1万時間の法則の10分の1、1000時間でいいからやってみよう!

あなたは「1万時間の法則」を知っていますか?

ビジネスでも、勉強でも、スポーツでも、何の分野でも
1万時間、集中して打ち込めば、プロレベルになれるというものです。

絶対的な根拠のある数字ではなく、経験則ではありますが、
かなり当てはまるので、私はこの1万時間の法則を大事にしています。


1万時間というと、1日10時間で計算すると、おおよそ3年間。

昔から、何ごとも3年やれば結果は出ると言われているので、
そういった意味でも、1万時間の法則は妥当であると言えるでしょう。


ただ、1万時間=約3年間というと、
結構ハードルが高いと感じるかもしれませんね。

「3年も経たないと結果を出すことはできないのか」

と絶望してしまう人が少なからずいることも事実。

実は、そんな人に、ちょっとしたアドバイスがあります。

短時間でもいいので、濃密な時間にしよう!


たしかに、1万時間=約3年間、集中してもらいたいのですが、

だからと言って、1万時間きっちりやり切らなければ
結果がまったく出ないのかというと、そうではありません。


10分の1の1000時間でも結果は出することは可能。


1日10時間で計算すれば、1000時間はだいたい3カ月。

3カ月ぐらいだったら、やれそうな気がしませんか?


3カ月、ビジネスだけに集中する。

テレビ、ゲーム、スマホ、パチンコ、麻雀、タバコ、飲み会、など遊びはすべてやめる。
友人や同僚の誘いは全部断る。休日もダラダラと過ごさない。

とにかくビジネスだけに集中してください。


例えば、私が教えているオウンドメディア講座の受講生も、
3カ月間、集中して取り組んだ人はかなりの結果を出しています。

たったの3カ月で月収300万円を達成する人。
また、なかには1年後に年収が2億円になった人も!


結局、時間をかければいいというものではないということです。

ダラダラやって、中身のない時間を過ごしても、結果を出せるようにはなりません。

短期間でもいいので、集中することで、質の高い濃密な時間にすることが大事です。

3カ月すら集中できないのであれば、ビジネスで成功するのは絶対に無理


1万時間とは言いません。

たったの1000時間、3カ月でいい。3カ月、集中すれば絶対に結果を出せます。

が、もしこの3カ月すら集中できないのであれば、
もはやビジネスで成功するのは無理でしょう。

ビジネスだけではなく、何もやってもダメです。

何度も言いますが、たったの3カ月です。

3カ月後、得られる素晴らしい未来を想像して、集中してください!

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 夢を実現したい、稼げるようになりたいということで起業を目指す人が増えていますね。昔に比べ…
  2. こんにちは、島倉です。あなたは、重版出来というドラマを見たことがありますか?…
  3. 良い商品であっても売れないことはよくあることですが、なぜ、売れないのか、根本的な理由をわか…

PAGE TOP