低品質コンテンツは障害にしかならないので注意しよう!

最近、いろいろなブログを見ていて思うのが、

内容のない記事、いわゆる低品質記事を量産している人が増えているということ。

どこどこで何を食べたとか、仕事でどこに行って、何をしたという程度の
数百文字程度の薄い記事を相変わらずよく見るのですが、

恐らく、書いている本人は、何か書けば少しでもプラスになる。
書かないよりも書いた方がマシだと思っているのでしょう。

が、それは大きな間違いです。


検索エンジンから評価されないような内容の薄い記事を書いても、
検索結果で上位表示されることはまずありません。

検索エンジン経由でアクセスを呼び込むことは不可能です。

また、内容の薄い記事をいくら書いても、読者が離れていくだけです。

最悪、検索エンジンから低品質コンテンツのペナルティを食らうかもしれません。

つまり、低品質コンテンツを増やしても、何ひとついいことがないということです。

低品質コンテンツとは何か


低品質コンテンツとは、有益な情報を伴わないコンテンツのこと。

本来、文字数は関係ないので、文字数が少なくても
有益な情報が含まれていれば、読んでくれる読者はいるので、
文字数が少ないからといって、全部が低品質コンテンツにはなりません。

が、何かを説明しようとすると
論理立てて説明をしたり、具体例を使ってわかりやすく説明しようとするので、

それなりの文字数にはなります。

目安で言うと、1500文字から2000文字といったところでしょうか。

400文字や800文字ぐらいで、中身のないコンテンツは、
読者が読んでくれず、アクセスも呼び込めないので、

間違いなく、検索エンジンから低品質コンテンツと評価されるでしょう。

低品質コンテンツはアドセンス審査の障害になる


グーグル・アドセンスなど、アドセンス広告で稼ぐために
オウンドメディア、ブログで記事を書いている人もいると思いますが、

はっきり言って、低品質コンテンツは、アドセンス審査の障害になります。

審査をパスするにはある程度の記事数が必要だということで、
低品質コンテンツを量産しても、プラスに評価されることはありません。

むしろ、マイナス評価になるだけなので、
低品質コンテンツをつくらないように気をつける。

もうすでに低品質コンテンツがあるのであれば、
リライトして書き直す、もしくは潔く削除するのが賢明です。

記事を増やすことばかりに気を取られるな!


要は、低品質コンテンツをいくら量産してもまったく意味がないということ。

検索エンジン経由でオウンドメディアやブログにアクセスを流して、商品を紹介する。
大量アクセスを集めて、アドセンスで稼ぐ。

のであれば、低品質コンテンツは障害にしかなりません。

記事を増やすことばかりに気を取られずに、

読み応えのある、読者にとって有益な上方を含む
意味のあるコンテンツをしっかりと作り上げることが重要です。

有益なコンテンツをつくるには?


有益なコンテンツをつくるには、

私がお勧めなのは、自分が体験、経験したことをコンテンツにする。
世の中の出来事を自分の視点でぶった切ってみる。


こういったコンテンツは価値が高いんですね。

と言うのも、他にはないオリジナルのコンテンツだからです。

  • 他の誰かが何度も言っているようなこと。
  • 何かで見聞きしたようなこと。
  • 誰もが知っている常識論や正論。

をコンテンツにしても、何もおもしろくない。ただのクソコンテンツです。

検索エンジンから低品質コンテンツのペナルティを食らわないためにも、
読者にとって有益で価値のあるコンテンツを作っていきましょう。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 起業したら、年収はどのぐらいを目指すべきでしょうか。これについては、人それぞれなので、正解は…
  2. 講演会やセミナーで「自分に才能があると思いますか?」と質問すると「自分に何か才能があるとは思…
  3. 男女平等といっても、女性の方がどうしても給料で劣る面があったり、主婦の場合、旦那の給料が少ないの…

PAGE TOP