年功序列、終身雇用制度が終わり、採用もジョブ型雇用制度に移行する!?

日本企業は、新卒を総合職として採用してきました。

総合職とはいわゆるなんでも屋みたいなもので、

入社後、ジョブローテーションでいろいろな職種を経験させて適正部署に配置。

その後は、年功序列と終身雇用制度で、
定年まで安心して働けることを保障するというものでした。

が、年功序列、終身雇用が終わろうとするなかで
新卒の採用制度も大きく変わろうとしています。

ファストリ、入社3年で年収3000万円も 幹部に登用

くら寿司、新卒で年収1000万円の幹部候補生を採用 グローバル人材確保へ特別枠

ソニー、デジタル人材の初任給優遇 最大2割増730万円

ファーストリテイリングでは、
入社後最短3年で子会社の幹部の昇進が可能。
欧米勤務の場合、年収3000万円を支払う採用を開始しました。

くら寿司は、北米や台湾など海外への店舗展開を踏まえて
ビジネスレベルの英語力を持つ人材を、年収1000万円で採用する方針。

また、ソニーは、人工知能の専門家の初任給待遇を730万円にすることを決定しました。

従来の新卒採用とはまったく異なる

各社が本当に必要なスペシャリストを高待遇で採用する時代がやってきたわけです。

総合職の社員は、非正規社員や人工知能、アウトソーシングに代替されていく


実は、海外企業ではこういった採用は当たり前で、日本企業だけが異質でした。

海外企業では、日本企業のような総合職としての採用はせず、
必要な人材をその都度採用するジョブ型雇用制度をとっていますが、

日本企業でもそのジョブ型雇用制度に舵を切ったと言えるでしょう。


日本企業は、年功序列、終身雇用制度を維持するために
完全ピラミッド型の組織体制をとってきましたが

今後、ジョブ型雇用制度が浸透していくことで、
組織はピラミッド型からフラット型へと移行し、

会社に残るのは、今回採用される専門性の高い幹部候補、
経営幹部だけといった構造になっていくでしょう。


つまり、従来の総合職の一般社員は組織から消えて、
非正規社員や人工知能、アウトソーシングで代替されていくということです。

正社員として就職したければ、専門性を徹底して磨こう!


日本はいまだに受験戦争が続いています。

なぜ、受験に熱心なのかというと、
有名大学に合格して、大手企業への就職を目指しているからですが、

今後は、大学を卒業すれば誰もが正社員として勤められるわけではなく、
専門性のない学生は、非正規でしか働けない時代になると思われます。


大学さえ合格すれば、取りあえず安心。
大学で遊んでいても就職できるという時代がありましたが、

もはや今の企業にそういった学生を採用して、社内で育てる余力はありません。

企業が欲しいのは即戦力。

採用後、すぐに結果を出せる。そういう人材だけが欲しいわけです。

だからこそ、大学に入学したら呑気に遊んでいる場合ではありません。

正社員として就職したければ、勉強に専念して専門性を磨かなければなりません。

目的意識もなく、奨学金を借りて大学に進学しても、デメリットしかない


大学時代に、勉学に励んで専門性を高めてきた学生にとっては、
自分の夢を実現できる素晴らしい時代がやってきたと言えるでしょう。

自分が興味を持つ分野を極めて、学んだことをそのまま社会で活かせる。
そして、会社から高く評価されるわけですから、やりがいのある話です。


が、ほとんどの学生にとっては、地獄です。

偏差値の低い大学の学生、文系学生、何となく大学時代を過ごしてしまった学生、
何の特長のない学生にとっては、大学を卒業することに何のメリットもありません。

高い学費を払って大学に行ったのに、非正規職にしかつけないという時代になるんです。


「大手に就職するために、奨学金という借金をしてでもとにかく大学進学だ!」

という考え方が一般的でしたが、もはやそれが通用しなくなる時代がやってきたということです。


目的意識がなく、大学に進学したところで、将来の展望が拓けるどころか、

非正規社員にしかなれず、奨学金を返済できずに
自己破産という悲惨な結果になる可能性が高いということです。

  • 大学時代に専門性を極めて、高待遇で就職する。
  • 毎日を目的意識もなく過ごして就職で行き詰る。

どちらを選ぶかは自分次第。

みんなが進学しているから自分もということで、
横並び意識で大学進学する時代ではなくなったことを意識しましょう。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. こんにちは、島倉です。死ぬまでずっと貧乏。買いたいものも自由に変えずに、老後を恐…
  2. フェイスブックやインスタなんかを見ていると、群れている人が本当に多いですね。みんなで食事をし…
  3. こんにちは、島倉です。あなたは、重版出来というドラマを見たことがありますか?…

PAGE TOP