「でも、ちょっとだけやってみる」で大きな差がつく

相談に来られる人と話をしていると、
私が何かを提案するたびに、


「めんどくさい」

「体がだるい」

「しんどい」

「めちゃくちゃ眠い」

「時間がない」

「怪我をした」

「お金がない」

「病気になった」

「入院することになった」


などの言葉を返してくる人がいるのですが、

こういったことを言われたら、こちらとしては

「じゃあ、しょうがないですよね」

としか言いようがありません。

以前は、こういったことを言われたときに、

「いやそれでも、◯◯◯したらできるようになりませんか?」

というアドバイスをしていたのですが、

基本的にこの手の言葉を口にする人は、
また別の「やれない理由」を言ってくるだけなので

最近は、「じゃあ、しょうがないですね」
と言って話を終わらせるようにしています。

先ほどの「やれない理由」は誰にでもある。

が、それを言ってしまったら終わりです。

自分でやらないことを正当化するだけで、結局、現実は1ミリも変わらないんですよね。


なので、次のように考えてください。


「めんどくさい」
⇒ でも、ちょっとだけやってみる

「体がだるい」
⇒ でも、ちょっとだけやってみる

「しんどい」
⇒ でも、ちょっとだけやってみる

「めちゃくちゃ眠い」
⇒ でも、ちょっとだけやってみる

「時間がない」
⇒ でも、ちょっとだけやってみる

「怪我をした」
⇒ でも、ちょっとだけやってみる

「お金がない」
⇒ でも、ちょっとだけやってみる

「病気になった」
⇒ でも、ちょっとだけやってみる

「入院することになった」
⇒ でも、ちょっとだけやってみる


何も、100点を狙うとか、全部完璧にやるという話ではありません。

ちょっとでいい。ほんのちょっとだけ手をつけてみる。

  • パソコンで文字を数文字打ってみる。
  • 書籍を開いて数ページ読んでみる。
  • 手書きでアイディアをメモしてみる。
  • 検索して情報を調べてみる。
  • ライバルのサイトを見てみる。

たったのこれだけで構いません。

時間的には3分程度。カップラーメンができあがるまでの時間でいい。


わずかな時間でも、やるとやらないのではまったく違ってきます。

たったの3分でもやった人は、継続して取り組めるでしょう。
が、やらない人は、まったくやらずに終わってしまいます。

なので、不完全でいいので、とにかくちょっとだけ手をつけてみてください。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 経営者や起業家はもちろんですが、最近では主婦や大学生、高校生、さらには、コンサルタントとして活動…
  2. 今、セミナービジネスが人気で、 ビジネスや投資だけでなく、健康、ダイエット、美容など あらゆ…
  3. 「ネット集客したいので、ホームページのアドバイスをしてくれませんか?」「セールスサイトをつくった…

PAGE TOP