起業して10年後に生き残れる確率、20年後に生き残れる確率

起業するのは誰でも簡単にできることですが、
起業して成功する、継続するのが難しいんですね。

様々な調査で明らかにされていますが、
起業して10年後に生き残れる確率はたったの6パーセント。

94パーセントは、倒産、廃業しています。

そして、生き残こった6パーセントの会社も
全部が、売上、利益をあげているわけではありません。

なんとか虫の息で生き残っているだけという会社も多く、
恐らくきちんと利益をあげている会社は1パーセントにも満たないでしょう。

起業して成功している会社の共通点


数字だけ見ると起業して成功するのはとても難しいですが、
成功している会社には共通する特徴があります。


それは、周りの意見や多数派の意見に流されることなく、
少数派の意見=非常識なやり方を実践しているということ。

逆に言えば、消えていく94パーセントの会社は、
常識的なやり方を信じて失敗しているんです。


そして、ビジネスで成功するには、
ビジネスのイロハを教えてくれるメンターが必要ですが、

倒産、廃業する94パーセントの会社は、
94パーセントに属しているメンターを選んで指導を受けるので、
メンター共々消えることになるわけです。


ビジネスで、大事なことは、他と違うこと。

他にはない圧倒的な尖りを持つことが必要なので、
絶対に周りに合わたり、多数派に従ってはいけません。

起業して10年後に6パーセントの枠に入りたければ、
他の人がやっていない非常識なやり方を実践してください。

そして、非常識なやり方を指導してくれる非常識なメンターを選びましょう。

起業して20年後の生存率


起業して10年後の生存率は割と有名ですが、

では、起業して20年後の生存率を知っていますか?


起業して20年後に生き残れる確率はわずか0.4パーセントなんですね。

私も、長い間、経営コンサルタントをしていますが、
統計をとったことはありませんが、実感として納得できる数字です。

特に、飲食店やリフォーム業界などでは、信憑性の高い数字だと思います。

起業して20年経っても生き残るためやるべきこと


では、起業して20年後に生き残るには何が大事なのかということ、

経営者が健康であることを大前提とすれば、
時代のノリについていけてるかどうかです。

急激に時代が変化していますが、
時代の波にうまく乗っていける人は生き残れる確率が高く、
時代の波に乗れない人は失敗する確率が高いと言えるでしょう。


起業して10年経って生き残ることは素晴らしいことですが、

そのプライドが変化することを拒むわけです。

「10年うまくやってきたのだから、今までのやり方でうまくいくはずだ!」

と思い込んでしまって、変わろうとしなくなるんですね。

なので、結果的に消えてしまうわけです。

老舗と言われる伝統のある会社ほど変わり続けている


日本は、海外と比べると何十年、何百年と生き残っている会社が多いと言われています。

なので、そういった事例を引き合いにして、

変わらなくても生き残ってる会社があるじゃないか!!

という人もいますが、それは大きな間違いです。

そういった老舗と言われるような伝統のある会社ほど変わっているんですね。


外から見たら変わっていないように見えて、
内部はまったく変わっている会社。

社名は同じでも、創業時とはまったく違うことをやっている会社。

というのはいくらでもあるわけです。


なので、起業して生き残りたければとにかく変わること。

時代の波を分析して、その波に乗れるかどうかが生き残るために死ぬほど大事です。


あなたが、起業して成功し続けたければ、

非常識なメンターから非常識なビジネス手法を学ぶ。

そして、時代の波にうまく乗るというこの2点を意識してください。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 経営コンサルタントとして、数々の富裕層や成功者を支援してきたのですが、お金持ちを見ている…
  2. 新しい商品やサービスをリリースしても大手やライバルからすぐに真似され、しかも、コモディテ…
  3. こんにちは、島倉です。最近、全国の大学生や大学院生から起業したいと思っているのですが…

PAGE TOP