超大赤字の決算発表!ソフトバンク発の経営危機が起きる!?

ソフトバンクが決算発表をしたが、予想を上回る超大赤字だった。

1兆4000億円の黒字だった昨年から一転して15年ぶりに赤字になったことで、
孫正義氏が謝罪する場面もあったほどだ。

では、なぜこれほどの大赤字になったのかというと、

グループ会社である投資会社ビジョンファンドの投資先である
米シェアオフィス大手ウィーワークの経営が悪化したためで、最終的に155億円の大赤字になった。


事業家であるホリエモンもウィーワークについては
誰が最後にババを引くのかという話をしていたが、

最終的にソフトバンクがババを引くという結果になってしまった。

支援打ち止めの基準について言及しなかった孫氏


株主総会では、孫氏は、

投資先の財務は、あくまでも独立採算であって
彼らが赤字になったからといって、
われわれが救済しに行くような投資は行わない

今回のウィーワークはそれなりの事情があったが、
これで終わりにし、こういう例外はもうしない。


と述べていた。


が、懸念されるのはウィーワークだけではない。

ウーバー・テクノロジーズ(配車アプリ大手)の最終損益は赤字。

犬の散歩代行アプリのワグ(Wag)や屋内農業のプレンティ(Plenty)も
要請されている以上に投資をしたが、思ったような結果は出ていない。

ビジョンファンドの投資先はスタートアップ企業なので投資リスクは極めて高い。
そして、投資しても現金がバケツに穴が開いているかのように流れ出ていく。

だからこそ、支援打ち止めの線引きをはっきりさせることが必要だ。

しかし、今回、孫氏はその基準については言及しなかった。

最悪、ソフトバンク発の経済危機に発展する恐れがある


孫氏は、ウィーワークの失敗については認めたが、

「反省はするが萎縮はしない」

ということで、ビジョンファンドに次ぐ、第2、第3のファンドをつくって
積極的に投資をしていく方針を発表している。

ソフトバンクというと、携帯や通信というイメージが強いが、稼ぎ頭は投資部門だ。

成長性のあるスタートアップ企業に投資をして
収益をあげていくのが現在のソフトバンクのビジネスモデルである。

つまり、ソフトバンクが成長できるかどうかは、投資先企業の成長にかかっている。

現在、ソフトバンクは投資先企業に対して、カネやヒトを送り込んで
全面的な支援を展開しているが、残念ながら芳しい成果をあげてはいない。


万が一、投資先企業が経営に失敗してしまうと、ソフトバンク本体が大きなダメージを受けてしまう。
そして、ソフトバンクに出資している大手銀行の経営を揺るがすことになる。

さらに、株式市場に深刻な影響を及ぼしかねない。

最悪、ソフトバンクが倒産することで
ソフトバンク発の経済危機が起きる可能性すらある。

最悪の事態を避けるためにも撤退ラインの明確化を!


撤退ラインの明確化は、ビジネスにおいてとても大事なことだ。

しかし、ほとんどの人は撤退ラインを明確にせずに起業する。
そして、傷口を広げるだけ広げて再起不能な状態になる。

起業して1年後に残っている会社は40パーセント。

5年後は15パーセント。10年後は6パーセント。20年後は1パーセント以下だ。

起業してもかならず成功するわけではない。むしろ、失敗する確率の方がはるかに高い。


だからこそ、撤退する基準を起業する前に設けておくべきだ。

起業してダメならまた次のビジネスに挑戦すればいい。
ひとつのビジネスにこだわるべきではない。

再起不能になるような深刻なダメージを負わないために
撤退する基準を設け、いざというときは潔く撤退することが大事だ。

島倉大輔プロフィール

経営コンサルタント 島倉大輔

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 起業した直後から売上が伸び続けて、飛躍的な成長を遂げる。というのは理想ですが、実際はそういっ…
  2. あなたが持っている本のなかに、「一流の◯◯◯」というタイトルの本、ありませんか?「一流のセー…
  3. 経営者にとって、経理は大変ですよね。実際、面倒くさいお金の管理は妻に任せて、自分は大事な…

PAGE TOP