儲かる副業5つの条件

副業が解禁されて副業を始める人が増えていますが、
副業には、儲かる副業と稼ぎにくい副業があります。

稼ぎにくい副業を選んでしまうと大変。

頑張っても結果が出なかったり、たいした稼ぎにならないので
結局、貴重な時間とお金を失うことになるからです。


副業で成功して、いずれは独立を考えている人も少なくありませんが、

稼げない副業にのめり込んでしまい、最終的にうまくいかずに
独立を諦めてしまうというのはもったいない話です。


そこで、今回は儲かる副業の条件についてお話します。

あなたが挑戦しようとしている副業が
稼げる条件を満たすかチェックしてみてください。

少額の予算で始められる


最初に大きな投資がかからないことがとても大事。

  • 店舗の改装に莫大なお金がかかる。
  • 備品や設備の購入に数百万円かかる。
  • 敷金礼金を払って店舗物件を借りる。

などはあまりにリスクが大きすぎます。

最初は誰もがうまくいかないですし、
場合によっては途中でやめることになるかもしれないので、

最初から大きな投資が必要なビジネスには手を出してはいけません。

少額の予算で始められる、そして埋没コストが少ないビジネスを選びましょう。

原価が低く、利益率が高い


副業の場合、限られた時間のなかでビジネスをすることになるので、
原価が高く、利益率の悪いビジネスをやっても儲かることはありません。

苦労するだけで、稼ぎが少ないという結果に終わるでしょう。

儲かっている会社は、原価が低く、
利益率の高いビジネスをしています。

副業で成功するか否かは、利益率が高いビジネスを選ぶかどうかで決まるので、
原価がどのぐらいかかるのか、利益率はどのぐらいなのかをかならずチェックしてください。

在庫を抱える必要がない


飲食店や衣料品店、雑貨店は簡単に始められるので人気がありますが、

そういった人は在庫のリスクを軽視しています。

在庫は、管理に大きなコストがかかり、
最悪、廃棄するというリスクもあるので、在庫を抱えるビジネスはお勧めできません。

なるべく在庫を抱えないように工夫をする、
もしくは在庫のないビジネスを選んでください。

レバレッジが効く


働いた時間に対してお金をもらう時間給ビジネスに手を出してはいけません。

安定して収入を得ることはできますが、

収入を得るにはまとまった時間が必要で、
かつ時間当たりの報酬も低いので、稼ぐのはなかなか難しいでしょう。

また、時間給ビジネスは、体力を必要とするものが多く、
本業に悪い影響を与える恐れがあります。

なので、最初は稼ぎにくくても、後々レバレッジが効いてくる
ビジネスの方が最終的に大きく稼げるので、目先の収入にとらわれないでください。

時流に乗っている


どんなビジネスでも流行廃りがあるので、
時代の波に乗っているビジネスを選ぶことが大事。

時流の乗っているビジネスであれば、最小の努力で大きな結果を得ることができます。

また、先行者利益を得るには、他の人がそのビジネスの可能性に気づく前に始めましょう。

どのビジネスであっても、最初はライバルが少なく、稼ぎやすいんですね。

が、時間が経つにつれて、参入者が増え、規制も強まってくるので、
稼ぎたければ、誰よりも早く新しいビジネスにチャレンジすることが大事。

要は、稼げるかどうかは、参入するタイミングで決まるということです。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. こんにちは、島倉です。カゴメのトマトジュースと言えば、誰もが知っていると思いますが、…
  2. 記事を更新するとSEO効果が見込めると言われているのですが、実際どうなのでしょうか。結論から…
  3. 先日、新幹線で移動しているときに、「あれ、島倉さん!お久しぶりですね!」と声をかけて…

PAGE TOP