公的年金、過去最大の17兆7000億円の大赤字!が、心配は一切不要!

年金を運用、管理している
年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が

2019年度の年金資金の運用実績を発表しました。

結果は、残念ながら8兆2831億円の大赤字。

リーマンショックの影響を受けた
2009年度の赤字9兆3000億円に次ぐ過去2番目の損失額で
新型コロナによる株価急落で赤字が膨らむ結果となりました。

新型コロナの影響で年金資産が大幅減に!


年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、
国民から預かった年金を運用して増やすことで
年金制度を維持することを目的にしている組織です。

2001年度の運用開始からトータルで見れば資産を増やしていますが、
新型コロナウィルスの感染拡大を受けた株価急落で
年金資産を大きく減らす結果になってしまいました。

公表されている2020年1月から3月期の運用実績を見ると
過去最大の17兆7000億円の赤字を計上。

2019年12月末時点では9兆円ほどの黒字だったので、
新型コロナによる株価急落がいかに凄まじいものだったのかがわかるでしょう。

将来年金がもらえなくなるという心配は不要


報道を見ていると、今回の年金資産が減ったことを受けて

「年金が減らされてしまう」「将来年金がもらえなくなる」

といった意見が見られますが心配する必要はありません。

というか、あまりにも馬鹿げた議論です。

まず、2020年4月から6月期については
現段階で海外、国内の株価相場は持ち直しているので、
運用実績も黒字転換していくでしょう。

また、投資は長期に継続して取り組むことでプラスになるので、
一時的な結果だけを見て、失敗だと判断するのは早計です。

投資については、何事もそうですが、長期投資が原則。
赤字になったからといってすぐ諦める、辞めるというのは愚かな判断です。

何事も継続が大事!歯を食いしばってでも継続を!


2019年に話題になった老後2000万円問題を受けて
昨年からたくさんの人が投資を始めました。

が、今回の新型コロナによって凄まじく悪い運用成績になったでしょう。

なかには、無理な投資をして全資産を失って
投資から足を洗った人もいるかもしれませんが、

もし生き残っているのであれば、
新型コロナで大赤字になったからといって絶対に投資をやめてはいけません。

資金をかき集めてでも、継続すべきです。

そもそも、投資だけでなく、ビジネス、いや人生もそうですよね。

何事も継続。たった1回、2回の失敗で挫けているようでは
人生を素晴らしいものにできるはずがありません。

新型コロナで失った資産は大きいかもしれませんが、
歯を食いしばってでも投資を継続していきましょう。

島倉大輔プロフィール

島倉大輔 経営コンサルタント 博士(学術)

 

有名人気企業の取締役、国立研究所の研究者の地位を捨て、失意のアルバイト生活から這い上がってきた壮絶な逆転人生。「人生、何度でもやり直せる!」を信条に、コンサルティングを開始。全国延べ1,700社以上の会社や個人を支援し、各業界で勝ち組企業や成功者を生み出してきた。現在、全国の経営者や起業家を支援するために、日々コンサルティングに奔走している。「行動すれば人生は変わる」が信条。また、トレーダーとしても活躍。資産1億円超えのトレーダーを7名輩出した実績を持つ。

 

朝日放送『雨上がりのAさんの話』、テレビ朝日『お願い!ランキング』『やじうまテレビ!』等に出演。日経ビジネス、FLASH、アントレ、フジサンケイビジネスアイ、近代中小企業など、メディア掲載も多数。また、全国の商工会や青年会議所、金融機関などで講演も行っている。著書に『大手とケンカしても負けない、経営逆転のヒントあります。』がある。

ピックアップ記事

  1. 「給料が少なくて困っている」「自由に使えるお金がもっと欲しい」という思いから、副業を始め…
  2. ネットでも、オフラインでも、商品の魅力を伝えて、見込み客に動いてもらうには、セールスライティング…
  3. ビジネスを学ぶためのスクールや塾、教材などがたくさんありますが、結果を出せない人を見ていると、あれ…

PAGE TOP