総合スーパー二大巨頭イトーヨーカドーとイオンが不調な理由

総合スーパーの二大巨頭、イトーヨーカドーイオン

日本全国どこに行っても、両社のショッピングセンターがあるので
さぞ業績が右肩上がりであがっていると思いきや、そうではない。

実は、両社ともに業績がイマイチ伸びやんでいる。

当然、両社ともすでに対策を講じている。

イトーヨーカドーは、不採算店の閉鎖、衣料や住宅部門の縮小を進めており、
さらに、店舗の閉鎖や大規模なリストラを計画している。

イオンは、衣料品の絞り込みや食品の強化、専門店の収益力アップをはかっているが、

両社ともに思ったような効果はまだでていない。

総合スーパーが苦戦している最大の理由


総合スーパーの二大巨頭であるイトーヨーカドーとイオンが
なぜそこまで業績が伸び悩んでいるのかというと、

理由はたったひとつ、それは割高感にある。

例えば、衣料品であればユニクロ、家具・インテリアであればニトリの商品と比較すると
イトーヨーカドー、イオンのの商品は明らかに価格が高い。

さらに、食品についても、低価格の食品スーパーやディスカウントストアと比べると割高感がある。

商品についても優位性があるわけではない。

なので、総合スーパー離れが起きるは必然と言える。

なぜ、オーケーは急成長しているのか?


では、スーパー業界全体がダメなのかというと、そうではない。

首都圏で急成長しているオーケーは、

商品を絞り込み、大量仕入れによって低価格化を実現。
質の高い商品が安く買えるとあって人気を集めている。

実際、A5ランクの和牛を買ったことがあるが、イトーヨーカドーやイオンの半額だった。

他にも、ベイシアアコレビッグ・エーなど
全国に安さを売りにしたスーパーやディスカウントストアが増えている。

割高感のあるイトーヨーカドーやイオンだけが苦戦している状況だ。

コモディティ化した商品は価格訴求をするしかない!


結局、コモディティ化した商品を売るにはば価格訴求していくしかない。

総合スーパーが再浮上するには、

不採算店の閉鎖やリストラ、仕入れの見直しなどをして、
割高感のイメージをいかに払拭するかがポイントになる。

ただし、中小企業は価格訴求で勝負するのは不可能。

価格しか訴求できないコモディティ化した商品は大手に任せて、
商品やサービスの付加価値を高め、高い価格で売るべきだ。

安売りをしたら大手との価格競争に巻き込まれて終わる。

大手にはできない、手間暇かかって面倒。

大手サラリーマンがやりたがらないことで勝負していくことが大事だ。


閑話休題。

総合スーパーの二大巨頭イトーヨーカドーとイオンが業績をあげるには、
ローコスト経営に転換して、割高感を払拭するしか道はない。

今後、両社がどのような打ち手をとるか引き続きウォッチしていく。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 新聞報道によると、20代、30代の若い人たちの間では、持ち家志向が強く、若いうちに新築の高…
  2. こんにちは、島倉です。ネットでも、リアルでも、見込み客に行動してもらうには、セールスライ…
  3. 起業を考えている方や、起業してまだ間もない方から毎日、たくさんの相談をいただいているのですが、…

PAGE TOP