超一流のビジネスマンであるトランプ大統領の交渉術

アメリカ合衆国第45代大統領、ドナルド・トランプ。

経営やマーケティングを勉強した人であれば、
大統領というよりも事業家として有名ですよね。


トランプ大統領は、数々のオフィスビルの開発、
ホテルやカジノの経営を手掛けて、事業家として大成功しましたが、

過去にホテルやカジノが倒産、サブプライム問題でも苦境に立たされました。

しかし、その都度復活を果たして。

2016年には大統領選挙で勝利したわけです。


政治家や軍人経験のないアメリカ史上初の大統領で

大統領としてやっていることは
旧来の政治に捉われない、ビジネスマンとしての発想に基づいています。

他国との交渉においては、
ビジネスマン時代に培った交渉術がいかんなく発揮されています。

そこで、今回は、超一流のビジネスマンであるトランプ大統領の交渉術について解説します。

あなたも超一流のビジネスマンのやり方を取り入れてみてください。

トランプ大統領の交渉術の3つの特長


トランプ大統領の交渉術には3つの特長があります。

  • 交渉の条件提示をかならず自分からする。
  • 飲めないようなハードルの高い条件を提示する。
  • 歩み寄りの姿勢を見せながら厳しい条件を飲ませる。


心理学を学んだことのある人あれば、これが

ドア・イン・ザ・フェイス

というテクニックであることに気付くでしょう。


ドア・イン・ザ・フェイスとは、

はじめに大きな要求をして相手に断らせておいて、
その後に小さな要求を飲まる方法です。

最初の大きな要求を断わったら、相手は悪いなという罪悪感が生まれます。

なので、敢えて要求を断わらせて罪悪感を植え付けておき、
その罪悪感を利用して別の要求を飲ませるわけですね。


嫌らしい方法ではありますが、営業現場やマーケティングではよく使われる手法です。

トランプ大統領の交渉の神髄


が、トランプ大統領の交渉術が素晴らしいのは、

ドア・イン・ザ・フェイス

というテクニックを使っているからではありません。


交渉の条件提示をかならず自分からしていること。

要は、こちらから条件を提示することで、
交渉の主導権を完全に握っているところがポイントです。


例えば、ホームページに商品やサービスを紹介しているのに、
価格を提示していないケースをよく見かけますが、

はっきり言って、それはダメだということです。


最初に価格を見せてしまうと、高いと思われてお客が逃げてしまう。
なので、相手の価格感を探りながら受けいれてくれそうな価格を言おう、

というのが本音でしょう。

こういったやり方は、エセコンサルや詐欺師がよくやる手法ですが、
そういったやり方をしていると、結局、営業の主導権はとれません。

そして、価格でしか判断しないクソ客しか集められないことになります。


本当に、自分の商品やサービスに自信があるのであれば、こちらから価格を提示する。

提示した価格で納得する人は買ってください。
納得できない人は他へどうぞ

という姿勢が本当の上客から支持されるわけですね。


だからこそ、トランプ大統領の交渉術に習って、
条件についてはこちらからきちんと提示するようにしましょう。

そうすることで、

  • 本当のよいお客だけが集められる。
  • 主導権を持って売れることができる。

ようになるわけです。

自分の自信のなさを露呈し、それがお客にも伝わることになってしまうので、
条件を伏せておいて聞かれたら条件を提示するといった弱気の交渉、営業はやめましょう。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. ビジネスで成功したければ、指導してくれる先生、いわゆるメンターをかならずつけてください。ビジ…
  2. DHMO(Dihydrogen Monoxide:ジヒドロゲンモノオキシド)という危険な液体をご…
  3. こんにちは、島倉です。学べば、学ぶほど、知らないことがでてくるのであれもやりたい!こ…

PAGE TOP