ビジネス成功の本質は、勝ち馬に乗ることだ!

国内の住宅市場は、少子化の影響で完全に頭打ちの状態。

そんな状態を打開するために、
パナソニックホームズや積水ハウスなど
大手ハウスメーカーがホテル事業を新たに手掛けることに。

なぜ、ホテル事業なのかというと、

政府の後押しによるインバウンド需要の増加と
深刻なホテル不足で大きなニーズが見込まれること。

そして、戸建て住宅の部材やプレハブ工法が
ホテル建設にそのまま転用できるからです。


通常、ホテルの建設は少なくとも1年はかかりますが、
プレハブ工法であれば半年で完成させることができます。

つまり、安い費用で、最短の時間で建設できるので、
素早い回収が見込めるわけですね。


そして、万が一、ホテルとしての需要がなくなった場合、
リノベーションをして賃貸住宅にできるので、
失敗リスクが低いというのも大きな理由だと考えられます。

大手ハウスメーカーのホテルビジネス進出の戦略的な意味とは?


この、大手ハウスメーカーのホテルビジネスへの進出のことを
経営戦略では、ドメインの再定義と言います。

ドメインとは、わかりやすくいうと事業領域のことで、
自社の強みや特技を活かして、どのようなビジネスを勝負するのかを決めること。

大手ハウスメーカーは、短期間で、安い費用で、
住宅をつくれる強みを持っているので、

強みを活かせるホテルビジネスに目をつけ、ドメインを再定義したわけです。

わかりやすく言えば、勝てないビジネスを捨て、
勝てるビジネスに乗り換えたということです。

ソフトバンクグループ成功の秘訣は、ドメインの再定義にある


ビジネスで成功するには、
随時、ドメインを再定義していくことが大事ですが、

着実にそれを実行したのがソフトバンクグループの孫正義会長。

孫さんは、ドメインを、戦う領域と名付けて、
時代の流れに応じて戦う領域を変えることで成功しました。

創業時は、パソコン用のパッケージソフト。

そして、出版、インターネット、通信、人口知能といったように、
従来のビジネスにこだわらることなく、

勝てるビジネスを選び、経営資源を集中投下することで成長してきたわけですね。

ビジネスで成功するには、ドメインを最定義する。

言い換えれば、その時々の勝ち馬に乗ることが大事だということです。

勝ち馬に乗るタイミングを見極めろ!


勝ち馬に乗るときに、大事になってくるのがタイミング。

事業のライフサイクルは、

導入期、成長発展期、衰退期と分けられますが、
ベストのタイミングは、導入期が終わり、成長発展期に切り替わるころ。

導入期に参入しても、市場ではまったく認知されていないので、
参入するタイミングが早すぎて、結果を出せずに終わるでしょう。

また、市場が縮小していく衰退期に参入しても
費用倒れで最終的に撤退することになります。

なので、勝ち馬を選ぶときは、勝ち馬に乗るタイミングについても見極めてください。

早すぎてもダメ。遅すぎてもダメ。

市場で認知され、これから爆発的に成長していく、
まさにそのタイミングで勝ち馬に乗りましょう。

頑なな姿勢をやめて、柔軟な発想を持とう


ビジネスで成功したければ、
ひとつのビジネスだけにこだわってはいけません。

どのようなビジネスにも流行り廃りがあります。

売れないビジネス、廃れていくビジネスで頑張っても、
結果を出すのは難しいでしょう。

勝ち馬を見極める。そしてベストのタイミングで勝ち馬に乗ることが大事。

頑なな姿勢はやめて、柔軟な発想でビジネスに取り組んでください。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 起業してうまく行かない人、思ったような結果が出せない人は、取り組んでいるビジネスのジャンルが違っ…
  2. ビジネスを始めても、なかなかうまくいかないという人が見落としているポイントがあります。そ…
  3. 「ビジネスについて勉強するために、セミナーに参加しよう!」という人が多いですよね。でも、ちょ…

PAGE TOP