絶対に集客できるようになります。

例えば、ダイエット関係の商品の場合、
痩せたい人とか、体重を落としたい人という曖昧なメッセージではなく、

ふくらはぎや二の腕を細くしたい人というように
絞り込んだ方がはるかに集客できるようになります。

絞り込むことで、

「ああ、これは私のことだ!」

と思ってくれるので、反響が得やすくなるからです。


とは言っても、何でもかんでも絞り込めばいいというわけではありません。

絞り込むときは、見込み客が抱えている悩みで絞り込んでください。

絶対にやってはいけないのが、性別や年齢といった属性での絞り込みです。
ただ市場が狭くなるだけなので、かえって集客できなくなるので注意しましょう。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 売上30兆円、利益2兆円という世界に輝くトヨタ自動車。そんなトヨタが、どうやって儲かってい…
  2. 自分のブログで集客をする。つまり、ブログにアクセスを集めるには、検索結果で上位表示される…
  3. 起業塾や創業スクールといったところで講師をしていると、受講生からかならず聞かれるのが、人脈づくり…

PAGE TOP