好きなことをビジネスにしなければ稼げない時代になった!

好きなことをビジネスにする」

という考え方が広まりましたが、
以前は好きなことをビジネスにするというのは夢のような話でした。


と言うのも、ビジネスには、

マーケットイン(消費者のニーズに合った商品を提供する)
プロダクトアウト(想いやこだわりを商品にして提供する)

という2つのタイプがあるのですが、

かつてはマーケットインがビジネスの主流だったからです。


なので、大手はこぞって掃除機や洗濯機、冷蔵庫といった商品を開発、販売していました。


が、現在、そういったマーケットイン型の商品は
全国民に行き渡っており、市場が伸びる余地がほとんどありません。

そして、代わりにプロダクトアウト市場が拡大するようになりました。


消費者も従来からある在り来たりの商品ではなく、
今までにはなかった風変わりな商品、サービスを求めているので、

自分の想いやこだわりをビジネスにするプロダクトアウト型市場が伸びているわけです。


なので、好きなことをビジネスにできる時代になった!

いや、もっと言えば、

好きなことをビジネスにしなければ稼げない時代がやってきた!!

と言えるでしょう。


そして、好きなことをビジネスにすると
稼げるだけでなく、様々なメリットがあるんですね。

今回は、そのメリットをご紹介しましょう。

モチベーションややる気といった概念から解放される


好きなことをビジネスにすると、モチベーションをあげるとか、
やる気を出すといった悩みから完全に解放されます。

と言うもの、自分が好きなことなので、放っておいても
極限の集中状態であるフロー状態、ゾーンに入ることができるからです。

なので、馬鹿みたいな高額料金を払って
自己啓発セミナーに行く、自己啓発の教材を買う必要がなくなるので、
無駄なお金を払うことがなくなります。

そして、毎日、楽しくビジネスに向き合いながら、
凄まじい結果を出すことができるようになるでしょう。

ほとんどのストレスがカットされる


好きなことをビジネスにすると、ストレスがなくなります。

とは言っても、完全になくなるわけではありません。

どんなに好きなことであっても、ストレスがかかることはあります。

好きなことだけやっていればいいというわけではなく、
嫌なことをやらなければいけない場面もあるので、

まったくストレスがなくなるわけではないですが、

従来から比べれば9割ぐらいはストレスがカットされるでしょう。

自分のなかに強い軸ができてファンが生まれる


好きなことをビジネスにすると、自分のなかに強い軸ができので、
言動に一貫性があるので、他人から見ると芯がある人に見えます。

当然、そういった人は、魅力的に見えるので、
ファンが次々に生まれてきます。

当然、その軸に対して共感しないアンチも生まれますが、
ビジネスで最悪なのは無関心なので、アンチが生まれたことを歓迎してください。

アンチをあしらいつつ、ファンを大事にしてビジネスを発展させていきましょう。

人生最大の喜びを実感できる


好きなことをビジネスにするということは、

自分が好きなことが価値あるものだと認められて、
かつ対価であるお金をいただけるということです。

これは、何よりもうれしいことではないでしょうか。

自分が好きでやっていることが、
他者から評価されるということは、承認欲求が満たされることなので、

本当にやってよかったと実感できるでしょう。


会社の歯車となって働いても、代替可能なパーツに過ぎず、
本当の意味での仕事の喜びや達成感というものを実感することはできません。

好きなことをビジネスにして、たくさんの人に喜ばれる。
自分がやっていることが、価値あるものだと認められる。

これが、人生において最大の幸せです。

ぜひ、あなたも好きなことをビジネスにして、人生最大の幸せを体感してください!

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 「ゾーンに入る」という言葉を聞いたことがありますか? 子どものころ、遊んでいたらあっという…
  2. 国民の3分の1が睡眠について悩みを抱えているとのことが、厚生労働省の調査で明らかになりました。実…
  3. 検索ユーザーは、検索エンジンで悩みや問題を解決するために検索をしているので、検索で来たアクセスとい…

PAGE TOP