クックパッド離れに見るこれからのマーケティングのあるべき姿

料理のレシピサイトとして
草分け的な存在のクックパッドですが
現在クックパッド離れが起きています。

前年同期比で見ても、売上高、営業利益ともに減少。

深刻なのは平均月間利用者の減少で、

2016年には6400万人だったのが、
2019年には5400万人と1000万人も減る事態に!


クックパッド離れが起きた原因としては、

デリッシュキッチンやクラシルといった競合サービスが増えたこと。

そして、特売情報を閲覧できる機能がトクバイというアプリに分離されたため、
特売情報を見て献立を決めていた主婦層が離れてしまったことが考えられますが、


さらにクックパッド利用者からは、

レシピの数が増えすぎて、何を選んでよいかわからない。

動画慣れしている世代にとっては
短冊切りやとろ火で煮込むといった文字だけでは理解できない。

など、クックパッドの根幹を揺るがすような声もあがっています。


確かに、これらはクックパッド離れの原因ではありますが、決定的な要因ではありません。

では、本当の原因は何かということですが、

それは、検索ユーザーの行動が大きく変わったことです。

TwitterやInstagramで検索をする人が増えている


実際に、クックパッド利用者からは、次のような声があがっています。

もはや、レシピは一つのサイト内で調べるものじゃない。

レシピを知りたいときは、Twitterやインスタグラムに
「茄子 味噌 レシピ」などと直接入力して検索しています。

主婦も忙しいし、共働き世帯も増えている。

時間をかけて自分の口に合いそうなレシピを探して、丁寧に調理するよりは、
SNSや偶然目にした動画で直感的に気に入った料理を作ることの方が、
自然になっているのでは。

そういう意味でクックパッドの動画サービス「cookpadLive」(旧「cookpad TV」)は、
基本的に「クッキングLIVE」を配信するもので、
ぱっとレシピを知りたいときに使うものではない印象です。

以前は知りたい情報があれば、Googleで検索をするというのが一般的でした。

が、最近は、Googleではなく、TwitterやInstagramで検索をする人が増えていて
もはやサイトで検索というクックパッドのシステムがニーズが合致していないと言えるでしょう。

SNSでは本音で語っているリアルな情報を得られる


TwitterやInstagramなどSNSで発信している人は一般人。

なので、SNSで得られる情報は

検索結果で上位表示をするためや
何を売るために恣意的に作られた情報ではなく、

自分が直接体験したことを本音で語っているリアルなものばかりです。

Instagramでは写真がメインなので
ごまかしが効かない本物の情報を手に入れることができるとあって

飲食店選びやファンション分野についてはかなりの人がSNSで検索をしています。

モテクリエイターのゆうこすさんも、

SNSのハッシュタグから検索されることが増えていることを指摘しており、
若者を中心にSNSでの検索が当たり前になってきているのが現状です。

提供する情報によって媒体を使い分けよう!


とは言っても、Googleでの検索がなくなるわけではありません。

口コミ情報やキャンペーン情報はTwitter、
美容やファッションのようにビジュアル重視の検索はInstagram。

知りたい情報を短時間で見つけたい場合や
正確な情報を知りたいときはGoogleで!

というように、調べたい内容によって
検索を切り分けて使っている人が増えているということです。


また、従来の口コミサイトはやらせやサクラが多かったですが、
SNSであれば顔が見える人の口コミを知ることができるので、

そういった意味からもSNSでの検索は増えていると思われます。


なので、これからのマーケティングは、

キャンペーン情報や速報性の高い情報についてはTwitterで、
商品のデザインやビジュアルを訴求したい場合はInstagramで、
商品の詳しい内容や購入方法などについては自社オウンドメディアで、

というように、提供する情報によって
媒体を使い分けていくことがポイントになってくるでしょう。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. こんにちは、島倉です。最近のプロダクトローンチがひどいですね。あなたも見たことがある…
  2. 「宝の地図」というと、起業家や経営者であれば知っている人も多いかと思います。ちなみに、「宝の…
  3. 「アフィリエイト」という言葉を聞いて、どのような印象を受けますか?「聞いたことあるけどよくわ…

PAGE TOP